【アークETF】ARKK特集!構成銘柄一覧から株価、証券会社まで徹底解説!

ARKK徹底特集

この記事ではARKの代表的なETFである「ARKK(アークイノベーションETF)」について、構成銘柄や株価、証券会社まで解説しています。

構成銘柄は全銘柄を一覧表(毎月更新)にてまとめています。米国株式投資の銘柄選びやARKKが取引できる証券会社をお探しの方はぜひご活用ください。

ARK ETFの現物/CFD対応業者比較表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】[LINE CFD]LINE CFD
取引方法CFDCFDCFD
ARK対応銘柄ARKG、ARKF、ARKQARKK、ARKG、ARKW、ARKF、ARKQARKK、ARKW、ARKF
手数料2.2セント/株取引金額×0.15%全銘柄無料
最低手数料USD16.5USD5
銘柄取扱数約17,000種類約12,000種類158種類
取引上限原則、上限無し(※)銘柄による銘柄による
取引時間23:30-6:0023:30-6:0023:30-5:50
最低入金額制限無し10万円以上制限無し
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細][LINE CFD>詳細]

※取引時間は標準時間を掲載。夏時間は開始時刻、終了時刻ともに1時間早くなります。
※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。

ARKK(アークイノベーションETF)とは

ARKKは世界中の投資家が注目している投資運用会社「ARK INVEST(アークインベスト)」が運用している米国ETFです。

ARKのETFは2020年にアクティブファンドとして圧倒的なパフォーマンスを記録し話題となりました。創業者のキャシー・ウッド氏は「女性版ウォーレン・バフェット」ともいわれる敏腕マネージャーです。

ARKは各業界で破壊的イノベーション(劇的な生産性の向上、急激なコスト低下)を起こす可能性を秘めた企業を選定しETFとして運用しています。

そのなかでも、ARKKはカテゴリーごとに代表的な銘柄を組み込んだARKの代表的なETFです。

ARKが注目する新技術、新しいイノベーション

電気自動車、蓄電池、エネルギー貯蔵
フィンテック、キャッシュレス決済、仮想通貨(ビットコイン)
人工知能(AI)、機械学習、ディープラーニング
ゲノム編集、CRISPER、パーソナライズされた遺伝子治療、がん治療
次世代インターネット、IoT、MaaS、フルオートメーション
宇宙産業、ロケット・人工衛星の運用コストダウン、衛星ブロードバンドの普及

キャシー氏は「現代はかつてない規模で複数の革新的なイノベーションが同時進行している」としています。

ARKKはこれらの各カテゴリーにおいて、破壊的イノベーションを起こし業界の中心的な存在になるであろう銘柄を独自の手法で選別しています。

ARKの調査手法や特徴については別記事でも詳しく解説しているので気になる方はご一読ください。

ARKKのファンド詳細

ティッカーARKKファンドタイプアクティブETF
一次取引所NYSE Arca設定日2014年10月31日
純資産額88億ドル経費率0.75%
構成銘柄数35~55マネージャーキャシー・ウッド

※2022年5月2日時点の数値を掲載。

ARKKの構成銘柄について

次は、ARKKの構成銘柄について解説していきます。全構成銘柄の一覧、企業規模比率、グループ別比率などをグラフで掲載しています。どのような銘柄が組み込まれているのか、確認する際にご活用ください。

ARKKの構成銘柄比率(2022年5月2日時点)

