【OANDA】トレーディングビュー特集!PC内蔵ツールからスマホアプリの口座連携まで解説!

オアンダのTradingView特集!口座連携の方法や利用できる機能は?

この記事では、OANDA(オアンダ)のトレーディングビューについて徹底解説!

オアンダはトレーディングビューを内蔵したPC版ツールと口座連携に対応した貴重な国内FX業者です。

さらに、トレーディングビューのスマホアプリとの口座連携も対応しておりスマホから直接トレードすることも可能。そんなオアンダのトレーディングビューについて色々な角度から解説していきます!

オアンダは内蔵ツールと口座連携に両対応!

オアンダは内蔵ツールと口座連携に両対応!

国内のFX/CFD業者ではトレーディングビューを内蔵した取引ツールを提供している業者と、本家TradingViewとの口座連携に対応している業者の2種類があります。

この点、オアンダは内蔵ツールと口座連携の両方に対応しています。内蔵ツールでは有料プラン相当の機能が無料で利用可能。

口座連携であれば本家TradingViewのPC版やスマホアプリをそのまま使いながら、オアンダを通して直接トレードができます。

オアンダのPC版TradingView内蔵ツール

オアンダのPC版内蔵ツール

オアンダは取引プラットフォームとして「fxTrade(エフエックストレード)」と「MT4/MT5(メタトレード4/5)」を提供しています。

このうち「fxTrade」にトレーディングビューが内蔵されています。

オアンダのPC版内蔵ツール

fxTradeのチャート画面

上記はfxTrade(ブラウザ版)の取引画面です。fxTradeには本家TradingViewのチャートがほぼ同じUIで搭載されています。

スケールの拡大縮小、搭載インジケーター、描画ツールなどの使い勝手はそのままで本格的な相場分析が可能です。

オアンダのPC版内蔵ツール

インジケーターは80種類以上を標準内蔵。本家TradingViewのコミュニティ・スクリプトは利用できませんが、それでも十分すぎる数のテクニカル指標が表示可能です。

移動平均線やボリンジャーバンド、MACD、一目均衡表などの人気インジケーターはもちろん、かなりマニアックなテクニカル指標も搭載しています。

トレーディングビューの無料プランではインジケーターの同時表示が最大3つまでですが、オアンダであれば25個以上を同時に表示できるのもメリットです。

オアンダのPC版内蔵ツール

描画ツールは50種類以上を自由に使うことが可能。フィボナッチ・リトレースメント、エリオット波動、ハーモニックパターン分析もスムーズです。

その他、本家TradingViewに搭載されている「ものさし機能」や「マグネット機能」、「オブジェクトツリー」などの分析補助ツールも使えます。

オアンダのPC版内蔵ツール

画面分割は8画面分割に対応。分割レイアウトも1画面から8画面まで用意されているのでマルチチャートの表示も1クリックです。

インジケーターの同時表示と合わせて8画面分割ができるのは有料のPREMIUMプラン(月額約8,000円)相当の機能です。

チャート画面の保存にも対応しており、これだけの機能がオアンダで口座開設するだけ(口座開設費、維持費、利用料も無料)で誰でも利用できるのはかなり魅力的。

オアンダのPC版内蔵ツール

TradingViewの特徴である細かいカスタマイズ性もそのままです。スタイルの変更やスケール設定、背景変更などの各種設定も可能なので、自分好みのトレード環境が構築できます。

fxTradeの搭載機能

オアンダのPC版内蔵ツール

TradingViewだけでも十分魅力的ではありますがfxTradeはその他の機能も充実しています。

オアンダは日本を含む世界の主要9都市に拠点を構えるグローバルプロバイダーですが、各国のトレーダーが保有している注文比率やポジション比率を公開しています。

オアンダのPC版内蔵ツール

各通貨ペアでの注文比率、ポジション比率の偏りをみれば「ドル円はこの水準を超えると損切りでレートが動く」「このサポートラインは厚い」といった相場分析が可能です。

この注文比率、ポジション比率がfxTradeにもデフォルトで搭載されています。国内FX業者でも公開している業者はありますが、グローバルにサービスを提供しているオアンダの注文情報は要チェックです!

オアンダのPC版内蔵ツール

また、各通貨別の通貨強弱ヒートマップもツール上で確認できます。対米ドルで今、どの通貨が買われているか、売られているかを色で確認することが可能。

トレーディングビューの機能性だけでなくオアンダ独自のマーケット情報を織り交ぜた高機能ツールが「fxTrade」です。

→詳しくはオアンダ公式サイトへOANDA

オアンダはPC・スマホアプリの口座連携にも対応!

