AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)株式の買い方、購入方法まとめ!

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)株式の買い方、購入方法まとめ!

この記事ではAMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の株の買い方、購入方法を徹底解説!NVIDAやIntelと並ぶ米国半導体大手のAMD。「Ryzen(ライゼン)」や「Radeon(ラデオン)」という製品名を知っている方も多いかと思います。

ここではそんなAMDの株式が買えるネット証券会社や株式CFDに対応した国内業者を一覧表でまとめています。AMDの事業内容や業績も合わせて解説しているのでAMD株に投資したい!という方はぜひご活用ください。

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NASDAQNASDAQ
片道手数料率2.2セント/株約定代金の0.15%
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
CFD・ETF銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最大発注数量原則、上限無し(※)30,750枚
最低注文数量1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の概要、業績、株価

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の概要、業績、株価

AMDはアメリカのカルフォルニア州サンタ・クララに本社を構える米大手の半導体メーカーです。家庭用PCのマイクロプロセッサ、ワークステーションやサーバーに使用されるチップセットなどを開発、販売しています。

グラフィック関係の仕事やPCゲームをされる方であればAMDのGPUを搭載したPCを利用されている方も多いかと思います。AMDの創業は1969年、半世紀以上に渡って半導体開発に携わっている老舗の企業でもあります。

AMDはもともとIntelのセカンドソースメーカーとして製品を提供していましたが、1985年以降は独自開発を行い1999年に最初の商標登録を行った「Athlon」を発売。AMDの特徴はコストパフォーマンスに優れたCPUやGPUを開発している点です。

競合となるIntelやNVIDIAと比べると同水準の性能でリーズナブルな価格を実現。2017年に発表されたCPU「Ryzen(ライゼン)」シリーズは高いスレッド処理能力と消費電力の少なさ、リーズナブルな価格が評価され多くのPCメーカーが採用しています。

また、2020年11月に新発売されるSONYの家庭用ゲーム機「Play Station5」にもAMDのCPU「x86-64-AMD Ryzen“Zen 2”」、GPUには「AMD Radeon RDNA 2-based graphics engine」が搭載されています。PC、ゲーム機、サーバー用など多くの用途にAMDのチップセットが活用されています。

創業当時は数十人しかいなかった従業員は今や1万人以上。今後も新型コロナウイルスによる在宅勤務や教育現場の需要、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が進むにつれて高性能CPU、GPUの需要は高まる見込みです。

市場規模も拡大している半導体業界でより存在感を高めているAMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)は要チェック!

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の会社概要

企業名Advanced Micro Devices Inc
本社所在地2485 Augustine Drive Santa Clara, CA 95054 USA
設立年月日1969年5月
代表者Dr. Lisa T. Su
業種IT・通信 (IT & Communications)
市場NASDAQ National Market System
従業員数11,400人

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の業績、株価

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の業績、株価

AMDの第3四半期(7-9期)の決算は売上高が前年比45%増の28億100万ドル(約2,928億円)、営業利益は前年比31%増の4億4,900万ドル(約469億円)を達成。純利益は3億3,900万ドル(約354億円)となりました。

AMDは「コンピュータ&グラフィックス」と「エンタープライズ・セミカスタム」の2部門がありますが、そのどちらも好調な業績を記録。競合となるIntelは対照的に不調続きとなっており、AMDの存在感がさらに増す形となっています。

2020年11月には「世界最速のゲーミングCPU」と銘打たれたRyzen最新モデル「Ryzen 5000シリーズ」が発売。Ryzen 5000シリーズは新世代の「Zen 3」アーキテクチャを搭載したSocket AM4対応のデスクトップPC向けCPUです。

新製品を続々と開発し「IntelやNVIDIAを超えるのでは?」という期待感から株価も大きく上昇。これまでIntelの後塵を拝してきたAMDですが今後の展開には要注目です!

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)への投資方法

AMDは米国のNASDAQに上場している米国企業です。AMDの現物株式は米国株式に対応したネット証券を利用すれば購入可能。DMM 株SBI証券楽天証券マネックス証券などでAMDの取り扱いがあります。

現物株式以外にもCFD取引(差金決済取引)を利用するのも投資方法の1つです。CFD取引とは現物株式をやり取りせず売買の差益のみをやり取りする取引方法。現物は買いからしか取引に入れない(空売りができない)ので株価が上昇して初めて利益がでます。

この点、CFD取引は売りからも取引に入れるので株価の下落局面でも積極的に利益が狙えます。また、最大5倍のレバレッジをかけられるため現物株式より資金効率を高めることが可能。配当に関しても配当相当額という調整金で受け取りができます。

もっとも、配当に関してはAMDもそうですが米国のIT企業の多くは配当を行わず自社の成長に資本を回す傾向にあります。AMDも現時点(2020年11月11日)で配当を行っておらず、現物株式で配当狙いの投資には向いていない銘柄になります。

CFD取引に関しては別記事でも基礎知識から他の取引方法との違い、メリット・デメリットを分かりやすく解説しているので気になる方はご一読ください。

国内でAMDの株式CFDが可能なのはIG証券サクソバンク証券です。GMOクリック証券DMM CFDも株式CFDに対応していますがAMDの取り扱いはありません。

以下ではAMDの現物株式とCFD取引に対応した業者の比較表を掲載しています。気になる業者があればチェックしてみてくださいね。

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NASDAQNASDAQ
片道手数料率2.2セント/株約定代金の0.15%
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
CFD・ETF銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最大発注数量原則、上限無し(※)30,750枚
最低注文数量1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の現物株式対応!大手ネット証券を比較!

比較項目[DMM 株]【DMM 株】[SBI証券]【SBI証券】[楽天証券]【楽天証券】
取扱銘柄NYSE・NYSE Arca・NASDAQ上場銘柄のうちDMM 株選定銘柄NYSE・NYSE Arca・NYSE American・NASDAQ上場のSBI証券選定銘柄NYSE・NYSE Arca・NASDAQ上場の個別株、ETF、ADRのうち、楽天証券選定銘柄
取引手数料無料約定代金の0.45%(税込0.495%)約定代金の0.495%(税込)
注文の種類指値、成行、IFDONE指値、成行、逆指値指値、成行
最大発注数量1注文当り250,000株1注文当り250,000株
上限発注金額1注文当り2,000万ドル1注文当り989万9,999.99ドル
最小取引単位1株1株1株
呼値1セント単位1セント単位1セント単位
取引時間23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)
公式サイト[DMM 株>詳細][SBI証券>詳細][楽天証券>詳細]

※DMM 株では円のみでの取引となります。米ドルの預け入れ、払い出しは行っていません。為替手数料として1ドルあたり25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です