ティッカー企業名構成比率
TSLAテスラ9.58%
ZMズーム・ビデオ・コミュニケーションズ7.83%
ROKUロク7.33%
SQブロック5.90%
COINコインベース・グローバル5.79%
EXASイグザクト・サイエンシズ5.43%
Uユニティ・ソフトウェア4.55%
TDOCテラドック4.47%
TWLOトゥイリオ4.06%
PATHユーアイパス3.95%
CRSPCRISPRセラピューティクス3.58%
NTLAインテリア・セラピューティクス3.37%
SPOTスポティファイ・テクノロジー3.11%
SHOPショッピファイ2.88%
BEAMビーム・セラピューティクス2.68%
PDページャーデュティー2.43%
DKNGドラフト・キングズ2.35%
HOODロビンフッド2.21%
FATEフェイト・セラピューティクス2.09%
SGFYシグニファイ・ヘルス1.89%
RBLXロブロックス1.71%
DNAギンコー・バイオワークス1.48%
TXGテンエックス・ゲノミクス1.36%
VCYTベラサイト1.19%
SSYSストラタシス1.12%
SEシー1.10%
NVTAインビティ1.08%
TWSTツイスト・バイオサイエンス1.03%
TSPトゥシンプル・ホールディングス1.02%
PACBパシフィック・バイオサイエンシズ・オブ・カリフォルニア0.93%
MTLSマテリアライズ0.72%
TWOUトゥーユー0.67%
CERSシーラス0.56%
BLIバークレ・ライツ0.28%
CGENコンピュジェン0.17%
DREYFUS GOVT CASH MAN INS0.08%

ARKKの構成比率トップは電気自動車開発の「TESLA(テスラ)」です。ARKはEV車の販売が今後、著しく加速するとみています。

その理由は、革新的な蓄電池技術の確立で生産コストが低下、販売数の増加に拍車がかかっていること、中国を中心とした旺盛な需要があるからです。すでに、EV車の定価はガソリン車と同等の水準に迫っています。

ARKK

ARK社がこの電気自動車開発で中心的な存在となるとしているのがTESLA(テスラ)です。昨年からテスラの株価は急激に上昇しており、世界中が注目している銘柄の1つになります。

その他では、遠隔診療サービスのテラドック、決済システムのブロック(旧スクエア)、動画ストリーミングサービスのロクなども高い構成比率となっています。なかでも、ブロック(旧スクエア)は他のARKシリーズにも組み込まれており、キャシー氏も注目している銘柄です。

その他にも、ARKKには各業界で注目の銘柄が厳選されて組み込まれています。気になる銘柄、知らない銘柄があればぜひチェックしてみてください。

次は、ARKKのカテゴリー別の構成比率、企業規模比率、セクター比率、地域別比率をグラフで紹介していきます。ARK社はETFの構成銘柄に関して、日々売買を行っており、細かな銘柄数の比率は随時変わっている点にはご注意ください。

世界No.1の時価総額を誇る米国自動車メーカー!

1の時価総額を誇る米国自動車メーカー!

ARKが最も注目しているテスラを別記事にて徹底特集しています。テスラの事業内容、最新決算情報、証券会社などを詳しくまとめているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ARKKのカテゴリー別構成比率

ARKKのカテゴリー別構成比率

出所:ARK INVEST公式サイトよりFX手とり作成(2021年12月31日時点)

カテゴリー構成比率
クラウドコンピューティング15.0%
eコマース7.4%
デジタルメディア12.0%
遺伝子治療6.7%
モバイル5.0%
ビックデータ/機械学習5.3%
IoT4.8%
計装5.4%
ロボティクス3.9%
次世代オンコロジー4.3%
ソーシャルプラットフォーム2.6%
分子診断4.0%
バイオインフォマティクス4.7%
ブロックチェーン&P2P5.0%
エネルギー貯蔵2.6%
自動運転技術2.7%
ターゲット・セラピューティクス1.6%
ビヨンドDNA2.2%
3Dプリント1.2%
宇宙探査1.5%
インフラ開発1.6%
その他0.5%

上記の表はARKKのカテゴリー別の構成比率です。カテゴリー別の構成比率は前四半期と比べて大きな変化はありません。

グラフを見ていただいてもお分かりですが、ARKKは各カテゴリーに対して均等に分散が効いています。

構成比率の比重は現時点でARK社の注目度合いを示しています。クラウド、eコマース、デジタルメディア市場は今後、要注目ですね。

ARKKの企業規模比率

ARKKの企業規模比率

時価総額規模構成比率
Mega(1000億ドル以上)11.3%
Large(100億ドル~1000億ドル)61.9%
Medium(20億ドル~100億ドル)23.3%
Small(3億ドル~20億ドル)3.4%
Micro(5000万ドル~3億ドル)0.0%
Others0.1%

