未来予測チャートや売買シグナルが使えるFX会社特集!

未来予測

過去の値動きから今後のチャート形状を予測する未来予測チャート、複数のテクニカル指標から売買シグナルを表示してくれる売買シグナルツール。この記事では、この2つのツールを提供してくれるFX会社を徹底解説。

各社毎の違いや、特徴を詳しく解説しています。対応通貨ペアや足種、搭載機能についても紹介しているので、業者選びにご活用していただければと思います。

FX会社 通貨ペア スマホ対応 特徴 公式サイト
[FXプライムbyGMO]FXプライムbyGMO 20種類 豊富な通貨ペアと足種に対応
FXスマホアプリに標準内蔵
[FXプライムbyGMO>詳細]
[ヒロセ通商]ヒロセ通商 6種類 売買シミュレーション機能付き
売買シグナルと未来予測に対応
[ヒロセ通商>詳細]
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ 20種類 取扱い通貨ペアが豊富
初心者でも直感的に操作できる画面
[マネーパートナーズ>詳細]
[JFX]JFX 6種類 売買予測・未来予測チャートに対応
売買シミュレーション機能付き
[JFX>詳細]
[セントラル]セントラル短資FX 16種類 735種類の売買シグナルを搭載
テクニカルランキングも表示
[セントラル>詳細]

FXプライムbyGMO

未来予測

FXプライムbyGMOで提供している未来予測チャートが「ぱっと見テクニカル」です。FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカルは自社開発のオリジナルツール。

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートから、次の値動きを予測してくれます。ぱっと見テクニカルは他のツールと比較しても非常に豊富な20種類の通貨ペアに対応、足種も11種類が使えます。

未来予測

ぱっと見テクニカルの特徴は「全通貨ペア」の中から選択した通貨ペアのチャート形状を比較してくれる点。同一の通貨ペアだけでなく、一定の相関関係がある通貨ペアとも比較してるため、チャート分析の幅が広がります。

未来予測

さらに、「近似検索対象期間」「サンプル本数」「予測本数」「スムース強度」など細かい設定も可能。もちろん、画面分割や近似チャートのレイアウトにも対応。PCであれば4分割で「最近似」「第二近似」「第三近似」「全通貨ペア」の未来予測チャートを表示できます。

FXプライムbyGMOはスマホにも対応。ブラウザタイプではなく、スマホアプリに最初から内蔵されているので使い勝手が良いのも魅力的。未来予測チャートをお探しであれば「ぱっと見テクニカル」をまず最初にチェックしてみてください。

FXプライムbyGMO 公式サイト

ヒロセ通商

未来予測

ライオンのロゴが印象的なFX会社「ヒロセ通商」では「さきよみLIONチャート」という未来予測・売買シグナルツールを提供。ヒロセ通商でも過去チャートから値動きを予測する「さきよみチャート」と売買シグナルツールの「シグナルパネル」の2種類に対応。

未来予測

シグナルパネルでは、チャート画面の下部に売買シミュレーションが配置されており、実際にシグナルに従って売買を行った場合のトレード別損益と累積収益が表示されます。さらに、シグナルパネルではテクニカル指標の計算から導き出された相場の方向性をチャート上に矢印で表示してくれます。

この表示が凄く分かりやすく、相場の方向性を予測するのに役立ちます。一方、さきよみチャートでは現在チャートと未来チャート、さらに第1~3近似までが1画面で表示。専用のスマホアプリにも対応しているので、いつでもどこでも未来予測チャートが確認できます。

未来予測

ヒロセ通商の魅力といえば「ユーザーの目線に立ったサービス運営」です。実際にヒロセ通商を利用しているユーザーから集めた要望や意見を取引ツールに反映、毎月バージョンアップを行う力の入れよう。

FX会社とは思えないほど豪華な食品キャンペーンやスプレッド縮小など、キャンペーンも充実。すべては「お客様に楽しんでもらいたい」というヒロセ通商の理念が随所に見られるFX会社です。

ヒロセ通商 公式サイト

マネーパートナーズ

未来予測

マネーパートナーズでは売買シグナルと未来予測チャートが一緒になった「かんたんトレナビ」というツールを提供しています。かんたんトレナビでは、画面左側にパネルエリアと右側にチャートエリアがあり、パネルエリアではMACDやストキャスティクス、RSIなどのテクニカル指標から導き出した売買傾向を表示。

未来予測

対応テクニカル指標は7種類、上昇・下落が矢印で表示されています。矢印の数字は方向性が継続している矢印の本数を示し、矢印に「売」「買」が表示されているのは売買シグナルになります。

さらに、パネルエリア左側の「総合判断」では売りと買いの傾向を棒グラフで表示。バーが長ければ長いほど、売買チャンスとなります。視覚的にも分かりやすく表示してくれているので、初心者でも直感的に売買傾向が理解できます。

チャートエリアでは、現在レートと過去の値動きから算出した未来予測のチャートが表示、下部にはMACDやシグナル、ヒストグラムも表示されているため、MACDとシグナルのデッドクロス・ゴールデンクロスも簡単に確認可能。

未来予測

また、かんたんトレナビのチャートエリアでは「明細データ(シグナル毎)」と「累計データ」の2種類の売買シミュレーションを表示できます。売買シミュレーションでは、そのシグナル通りに売買した場合の損益がチェックできるので、1つの目安になります。

マネーパートナーズのかんたんトレナビは他社の未来予測ツールよりも、シンプルで直感的に操作できます。初心者でも扱いやすいので「できるだけ分かりやすいツールがいい」という方は要チェック。

マネーパートナーズ 公式サイト

セントラル短資FX

未来予測

日本に3つしかない短資会社の1角、セントラル短資グループが運営しているFXサービスが「セントラル短資FX」です。長年に渡って、日本の金融市場を支えてきたセントラル短資が提供している未来予測ツールが「みらいチャート」です。

未来予測

セントラル短資FXのみらいチャートは7種類のテクニカル指標×15通貨ペア×7種類の足種=735通りの売買シグナルを表示。チャート上に分かりやすく矢印で表示してくれるので、売買のタイミングも一目瞭然です。

未来予測

また、セントラル短資には「パーソナルレコード」という過去の取引履歴から自分のトレードの癖や傾向を把握できるツールも提供されています。トレードが上達するには「取引履歴の分析」⇒「問題点の把握」⇒「取引手法の改善」というPDCAサイクルを回すことが必須。

いかに未来予測チャートが便利とはいっても、このツールだけで勝てるほどFXは甘くありません。未来予測や売買シグナルを参考しながらトレードを行い、その履歴をしっかりと分析する。そして、次のトレードに生かす。この一連の流れをサポートしてくれるのがパーソナルレコードです。

「トレード日記を付けるのが面倒」という方は1度チェックしてみてください。トレードの幅が広がること間違いなしです。

セントラル短資FX 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です