【BA】ボーイングの概要、事業内容まとめ!

ボーイング

アメリカ最大の航空機メーカーであるBOEING(ボーイング)。オランダのエアバス社と並び全世界で利用される旅客機を製造、販売している米国企業です。

ここではボーイングの概要、事業内容を解説しています。銘柄選びの参考としてご活用ください。

ボーイング(BOEING)の概要、事業内容

ボーイング社は1916年にアメリカのシアトルでウィリアム・E・ボーイングと海軍技師ジョージ・コンラッド・ウエスターバレットの2人によって創業された米国最大の航空機メーカーです。創業から100年以上に渡ってアメリカの航空機業界、宇宙開発産業を牽引してきた巨大企業になります。

民間航空機メーカーとしてはアメリカで最大規模を誇り、全世界で見てもヨーロッパのエアバス(本社はオランダ)の2強という構図が長年に渡って続いています。

日本の企業としては三菱重工業が「MRJ」というリージョナルジェット旅客機を開発していますが、売上高では足元にも及ばないほどボーイングとエアバスの2社が圧倒的なシェアを占めています。

事業内容は民間航空機部門としてボーイング777や737、767、787型機などを展開。軍用機部門ではA160ハミングバードやAH-64アパッチなど各種軍用機の製造や保守を行っています。

さらに、防衛・宇宙・安全保障部門では有人宇宙飛行・着陸システムの開発、製造、サービスなども展開。いち民間企業としてだけでなくアメリカの航空機産業、宇宙産業の中核となっているのがボーイング社です。

ボーイング(BOEING)の会社概要

企業名Boeing Co.
本社所在地100 North Riverside Plaza Chicago, IL 60606-1596 USA
設立年月日1916年
代表者Mr. David L. Calhoun
業種工業 (Industrials)
市場NYSE(ニューヨーク証券取引所)
従業員数161,100人

ボーイング(BOEING)の株式CFD対応業者一覧表

ボーイングの株式CFDに対応した証券会社を比較表にまとめています。証券会社選びの参考としてご活用ください。

比較項目[IG証券]IG証券[サクソバンク証券]サクソバンク証券[GMOクリック証券]GMOクリック証券
市場NYSENYSENYSE
片道手数料率2.2セント/株約定代金の0.15%無料
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5USD5無料
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類約130種類
最大発注数量原則、上限無し(※)8,100枚5,000万円
最低注文数量1株50USD1株
取引時間18:00-10:00
(夏時間17:00-9:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額制限無し10万円以上制限無し
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細][GMOクリック証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。
※GMOクリック証券の最大注文数量は建玉金額を記載。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です