企業別の時価総額では、時価総額1000億ドル以上、100億ドル~1000億ドルの企業群で全体の7割以上を占めているのが特徴です。

前四半期よりもMega(時価総額1000億ドル以上)の比重が下がり、Medium(時価総額20億ドル~100億ドル)の比重が上がっています。

また、時価総額3億ドル以下の企業はARKKには組み込まれていません。ARKのETFは上場企業のみが対象となるため、一定以上の時価総額規模のある大手企業が中心的な構成銘柄になります。

ARKKのセクター比率

ARKKのセクター比率

セクター構成比率
情報技術33.2%
ヘルスケア32.2%
通信サービス15.8%
一般消費財10.7%
金融6.5%
資本財1.5%
その他0.1%

セクター比率では、情報技術が33.2%、ヘルスケアが32.2%、通信サービスが15.8%という構成比率ですね。

IT・ハイテク関連の構成比率は約50%を占めており、ARKKは全体としてIT技術の革新に大きな比重が置かれています。

逆に、金融、資本財などはARKKで低い構成比率になっているのも注目ですね。

ARKKの地域別比率

ARKKの地域別比率

地域構成比率
北米92.3%
西ヨーロッパ7.5%
アフリカ/中東0.1%
その他0.1%

地域別では、北米が92.3%と圧倒的な比率になっています。ARKKでは、基本的に米国企業から構成銘柄が選定されている形です。西ヨーロッパの割合は全体の7%ほどになります。

アジア太平洋地域、アフリカ/中東地域の企業はほとんど組み込まれていません。次は、ARKKの買い方、取引に対応している証券会社を解説していきます。

ARKKの買い方、購入方法について

ARKKの買い方、購入方法について

ARKKは国内の大手ネット証券会社(SBI証券、楽天証券など)では取り扱いがなく、直接購入することはできません。国内業者では、サクソバンク証券でARKKの現物が購入できます。

※サクソバンク証券は2021年11月15日よりARK社のETF(現物取引)に関して、新規購入停止を発表しました。CFD取引は引き続き可能です※

サクソバンク証券の他、2022年1月末よりサービスが開始したLINE CFDでもARKKのCFD取引に対応しています。

IG証券では、ARK銘柄の取り扱いがありますが、ARKKは取引できません。

以下では、ARKKが取引できる国内業者を解説しているので、業者選びの参考にご活用ください!

サクソバンク証券:【CFD取引】

サクソバンク証券

国内の証券会社、FX/CFD業者のなかでもARKKのCFD取引ができる貴重な会社がサクソバンク証券です。

サクソバンク証券は1992年創業、欧州銀行系オンライン証券会社として世界170カ国、80万人以上の顧客をかかえるグローバルプロバイダー。

サクソバンク証券

日本でも10年以上に渡って金融サービスを提供しています。サクソバンク証券は海外23の取引所と連携しているため、米国ETFや海外ETFの取り扱いが非常に豊富です。

ARK社のETFはARKK、ARKG、ARKF、ARKQ、ARKWの5銘柄に対応。これまでサクソバンク証券はARK社のETFの現物取引が可能でしたが、2021年11月15日より現物取引の新規購入停止が発表されました。

現物では購入できませんが、CFD取引は取引が可能です。CFD取引に関しては別記事でも解説しているので、「CFD取引って何?」という方はご一読ください。

現物取引ができないとはいえ、国内でARKKを取引できる証券会社はサクソバンク証券ぐらいなので、ARKKへの投資をお考えの方はサクソバンク証券が要チェックです!