オアンダのPC版内蔵ツール

OANDAは内蔵ツールだけでなく、本家TradingViewとの口座連携にも対応しています。

トレーディングビューのチャート画面下の「トレードパネル」からブローカーを選択し口座連携を行うとオアンダのFX口座が紐づけされます。

オアンダのPC版内蔵ツール

上記がオアンダと口座連携を行ったトレーディングビューのチャート画面です。口座連携であれば、本家TradingViewをそのまま使うことができます。

FX以外のアセットクラス(個別株、株価指数、商品、債券、暗号資産など)のチャートを確認しながらFXが可能。

ただし、1つ注意点としては「利用できる機能は購読しているプランによって変わる」という点です。インジケーター同時表示や画面分割をするには別途、有料プランに加入する必要があります。

別記事ではオアンダを含めたトレーディングビュー対応の国内業者を詳しく比較しています。

オアンダのPC版内蔵ツール

オアンダのもう一つの注目ポイントは「本家スマホアプリでも口座連携ができる」という点です。

TradingViewのスマホアプリはこれまでデモトレードのみの対応でしたが、新しくオアンダとの口座連携に対応。スマホアプリからでもオアンダを通して直接発注が可能となっています。

オアンダのPC版内蔵ツール

このアップグレードによって、PC版で搭載されている機能のほとんどがスマホアプリでも可能となりました。

進化し続けているトレーディングビューのPC版ツールやアプリをそのまま使いたいという方は口座連携がおすすめです!

→詳しくはオアンダ公式サイトへOANDA

以下では、TradingViewのプラン別機能と対応ブローカー一覧表を掲載しているのでプラン選び、業者選びの参考にご活用ください。

TradingViewのプラン別機能と比較

TradingViewのプラン別機能と比較

機能OANDABASICPROPRO+PREMIUM
広告表示なしありなしなしなし
画面分割81248
テンプレート保存可能数11510無制限
カスタム時間足××
インジケーターの同時表示25351025
出来高プロファイル××
アラート×120100400

→詳しくはTradingview公式サイトへTradingView

TradingViewが無料のFX会社、ブローカー一覧表

FX会社形式特徴公式
[みんなのFX]みんなのFX内蔵有料プラン(月額約8,000円相当)の機能が無料で使える
複数画面分割、テクニカル指標の複数表示にも対応
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX内蔵FX初心者でも使いやすいPCツールとスマホアプリ
業界最高水準のスワップポイントが魅力
[LIGHT FX>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン内蔵スプレッドの狭さに徹底的にこだわり業界最狭水準を配信
TradingView内蔵ツール「FXTF GX」を配信
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券連携TradingViewの口座連携対応、プロ仕様の取引環境
外国株式(米国・中国)の現物取引に対応
[サクソバンク証券>詳細]
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan内蔵
連携
すべてのトレーダーに公平・公正なレート配信が理念
約定拒否なし・抜群の約定力で快適な取引環境を実現
[オアンダ ジャパン>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com内蔵
連携
世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]

※TradingViewの利用形式は取引ツールに内蔵しているFX業者と口座連携ができるFX業者があります。
※取引ツールに内蔵されているTradingViewはFX業者ごとに一部、搭載されていない機能があります。
※口座連携ができるFX業者のTradingViewの機能はTradingViewの契約プランによって異なります。

オアンダってどんなFX業者?

オアンダってどんなFX業者?

オアンダは創業から25年以上、グローバルに金融サービスを提供している人気の国内FX/CFD業者です。

その特徴は「充実した取引ツール」「公平・公正な取引環境を追求する企業理念」「独自のマーケット情報」にあります。

オアンダってどんなFX業者?

特に、オアンダは「お客様との信頼関係」に重きを置いている企業です。もともと、為替のレート配信からスタートした企業なので「透明性の高い信頼できるレート配信」にこだわりを持って運営されています。

注文から約定までのスピード、スリッページ発生率を毎週公式サイトで公開しており情報開示に力を注いでいます。

オアンダってどんなFX業者?

上記でも簡単に解説しましたがオアンダ独自のマーケット情報も大きな魅力です。

オアンダを利用するトレーダーの取引状況が分かる「オープンオーダー」「オープンポジション」は価格帯別のトレーダーの損益状況が一目で分かります。

FXは典型的なゼロサムゲームの世界です。勝つ人の裏側には同じだけ負ける人がいます。負けが込んだポジションはさらに追い詰められ、買っているポジションは利を伸ばします。

その状況を客観的に把握できるのはかなり大きなアドバンテージになります。こうした独自のマーケット情報がオアンダの大きな魅力です。

オアンダってどんなFX業者?

上記ではオアンダの「fxTrade」のブラウザ版について解説しましたが、fxTradeはアプリ版も提供しています。

アプリ版はTradingViewを内蔵していませんが、こちらも随所に工夫を凝らした秀逸なツールに仕上がっています。

まだまだオアンダの魅力はたくさんありますが、TradingViewを普段から使われている方、これから使ってみようと思われている方はオアンダをぜひチェックしてみてください!

OANDA 公式サイト

OANDAは株価指数・商品CFDにも対応!

オアンダってどんなFX業者?

オアンダはFX以外にも株価指数と商品CFDに対応しています。日経225やナスダック100など厳選された各国の主要指数と原油や金といった商品銘柄がCFDで取引可能です。

残念ながら株価指数CFD口座はTradingViewとの口座連携には対応していませんが、FXと合わせて株価指数・商品も取引される方もオアンダは要チェック!

→詳しくはOANDA公式サイトへOANDA

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。