アリババ(Alibaba/阿里巴巴)株式の買い方、購入方法まとめ!

alibaba(アリババ)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

「中国のAmazon」とも呼ばれる中国のECコマース最大手がアリババ(阿里巴巴)です。創業者のジャック・マー氏はアジア屈指の大富豪であり、ソフトバンクグループの孫正義氏と交流があることでも有名。

中国のECコマース市場で圧倒的なシェアを誇っているアリババ。日本では電子決済サービスの「アリペイ(Alipay/支付宝)」を提供しており、知名度も高くなってきています。この記事ではそんなアリババについて会社概要や業績、株価を詳しく解説しています。

アリババの株式の買い方や購入方法、その他の投資方法としてCFD取引についてもご紹介。「アリババに投資したいけど、どんな方法があるの?」と疑問に思われている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

Alibaba(アリババ)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]IG証券[サクソバンク証券]サクソバンク証券[GMOクリック証券]GMOクリック証券
市場NYSENYSENYSE
片道手数料率2.2セント/株約定代金の0.15%無料
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5USD5無料
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類約130種類
最大発注数量原則、上限無し(※)18,900枚5,000万円
最低注文数量1株USD501株
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額制限無し10万円以上制限無し
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細][GMOクリック証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。
※GMOクリック証券の最大注文数量は建玉金額を記載。

Alibaba(アリババ)の概要、業績、株価

Alibaba(アリババ)は中国の電子商取引・ECコマース事業を行うIT企業です。中国最大のCtoCオンラインショッピングモール「淘宝網(タオバオ」やBtoCショッピングモール「天猫(TMALL.com)」、グローバルオンライン小売市場「AliExpress(アリエクスプレス)」などを運営しています。

アリババの創業者は総資産480億ドル以上を誇る大富豪ジャック・マー氏です。大学受験に2度失敗、5年間の英語教師を経て30代半ばでアリババを創業、落ちこぼれと言われ続けたジャック・マー氏ですが一代で時価総額TOP10に入る企業グループを作り上げました。

創業から数年間は苦戦を強いられた同氏ですが、2003年頃から事業が軌道に乗り始め、2005年に「Yahoo!中国」を買収したことがきっかけで国際的な知名度を上げました。創業当時にソフトバンクの孫正義氏から約200万ドルの出資を受けたことや、2007年にソフトバンクの取締役に就任したことでも話題となりました。フォーブス誌の世界長者番付にも掲載されているジャック・マー氏はその経歴と経営哲学から世界中のビジネスパーソンに大きな影響を与える人物です。

そんなジャック・マー氏が作り上げたアリババの主な事業は以下の通りです。

事業名称概要
淘宝網
(タイパオマーケットプレイス)
中国最大のCtoC Eコマースプラットフォーム。ビックデータ解析と最新のAI技術によりパーソナライズされた快適なショッピング体験が楽しめる。新製品の情報及び新しいトレンド情報が常に配信され、お気に入りの出品者やブランドと交流することが可能。
AliExpress
(アリエクスプレス)
グローバルオンライン小売市場。世界中の消費者が中国のメーカーや流通業者から直接商品を購入できるグローバルな小売市場。
Alipay
(アリペイ/支付宝)
中国消費者向けのオンライン決済サービス。ECサイトでのオンライン決済の他、実店舗でのスマホ決済、公共料金の支払いにも利用可能。
天猫
(Tモール)
中国国内向けの個人向け電子商取引サイト。アリペイ(支付宝)と連携し注文者が商品に納得した場合に料金が支払われるシステムを採用。
1688.com中国最大級のオンライン卸売市場。中国で人気の商品、アパレル、エレクトロニクス、原材料、工業用部品、農業用製品および化学製品などを取り扱うオンライン卸売市場。
alimama
(アリママ)
マーケティングテクノロジープラットフォーム。出店者・出品者がアリババグループのオンライン市場でさまざまなマーケティング活動を効率的に展開できるようサポートするプラットフォーム。
CAINAIO
(ツァイニャオネットワーク)
物流データプラットフォームオペレーター。出店者・出品者と購入者間の商品の受け渡しをより円滑にするための物流データプラットフォーム。データ解析と技術を駆使して物流パートナーの業務効率を向上している。