サクソバンク証券 公式サイト

サクソバンク証券の詳細情報

項目[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
取引方法CFD
ARK対応銘柄ARKK、ARKG、ARKW、ARKF、ARKQ
手数料取引金額×0.15%
最低手数料USD5
銘柄取扱数約12,000種類
取引上限銘柄による
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額10万円以上
公式サイト[サクソバンク証券>詳細]

LINE CFD

LINE CFD

ARKKのCFD取引ができる国内業者はかなり限られますが、2022年1月末からスタートしたLINE CFDではARKK、ARKW、ARKFの3銘柄を取り扱いしています。

LINE CFDの特徴は「スマホで簡単に多彩なCFD銘柄が取引できる」「取引手数料は全銘柄で無料」「初心者向けに取引単位が小さい」という点。

LINE証券が提供しているCFDサービスなので、取引ツールはスマホアプリのみですがLINEアプリで通知を受取れたり、スマホで手軽にCFD取引ができる点が注目ポイントです。

LINE CFD

LINE CFDスマホアプリ:ARKKの取引画面

また、他のCFD業者と比べても多彩な銘柄が取引できる点もLINE CFDの特徴ですね。ARKKはもちろん、米国株・日本株・株価指数・商品まで幅広いラインナップがあります。

CFDが初めての方でも少額から取引できるように取引単位も小さいのがメリット。米国株は0.1株(※)から取引が可能。これだけ取引単位が小さい国内業者はLINE CFDぐらいです。

ARKKのCFD取引ができる貴重な国内業者なので、「ARKKに投資したい」「スマホで気軽に投資したい」という方はLINE CFDがおすすめ!

※銘柄によっては1株単位となります。

LINE CFD 公式サイト

IG証券:【CFD取引】

IG証券

IG証券もARKのETFが取引できる数少ない国内業者です。ただし、ARKKは取り扱いがなく、ARKG、ARKF、ARKQの3銘柄のみの取り扱いとなります。

IGグループはCFD取引で営業利益ベース世界No.1(※)、IG証券はその日本法人です。CFD銘柄は17,000種類以上の銘柄を取り扱いしており、国内でもトップクラスの品揃えです。

IG証券

ARKKが取引できないのは残念ですが、IG証券の口座が1つあるだけで世界中の金融商品が取引できるといっても過言ではないほどの国内業者です。

米国株式/ETF、株価指数、商品、債券、FXなど幅広い金融商品を取引される方はIG証券が要チェック。

※アークETFはマーケットの状況次第では、取引が出きなくなる可能性、証拠金率の変更の可能性があります。
※IGグループの財務情報より(2020年6月時点、FXを除いた収益ベース)

IG証券 公式サイト

インヴァスト証券:【CFD取引】

インヴァスト証券

インヴァスト証券は世界各国のETFを自動売買できる「トライオートETF」というサービスを提供しています。

このトライオートETFに新たな銘柄としてARKKが追加されました。インヴァスト証券のトライオートETFは設定済みのプログラムの中から自分好みのプログラムを選択し、自動売買を行うサービスです。

インヴァスト証券

トライオートETFのメリットは「確定利益を積み上げる」「感情に左右されないトレードが可能」「少額でスタートできる」「取引に時間を取られない」という点。

手動の取引とは違い、事前に設定されたプログラムが自動で売買を行うためメンタルに左右されず淡々と利益を積み重ねることができます。

ARKKを取引できる業者自体が限られている中、ETFの自動売買というユニークなサービスを提供しているのがインヴァスト証券の特徴です。

「自動売買に興味がある」という方はインヴァスト証券もぜひこの機会にチェックしてみてください!

インヴァスト証券 公式サイト

ARK社の全ETFを徹底解説!

ARK社のETFを徹底解説!

ARK社はARKK以外にも多彩なETFを運用しています。それぞれにテーマが決まっており、構成銘柄も異なります。

別記事でARK社の特徴や各ETFの構成銘柄を詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。