OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

この記事ではOANDA(オアンダ)の株価指数CFDについて徹底特集!基本スペックや手数料、特徴を分かりやすく解説しています。オアンダは世界各国でFXサービスを提供しているグローバルプロバイダー。世界中のトレーダーに選ばれる同社が満を持して新スタートした株価指数CFDを詳しく紹介します!

→詳しくはOANDA公式サイトへOANDA

OANDA(オアンダ)株価指数CFDの基本スペック

サービス名称OANDA株価指数CFD
口座開設手数料無料
取引手数料無料
調整額金利相当額、配当相当額
対応銘柄日経株価指数225、オーストラリア株価指数200、中国A株価指数50、香港株価指数50、インド株価指数50、シンガポール株価指数30、台湾株価指数、ヨーロッパ株価指数50、ドイツ株価指数30、フランス株価指数40、オランダ株価指数25、イギリス株価指数100、米国ナスダック株価指数100、米国ラッセル株価指数2,000、米国S&P株価指数500、米国ウォールストリート株価指数30
レバレッジ株価指数:10倍
最大取引数量日経225:10,000枚
NYダウ:100枚
最大建玉数量日経225:30,000枚
NYダウ:300枚
最小取引単位日経225:1枚
NYダウ:1枚
注文方法成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、トレーリングストップ注文
両建て可能
入金方法ダイレクト入金(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行)、通常入金
出金方法登録した金融機関への出金(平日午前11時までの申請で原則当日、午前11時以降の申請で翌金融機関営業日)

OANDA 公式サイト

Check!!

【OANDA】プレミアム版データアクセス権プレゼントキャンペーン開催中!

売買比率

新スタートした株価指数CFDを記念しオアンダでは各種プレミアム版データにアクセスできる権利が無料でもらえるキャンペーンを行っています。中でも全世界のオアンダを利用するトレーダーのポジション比率や売買比率が分かるオーダーブックの5分更新版やWeb版通貨強弱チャートの1分更新版は非常に有益なツール。

通常であれば一定の取引条件を満たした場合にしか利用できないプレミアム版が期間中に口座開設するだけで利用できるキャンペーンとなっています。

【データアクセス権の内容】
・オーダーブックを5分更新版を表示可能
・MT4・MT5オーダーブックインジケーターでS&P500のデータを表示可能
・MT4・MT5オーダーブックインジケーターで「ポジション、オーダーの同時表示」
・「売買の偏りの大きい部分を表示」機能を使用可能
・Web版通貨の強弱チャートの1分更新版を表示可能
・通貨別強弱グラフの1分更新版を表示可能
・ボラティリティ確認ツールで長期間のデータが表示可能
・Value at Risk計算ツール、値幅確認チャートで5分足、15分足のデータが表示可能
・値動き比較チャートのデイリーは5日分、年間は10年分のデータ表示可能

対象期間は2020年7月1日~2020年9月30日まで。条件は期間中に口座開設をするだけです。面倒なキャンペーン申込みも不要なので、ぜひこの機会にOANDAでCFDをスタートしてみてはいかがでしょうか。

→詳しくはOANDA公式サイトへOANDA

OANDA(オアンダ)株価指数CFDのおすすめポイント!

充実の16銘柄を取扱い!世界中の株価指数に投資できる!

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

OANDAのCFDでは世界各国の株価指数16銘柄を取扱いしています。日経225やNYダウ、DAXといった主要指数だけでなく中国、香港、シンガポール、台湾などのアジア圏やドイツ、イギリス、フランス、オランダといった欧州各国の指数にも対応。

米国はNYダウ、S&P500、ナスダック100、ラッセル2,000の4銘柄にてCFD取引が可能です。有名な指数以外にも世界中の株価指数が取引できるのがオアンダのCFD取引の特徴です。

主要CFD業者の株価指数スプレッド比較

CFD業者日経225NYダウDAXFTSE100公式サイト
[IG証券]IG証券7.0~30.02.4~9.81.2~5.01.0~4.0[IG証券>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券5.03.56.06.0[サクソバンク証券>詳細]
[GMOクリック証券]GMOクリック証券3.0~6.08.0~9.04.0~5.01.0[GMOクリック証券>詳細]
[DMM CFD]DMM CFD7.03.0[DMM CFD>詳細]
[OANDA CFD]OANDA CFD5.0~0.62.05.51.7[OANDA CFD>詳細]
[SBI証券]SBI証券8.04.011.010.0[SBI証券>詳細]
[岡三オンライン証券]岡三オンライン証券[岡三オンライン証券>詳細]
[ひまわり証券]ひまわり証券[ひまわり証券>詳細]

※サクソバンク証券、GMOクリック証券は2020年9月1日時点の取引ツール上で確認したスプレッドを記載。
※IG証券は株価指数CFD期限なし銘柄のスプレッドを記載。時間帯によってスプレッドが変動します。
※SBI証券、岡三オンライン証券とひまわり証券のスプレッドは同値となります。
※DMM CFDは固定スプレッドではありません。突発的な事象や市場の流動性が低下している場合はスプレッドが拡大する場合があります。

OANDAの株価指数CFDのスプレッドはどの銘柄も比較的狭いですね。特に、NYダウのスプレッドは他の株価指数CFD業者と比較してもかなり狭いスプレッドを配信しています。日経225のスプレッドは他に有利な業者もありますが、十分狭いスプレッドですね。

オアンダの株価指数CFDのスプレッドは原則固定ではありません。変動制で相場状況に応じて変わるため、最新のスプレッドは公式サイトにてご確認ください。他のCFD業者に関してスプレッドを比較した記事もあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

板情報(Depth of Market)をMT4やMT5で表示可能!