小売業界で重要な指標とされているGMV(総流通総額)に関して、アリババのCEO兼現会長「張勇(ダニエル・チャン)」は2020年年次総会で2020年度の目標であるGMV1兆ドル(約108兆円)を達成したと発表。

中国国内で競合となる「京東(JD.com)」及び「拼多多(Pinduoduo)」を約4倍ほど突き放す結果を残しています。中国国内のECコマース事業ではまさに敵なしといった状況です。革新的なイノベーションを起こし続けるのがアリババの企業風土。今後も驚異的な成長率を見せつけてくれることに期待が高まります。

Alibaba(アリババ)の会社概要

企業名Alibaba Group Holding Ltd
本社所在地26/F Tower One Times Square 1 Matheson Street Causeway Bay, HKG
設立年月日1999年6月
代表者Mr. Daniel Yong Zhang
業種IT・通信 (IT & Communications)
市場NYSE
従業員数117,600人

Alibaba(アリババ)の業績、株価

Alibaba(アリババ)の業績、株価

アリババが発表した2020年第4四半期(1-3月)の業績は売上高が1143億1000万元(約1兆7260億円)、純利益は31億6200万元(約447億円)となりました。前年同期比で売上高は22%増となりましたが、純利益は88%減となっています。

純利益の損失は本業での減収ではなく投資先企業の株価下落によるものです。本業では堅調な成長率を維持し続けており、全世界の年間アクティブ・コンシューマーは9億6000万人を突破、クラウド事業では年間売上高が400億元(約6040億円)を越え、前年比62%の増加を達成しています。

株価も順調に上昇しており、2015年には初値104.2ドルだったのが2020年11月9日時点で292ドルまで上昇しています。アリババはこれまで12四半期連続で30%以上の前年比増収を維持してきました。新型コロナウイルスで成長率は鈍化したものの、その影響力は日に日に増しています。

Alibaba(アリババ)の株の買い方、その他の投資方法

アリババは本社が中国にあり、サービスも中国国内向けが大半を占めている企業ですが上場しているのはニューヨーク証券取引所(NYSE)です。したがって、米国株式として扱われます。アリババの現物株式の買い方としては米国株式の取り扱いがあるネット証券を利用するのが一般的です。

国内であればSBI証券楽天証券マネックス証券がアリババを含めた米国株式を取り扱いしています。

アリババの銘柄コードは【BABA】です。上記のネット証券会社で口座開設を行い、銘柄コードで検索、取引数量を入力すればアリババの現物株式が購入できます。3業者とも1株単位から購入可能です。

現物株式を買う以外にアリババの株式に投資する方法としてはCFD取引があります。CFD取引とは差金決済取引のことで、株式の信用取引を同じようにレバレッジをかけて取引を行う方法です。株式CFDでは最大5倍までレバレッジをかけられるため、現物株式の約5分の1の資金でアリババの株式に投資することが可能です。CFD取引に関しては別記事で分かりやすく解説しているので気になる方はご一読ください。

国内でアリババの株式CFDに対応している業者はIG証券サクソバンク証券GMOクリック証券の3社です。以下では、現物株式に対応した大手ネット証券と合わせて比較表を掲載しているので気になる業者があればぜひチェックしてみてくださいね!

Alibaba(アリババ)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]IG証券[サクソバンク証券]サクソバンク証券[GMOクリック証券]GMOクリック証券
市場NYSENYSENYSE
片道手数料率2.2セント/株約定代金の0.15%無料
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5USD5無料
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類約130種類
最大発注数量原則、上限無し(※)18,900枚5,000万円
最低注文数量1株USD501株
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額制限無し10万円以上制限無し
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細][GMOクリック証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。
※GMOクリック証券の最大注文数量は建玉金額を記載。

Alibaba(アリババ)の現物株式対応!大手ネット証券2社を比較!

比較項目[SBI証券]【SBI証券】[楽天証券]【楽天証券】
取扱銘柄NYSE・NYSE Arca・NYSE American・NASDAQ上場のSBI証券選定銘柄NYSE・NYSE Arca・NASDAQ上場の個別株、ETF、ADRのうち、楽天証券選定銘柄
取引手数料約定代金の0.45%(税込0.495%)約定代金の0.495%(税込)
注文の種類指値のみ指値のみ
最大発注数量1注文当り250,000株1注文当り250,000株
最小取引単位1株1株
取引時間23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)
公式サイト[SBI証券>詳細][楽天証券>詳細]

※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です