パランティア・テクノロジーズ株式の買い方、購入方法まとめ!

パランティアテクノロジーズの株式の買い方、購入方法まとめ!

米国国防総省、FBI、CIAなど国家機関を顧客に抱えビックデータの解析、テロ対策調査や作戦支援のソフトウェアを提供しているのが「パランティア・テクノロジーズ(Palantir Technologies)」です。

世界的なIT業界企業がひしめくシリコンバレーでもひときわ注目されているパランティア。企業価値200億ドルともいわれる同社ですが日本ではまだ知名度がそれほど高くありません。

もっとも、提供しているサービスは一流です。最先端のビックデータ解析とデータ統合を可能にするソフトウェア、米国諜報機関が信頼するほどの強固なセキュリティを実現するパランティア・テクノロジーズとは一体どんな企業なのか。

この記事ではパランティアの事業内容や概要を詳しく解説。合わせてパランティアの株式が購入できる証券会社やCFD取引に対応した国内業者を解説していきます。

パランティアのCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NYSENYSE
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
取引上限原則、上限無し(※)160,000枚
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

IG証券はパランティアの時間外取引に対応!

IG証券米国株式時間外取引

米国株式市場は日本時間の深夜(23:00~翌6:00)に開きます。リアルタイムで取引するには深夜帯に起きていなければいけません。

さらに、米国株の決算発表はほとんどが市場が開いていない時間帯に行われます。したがって、市場が開く前後のセッションで大半の取引が行われます。

IG証券ではこの点を考慮し主要米国株式70銘柄以上で時間外取引(日本時間の18:00~)が可能。パランティアも対象銘柄です。

プレマーケットだけでなくアフターマーケット(翌6:00~10:00)での取引にも対応。取引時間を気にされる方はIG証券が要チェック!

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券

パランティア・テクノロジーズについて

パランティア・テクノロジーズの業績、株価

パランティア・テクノロジーズ(Palantir Technologies)はアメリカのコロラド州デンバーに本社を構えるデータ分析企業です。

創業者は電子決済プラットフォームで有名なPayPal(ペイパル)を設立したピーター・ティール氏。パランティアは2003年に創業され米国の諜報機関向けにビックデータの解析とデータ統合のソフトウェアを提供しています。

日本では2019年にSOMPOホールディングスと共同で「Palantir Technologies Japan株式会社」を設立。

2020年6月には富士通とパランティアがDX(デジタルトランスフォーメーション:企業が業務のIT化を進め効率改善、戦略立案等を行うこと)を強化するため提携を行い話題となりました。

パランティアの強み

パランティア・テクノロジーズの強み

パランティアは非常に高度なデータ解析及び統合を可能にするソフトウェア開発で注目を集めています。

政府や民間企業が保有・蓄積している膨大な情報(ビックデータ)を有機的に解析、目的に応じた形で統合、可視化する技術に長けています。

構造化データと非構造化データの統合

ビックデータの解析で大きな障害となるのが「構造化データと非構造化データの統合」です。

構造化データとはエクセルやCSVファイルなど列と行で区別されたデータのことで、データの検索、集計、比較を行いやすくした情報です。

一方、非構造化データとは電子メールや提案書、企画書、アンケートなどデータ単体で意味を持つ情報です。非構造化データはデータベース化されていないため情報を分析するのに手間がかかります。

この構造化データと非構造化データの統合を可能にし、一見関係のないようなデータを有機的に繋げて解析することによって一連の意味や関係性を見出すのがパランティアの強みです。

パランティアの提供サービス

パランティアの主なサービスは国家機関向けの「GOTHAM(ゴッサム)」と民間企業向けの「FOUNDRY(ファウンダリー)」に大別されます。

「GOTHAM(ゴッサム)」

パランティア・テクノロジーズの事業内容、提供サービス
引用:Form S-1 Palantir Technologies Inc.

GOTHAMは主に米国国防省や警察機関でテロ対策や犯罪捜査に活用されています。諜報機関によって収集された情報を分析・統合することにより犯罪組織のネットワークをマッピングしたり、行動予測に基づいてテロを未然に防ぐ際に活用されています。

右の画像はGOTHAMに搭載されている「GAIA(ガイア)」というライブマップ機能です。リアルタイムでデータの蓄積・分析・追跡を行うため、共同で作戦を行う際にタイムラグなく情報収集・計画の立案・情報共有を可能にします。

「FOUNDRY(ファウンダリー)」

パランティア・テクノロジーズの事業内容、提供サービス
引用:Form S-1 Palantir Technologies Inc.