トレーダーに有益な情報を豊富に提供してくれるのがオアンダの大きな魅力。株価指数CFDではDOM(Depth of Market)と呼ばれる板情報を確認することができます。

Check!!

DOM(Depth of Market)って何?

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

DOMは市場がどの程度の注文を処理できるか=市場の大きさが分かる機能です。DOMでは売り買いの双方で複数の価格と価格毎の取引数量が記載されています。

自分が発注したいレートと数量を指定するとその時点で注文可能な売買双方の価格とスプレッドが表示されます。

その銘柄のどの価格帯にどれぐらいの売り買いの注文が溜まっているのか、どこが節目になるのかなど大口注文を行う際や市場の流動性を確認する際に有用な機能です。

OANDAではMT4、MT5の「MiniTerminal」というツールでDOMが表示できます。株価指数CFDの全16銘柄でDOMを表示できるので、エントリーポイントの分析に活用できます。

強靱なインフラを整備!素早い約定と低いスリッページ発生率!

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

OANDAの大きな特徴は「0.001秒の約定スピードにこだわるサーバー環境を構築している」という点です。FXや株価指数CFDの取引では数秒の差が損益に大きく影響する場面があります。スキャルピングや短期トレードをされる方であれば「瞬時に約定するかどうか」は非常に重要なポイントですよね。

この点、オアンダは「リアルスプレッドNo.1を目指す」と公言している会社です。リアルスプレッドとは見せかけの狭いスプレッドではなく、約定の質も合わせた本当の意味でのスプレッド(取引コスト)でNo.1を目指すということ。

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

約定の質とは「0.001秒でも速い約定」と「指定したレートで約定する(スリッページが発生しない)」という2点です。オアンダでは約定の質にこだわったサーバー環境を構築。東京国内とNYにサーバーを設置しミリコンマ秒単位でレイテンシ(約定の遅延)が発生しないように力を注いでいます。

約定エンジンの強化、サーバー整備、約定システムの最適化を徹底することでトレーダーに公平・公正な取引環境を提供するというのがオアンダの理念です。

OANDA(オアンダ)株価指数CFDの手数料、取引コストは?

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

オアンダのCFDでは取引手数料は無料、口座開設費用や口座維持費用といった手数料も0円です。最小取引数量のミニマムチャージも発生しません。株価指数CFDの取引で発生する取引コストは「スプレッド+配当調整額+金利調整額+(両替手数料)」となります。

■配当調整額
株価指数CFDの買いポジションを保有している場合、保有指数の構成銘柄に配当があれば、その都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。売りポジションの場合は支払いが発生します。もっとも、株価指数の価格が「配当相当額」と同じ額だけ逆に調整されるため経済効果は相殺される点にご留意ください。

■金利調整額(ファイナンシングコスト)
保有ポジションに対して、反対売買をせずに決済日を日々繰り越す(ロールオーバー)たびに、金利等に相当するファイナンシングコストの受渡しが発生します。ファイナンシングコストはオアンダ公式サイトにて公開されています。

上記がOANDAの株価指数CFDでかかる取引コストになります。これ以外には外貨建てで発生した損益に対して、円換算する際にその時点のオアンダ指定の両替レートをかけた両替手数料が発生します。以上がOANDAのCFDでの取引コストとなるのでしっかりと把握しておきましょう。

OANDA(オアンダ)株価指数CFDの取引時間は?

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

オアンダの株価指数CFDでは銘柄毎に取引時間が異なります。日経225やNYダウ、S&P500などの米国株価指数は午前7:00から翌午前5:30まで取引可能。ほぼ24時間取引できるのが株価指数CFDのメリットですね。

その他の指数の取引時間は画像に記載の通りです。色分けされているのはスプレッドが拡大しやすい時間帯を示しています。緑色は「In Hours(通常時のスプレッド)」、オレンジ色と赤色は「Out of Hours(通常より広いスプレッド)」を表示しています。

株価指数は取引時間によって流動性が低下する時間帯がありスプレッドが拡大する場合があります。こうして分かりやすく表示してくれているのもオアンダの「公平・公正な取引環境を提供したい」という理念が感じられる情報開示ですね。

→詳しくはOANDA公式サイトへOANDA

OANDA(オアンダ)株価指数CFDの口座開設の方法は?

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

オアンダで株価指数CFDを始めるにはFX用の口座開設が必要です。すでにオアンダの口座を持っている方はマイページからCFD用のサブアカウントを作成すればすぐに取引が可能です。オアンダの口座を持っていない方はFX用の口座開設をすれば株価指数CFDも取引できるようになります。

新規で口座開設する場合、申込みフォームに「CFD口座も申し込む」という項目にチェックを入れておけばCFD用サブアカウントも同時に開設することができます。取引ツールはMT4(メタトレーダー4)かMT5のどちらかを選択します。

口座開設には運転免許証などの本人確認書類、マイナンバー通知カードが必要です。ネットから申込みを行い、口座開設が完了した段階で入金を行えば株価指数CFDをスタートできます。ネットバンキングを利用すれば即時反映できるので便利です。

OANDAのダイレクト入金対応金融機関

楽天銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行

株価指数CFDをスタートするならOANDAがおすすめ!

OANDA(オアンダ)の株価指数CFD特集!スプレッドから手数料まで徹底解説!

ここまでオアンダの株価指数CFDについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。OANDAは為替のレート配信からスタートした会社。オアンダが配信する為替レートは世界的に有名な監査機関や会計事務所で利用されている信頼性の高いレートです。

「公平・公正な取引環境を提供したい」そんな理念を体現する経営を行っているのがオアンダの特徴。新しくスタートしたオアンダの株価指数CFDにぜひご注目ください。

OANDA 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です