便利!TradingViewでチャートのテンプレートを保存する方法

tradingview

「複数のインジケーターを何回もするのが面倒」「いつものレイアウトを簡単に呼び出したい」トレードをしていれば、自ずと自分が一番トレードしやすいレイアウトが決まってきます。手法毎にレイアウトを分けて保存している人も多いでしょう。

TradingViewにもチャートのレイアウトをテンプレートとして保存する機能が搭載されています。TradingViewのテンプレートを使いこなせば日々のトレードが格段にやりやすくなること間違い無し。そこで、今回はTradingViewのチャートのテンプレート保存について詳しく解説していきます。

TradingView対応のFX会社、ブローカー一覧表

FX会社 通貨ペア 取引単位 特徴 公式サイト
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan 71種類 1000通貨 抜群の約定力
約定拒否なし
オリジナルインジ50種類以上
[オアンダ ジャパン>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券 150種類 1000通貨 豊富な通貨ペア
インターバンク直結
最大発注数量2500万通貨
[サクソバンク証券>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com 84種類 1000通貨 世界180カ国に展開
安定した約定力
MT4ツール22種類が無料
[FOREX.com>詳細]

※サクソバンク証券の通貨ペアはスタンダードコースが対象、取引通貨単位・最大発注数量はアクティブトレーダーコースが対象。

TradingViewのチャートレイアウト

tradingview

TradingViewでは、デフォルトで21種類のチャートレイアウトが搭載されており、1クリックするだけで選択したレイアウトに切り替えることが可能。レイアウトの変更はチャート画面右上の四角アイコンから行います。

TradingViewは最大8画面分割に対応。画面分割は有料プランの機能ではありますが、複数通貨ペアを監視する場合や違う時間軸を表示させるときに画面分割ができると非常に便利。

tradingview

さらに、TradingViewでは画面分割する際に分割した先のチャートに何を同期させるかも選択可能。同じ通貨ペアで別の時間軸を表示させたいときは「シンボル」を、同じ時間足で別の通貨ペアを表示させたいときは「時間足」にチェックを入れれば自動的に同期されます。

インジケーターや描画したライン、チャートのスケール設定など細かく調整したチャートのレイアウトはテンプレートで保存可能。次はTradingViewのテンプレート機能について解説します。

チャートテンプレートの保存のやり方

インジケーターテンプレート

テンプレートの保存はチャート画面上部「テンプレート」のタブをクリックすることで可能です。「テンプレート」をクリック⇒「インジケーターテンプレートの保存」をクリックで現在表示させているチャートのレイアウトでテンプレートの保存ができます。

テンプレートの保存

表示されたポップアップにテンプレート名を入力⇒保存をクリックすれば、任意の名称でテンプレートとして保存できます。ちなみに、「時間足の保存」は次回テンプレートを開いた際、保存したときに設定していた時間足で表示される機能です。

チェックを入れない場合、現在表示している時間足でテンプレートを呼び出します。時間足毎で違うチャート分析をする方はチェックを入れておくと便利です。

テンプレートの削除とお気に入りに追加

テンプレートの削除

テンプレートの削除はテンプレート名の横にある「×」印をクリックすることで削除されます。削除されたテンプレートは戻すことができないのでご注意を。

そして「×」印の右隣にある☆印をクリックすると、テンプレートをお気に入りに登録することができます。お気に入りに登録するとチャート画面「テンプレート」の右横にアイコンが出現、ワンクリックでテンプレートを呼び出すことが可能です。

細部まで使いやすさにこだわった作り方がTradingViewの大きな魅力ですね。こういった細かいところが案外、使っていると便利だなと思う部分だったりします。TradingViewにはこのような細かい仕掛けがたくさんあるので、使いこなすと非常に便利なチャートツールです。

ただし、TradingViewのテンプレート保存機能は無料プラン(BASIC)では1つまでです。有料プラン(PRO)は5つまで、(PRO+)であれば最大10つのチャートテンプレートを保存可能。いくつもレイアウトを使い分ける人は有料プランがオススメ。

既存のテンプレートリストも使ってみよう

tradingview

TradingViewには、自分で作成するテンプレート以外にもデフォルトで搭載されている既存テンプレートがいくつかあります。それぞれに、使いやすいレイアウトになっているので、気になるものは試しに表示させてみてください。

既存テンプレートの一覧表

Bill Williams’ 3 Lines 3本のSMAと出来高
Displaced EMA 20EMAと出来高
MA Exp Ribbon 8本のEMAと出来高
Oscillators ストックRSI、RSI、CCIと出来高
Swing Trading ピボットHL、ピボットTA、ジグザグと出来高
Volume Based CCI、OBV、ROC、CMFと出来高

TradingViewのチャートテンプレートを使いこなす

TradingViewは非常に高性能、高機能なチャートツールです。インジケーターは内蔵だけでも80種類、描画ツールも豊富に搭載し、アラート機能も完備しています。このTradingViewをフルに使ってチャート分析をすればトレードの幅が広がること間違いなし。

そのチャート分析をした痕跡や経過は履歴として残しておきたいですよね。次回、チャート分析を続ける際にもテンプレートを活用すれば無駄にインジケーターを設定し直す必要もありません。TradingViewのテンプレート機能を使いこなして、効率よく日々のチャート分析を行いましょう。

TradingView 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です