FOUNDRY(ファウンダリー)は民間企業にGOTHAMのテクノロジーを応用したデータ解析ソフトウェアです。日々の企業活動で蓄積された膨大なデータを一箇所に集約し多角的に分析・統合を行います。

右の画像はFOUNDRYのMONOCLE(モノクル)という機能です。ユーザーはグラフィカルなインターフェイスで蓄積した情報を視認、統合されているデータはすべて有機的に関連付けれらているので、1つ1つのデータを遡ったり相関する情報を瞬時に呼び出すことができます。

その他にも、数百万、数十億という大規模な調査データをフィルタリングしたり、オブジェクト化して相互の関連性を容易に見つけたりする機能など、これまで有効に活用できていなかった情報を再整理・統合・分析することでより効率的な業務改善、戦略立案に繋げるのがファウンダリーです。

米国政府が信頼するセキュリティの強固さ

パランティア・テクノロジーズの強み

パランティアが注目ポイントはビックデータを解析する技術力だけではありません。米国政府が信頼をよせるほどのセキュリティの高さもパランティアの大きな強みです。

パランティアの創業者であるピーター・ティール氏は世界的な電子決済プラットフォーム「PayPal(ペイパル)」を設立した人物。パランティアの技術も元々はペイパルで不正決済やマネーロンダリングを防ぐために開発されたシステムが元となっています。

そのシステムが非常に強固であったため、米政府機関を始めとした国家レベルの機密事項を扱う数々の機関がパランティアのGOTHAMを利用しています。また、パランティアは米国の敵対国にはソフトウェアを提供しないという経営方針を固めている企業です。

こうした背景から米国政府の信頼を勝ち取り、長期間かつ巨額の販売契約を結んでいます。今後、日本のように米国の同盟国を中心に販路を拡大する方針です。日本の公官庁がパランティアのソフトウェアを採用する日も近いかもしれません。

パランティアの会社概要

企業名Palantir Technologies Inc
本社所在地1555 Blake Street, Suite 250 Denver, CO 80202 USA
設立年月日2003年5月
代表者Mr. Alexander Karp
業種IT・通信 (IT & Communications)
市場NYSE(ニューヨーク証券取引所)
従業員数2,391人

パランティアのビジネスモデル

パランティア・テクノロジーズのビジネスモデル

パランティアのビジネスモデルは「導入費用は安く抑えて、長期的に利用してもらい成果報酬をもらう」という形です。顧客の規模や目的に応じて提供するサービスを変え、固定費用もしくは成功報酬で売上をあげています。

企業コンサルティング業界では一般的なビジネスモデルですが、パランティアの特徴は「顧客に政府機関が多く予算規模が桁違い」「長期的に利用している顧客が多い」という点です。

政府機関、大手民間企業から大規模プロジェクトを受注

ニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場に際して公開されたIPO資料では、取引高上位20社の平均収益が1500万ドルとなっており1つ1つのプロジェクトがいかに大規模かがよく分かります。

さらに、取引高上位20社の顧客は平均6.6年以上の長期利用となっている点も注目ポイント。

今後、日本を含めた海外展開を行い各国の政府及び公官庁、公的な業務を担う民間企業などにパランティアのソフトウェアが導入されれば更なる売上の増加が見込まれます。

世界的にもビックデータの活用は需要の大きい分野であり、これからの事業展開でパランティアが市場をどこまで独占できるのかに注目が集まります。

パランティアの株の買い方、購入方法

パランティア・テクノロジーズへの投資方法

パランティアはアメリカのニューヨーク証券取引所に上場している米国企業です。したがって、パランティアの株式を購入するには米国株式に対応したネット証券会社を利用するのが便利です。

国内ではDMM 株SBI証券楽天証券マネックス証券がパランティアの現物株式に対応しています。上記のいずれかの証券会社で口座開設を行い、資金を入金、【PLTR】で銘柄検索を行えばパランティアの現物株式が購入できます。

パランティア株式の買い方:【CFD取引】

パランティア株式の買い方:【CFD取引】

また、CFD取引(差金決済取引)もパランティア株の買い方の1つです。

CFD取引とは現物株式をやり取りせず売買差益のみをやり取りする取引方法。最大5倍のレバレッジをかけられるため短期~中期スパンでパランティア株の値動きを狙いたい場合はCFD取引が最適です。

国内業者であればIG証券サクソバンク証券の2社がパランティアの株式CFDに対応しています。GMOクリック証券DMM CFDも株式CFDに対応していますがパランティアの取り扱いはありません。

CFD取引に関しては別記事にて基礎知識からメリット・デメリット、他の取引方法との違いなどを解説しているので気になる方はご一読ください。

以下ではパランティアの現物株式とCFD取引対応業者の比較表を掲載しています。気になる業者があればチェックしてみてください。

パランティアのCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NYSENYSE
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
取引上限原則、上限無し(※)160,000枚
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

パランティア株式対応!大手ネット証券を比較表

業者名取引手数料注文種類取引単位取引時間公式サイト
[DMM 株]【DMM 株】無料3種類1株23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]【SBI証券】0.495%3種類1株23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]【楽天証券】0.495%2種類1株23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]【マネックス証券】0.495%8種類1株22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※SBI証券、楽天証券、マネックス証券の取引手数料は約定代金の0.495%になります。。
※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM 株では円のみでの取引となります。米ドルの預け入れ、払い出しは行っていません。為替手数料として1ドルあたり25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です