【最新版】Salesforce(セールスフォース)株式の買い方、購入方法まとめ!

salesforceの株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

この記事ではCRMのクラウドサービスで世界最大規模のSalesforce(セールスフォース)株式の買い方、購入方法を解説しています。

日本でもセールスフォースを導入している企業は数多く「自分の会社でもセールスフォースを使っている」という方も多いのではないでしょうか。

セールスフォースの現物株式に対応したネット証券会社、CFD取引に対応した国内業者を解説しているので、証券会社選びにもご活用ください。

Salesforce(セールスフォース)のCFD対応業者表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NYSENYSE
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
取引上限原則、上限無し(※)19,400枚
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

Salesforce(セールスフォース)の事業内容について

Salesforceは企業向け顧客関係管理システム(CRM)の世界最大手企業です。

CRMとは

CRMとはマーケティングに関して顧客情報を統合的に管理、データ分析、ビジネス戦略に生かす取り組みのことをいいます。見込客及び既存顧客の情報、取引実績、意見・要望などを顧客管理のデータベースで一元管理し、必要に応じて顧客データを可視化、分析することによって最適なアプローチを導き出します。

セールスフォースの特徴は「クラウドでサーバー環境の構築、初期投資が不要」「ユーザーは必要な機能だけを利用できる」「事業規模・ビジネス状況の変化に柔軟対応できる」という点です。

従来のインストール型CRMソフトウェアの欠点を解消し、従量課金制/サブスクリプションを採用することで不要な機能を省きコストパフォーマンスに優れたCRMサービスを提供しています。

必要な機能を選んで使えるカスタマイズ性の高さが売り

セールスフォースでは「営業」「サービス」「マーケティング」「コミュニティ」「分析」「アプリケーション」「コマース」など機能が分かれており、自社に必要な機能を選択して利用することが可能

大企業から中小企業まで事業規模に応じたサービスを提供しています。日本でも多くの企業が導入しており、マイナンバー関連の電子申請機能「ぴったりサービス」にもセールスフォースのシステムが利用されています。

CRMアプリケーション業界ではORACLE(オラクル)、Adobe(アドビ)、Microsoft(マイクロソフト)などが競合ですが、Salesforceはその中でも世界シェアNo.1

中小企業から「FORTUNE500」に選出される大企業まで15万社以上の企業がSalesforceの各種サービスを利用しています。

Salesforce(セールスフォース)の会社概要

企業名Salesforce.Com Inc
本社所在地Salesforce Tower 415 Mission Street, 3rd Fl San Francisco, CA 94105 USA
設立年月日1999年2月
代表者Marc Russell Benioff
業種IT・通信 (IT & Communications)
市場NYSE(ニューヨーク証券取引所)
従業員数35,000人

Salesforce(セールスフォース)の株の買い方、その他の投資方法

セールスフォースはアメリカのNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場している米国企業です。DMM 株SBI証券楽天証券マネックス証券などのネット証券を利用すればセールスフォースの現物株式が購入可能。

買い方は上記のいずれかの証券会社で口座開設を行い、資金を入金、銘柄検索【CRM】と検索すればセールスフォースの詳細が確認できます。あとは注文数量と執行条件を選択すればセールスフォースの現物株式が購入できます。

CFD取引

その他の取引方法としてはCFD取引があります。CFDとは「差金決済取引」のことで、FXは為替通貨ペアで行う差金決済取引です。

株式CFDでは最大5倍のレバレッジをかけることができるため、現物株式よりも少額の資金からセールスフォースに投資することができます。

国内でセールスフォースの株式CFDに対応しているのはIG証券サクソバンク証券の2社です。GMOクリック証券も株式CFDには対応していますが、セールスフォースの取り扱いはありません。

別記事ではCFD取引の基礎知識や他の取引方法との違いを初心者向けに分かりやすく解説しています。CFD取引が気になる方はぜひご一読ください。

以下ではセールスフォースの現物株式に対応した大手ネット証券会社と株式CFDに対応したCFD業者を比較表にて掲載。気になる業者があればぜひチェックしてみてくださいね。

セールスフォース株式CFD対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NYSENYSE
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
取引上限原則、上限無し(※)19,400枚
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

セールスフォースの現物株式対応ネット証券会社比較

業者名取引手数料注文種類取引単位取引時間公式サイト
[DMM 株]【DMM 株】無料3種類1株23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]【SBI証券】0.495%3種類1株23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]【楽天証券】0.495%2種類1株23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]【マネックス証券】0.495%8種類1株22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※SBI証券、楽天証券、マネックス証券の取引手数料は約定代金の0.495%になります。。
※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM 株では円のみでの取引となります。米ドルの預け入れ、払い出しは行っていません。為替手数料として1ドルあたり25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です