【CRWD】クラウドストライク株式の買い方、購入方法まとめ!

クラウドストライク

この記事ではクラウド型のセキュリティサービスで注目のクラウドストライクを徹底特集!クラウドストライクは革新的なサービスで利用者を急速に増やしている米国のIT企業です。

ここではクラウドストライクの株式の買い方、購入方法と合わせて事業内容から最新決算、今後の見通しまで詳しく解説しているので銘柄選びの参考としてご活用ください。

クラウドストライク株式の現物/CFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NASDAQNASDAQ
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

CrowdStrike(クラウドストライク)とは

クラウドストライクは、クラウドを通じてサイバーセキュリティを提供している会社です。

クラウドストライクのビジネスは従来のサイバーセキュリティと違い、セクターが「エンドポイントセキュリティ(EPS)」だということに特徴があります。

エンドポイントとは、簡単に言えはインターネットに繋がっているすべての機材(PC、サーバー、スマホ、タブレットなど)のことを言います。

AIを使ってクラウドの内側から、それらの機材に異常が発生していないかを監視する、インサイドアウトのクラウド型のセキュリティシステムになります。

EPSセクターで業界のリーダー的存在

従来は、機材毎にソフトウェアをインストールし外部からの攻撃をガードをするファイアウォール型のシステムが主流でした。

しかし、PC以外にもたくさんの機材がインターネットに繋がるようになった昨今、ソフトウェアを最新のものにバージョンアップしていく作業に限界が来ていました。

クラウドストライクの創業者であり、現CEOのジョージ・カーツ氏は元McAfee(マカフィー)のCTO(最高技術責任者)でした。そこでこの市場の課題が見えたことを機会に、2011年にクラウドストライクを創業。

クラウドストライクは、エンドポイントセキュリティ(EPS)セクターで、レーティングサイトトップを獲得しており、今やマイクロソフトと並ぶ最高ランクの業界リーダーです。

競合他社が多い中、サービスの優位性と効率的な収益化モデルで他社より数歩先を進んでおり、世界中から注目・期待されている企業の一つです。

クラウドストライクの会社概要

企業名CrowdStrike Holdings.Inc
本社所在地150 Mathilda Place Suite 300 Sunnyvale, CA 94086 USA
設立年月日2011年11月
代表者Mr. George Kurtz
業種IT・通信(IT&communications)
上場日2019年6月12日
市場NASDAQ
ティッカーCRWD
従業員数3394人

クラウドストライクの3つの強み

FALCON(ファルコン)プラットフォーム

クラウドストライクは「FALCON(ファルコン)」というプラットフォームを提供しています。

ファルコンはクラウドで提供される一連のテクノロジーを一元化し、あらゆる攻撃を防止。さらに、100%クラウド型で提供されているため、セキュリティを即座に稼働させることができます。PCへの負担が非常に少ない軽量サービスである点も他社との優位性があります。

またクラウドストライクは、「1-10-60ルール」というガイダンスをしており、これは「1分でウイルスを検知し、10分で調査、60分で封じ込める」というもので、ウィルス対策のスピード化にも革命を起こしています。

サービスが安価であるが、収益化しやすい料金形態である

クラウドストライクは100%クラウド型のサービスであるため、既存のサービスより一般的に安価になっています。料金形態は、サブスクリプションとプロフェッショナルサービスに分けられます。

ファルコンの使用契約はサブスクリプションです。初期投資も必要なく、コンピュータ1台につき月額900円ほどで導入することができます。

そのため、中小零細企業も個人も簡単にインストールできて気軽にセキュリティー対策ができるため、顧客数も年々増加しています。

また、ファルコンは複数のソリューションをモジュール式で提供しており、サービス自体を設計・構築し直すことなく、新しいセキュリティ対策をプラットフォームに追加できます。このモジュール数が複数になればなるほど、その分収益もアップします。

プロフェッショナルサービスはファルコンとは別の単独契約ですが、このサービスの後にサブスクリプションの契約を締結する顧客も多く、顧客数の増加に繋がっています。

データベースによる「集団防衛体制」

クラウドストライクは、データベースによる「集団防衛体制」を取っています。

顧客企業で発生した事例をすぐに分析し、クラウドを通じて他の顧客企業にもアナウンスして、同種事例の防衛対策をします。つまり、過去にクラウドストライクを利用した企業が受けた事例対策を、新規の顧客も受けることができるという仕組みです。

顧客数が増えるほど事例データが蓄積され、この流れは加速します。このデータベースこそが、ライバル企業が真似できない最大の強みと言えるでしょう。

クラウドストライク(CRWD)の業績

2022年度第2四半期決算(5-7月期)

売上高
3.38億ドル(予想3.23億ドル)〇 市場予想を上回った
EPS
0.11ドル(予想0.08ドル)〇 市場予想を上回った
ガイダンス
第3四半期:3.58~3.65億ドル(予想3.50億ドル)〇 市場予想を上回った
通期:13.9~14.1億ドル(従来13.5~13.7億ドル)(予想13.6億ドル)〇 市場予想を上回った

※出所:クラウドストライク決算情報よりFX手とり作成

クラウドストライクは2021年8月31日の引け後に2022年度第2四半期(2021年7月31日)を発表しました。

売上高は前年同期比70%増の3.38億ドル、調整後EPS(1株当り利益)も0.11ドルと、市場予想を大幅に上回りました

クラウドストライク決算

売上高の9割を占めるサブスクリプションの顧客数も新たに1,660社の顧客を獲得し、合計13,080社、前年同期比81%という驚異的な伸びを記録

また、サブスクリプション利用者の中で4つ以上の機能を利用している比率が66%と高く、こちらも毎期右肩上がりの成長です。つまり、顧客1人当たりの単価が上がっているということです。

年間経常収益(ARR)も13.44億ドルで前年同期比70%と順調な成長です。年間収益率とは、毎年決まって発生する収益のことです。

クラウドストライク決算

顧客売上継続率も125%と一時期よりは減速しているものの、今も高い水準を継続しています。一般的には120%を超えていれば非常に優秀と言われています。総じて素晴らしい決算だったと言えるでしょう。

通期決算では、売上高8.74億ドルと前年比約182%増と年々加速的に増加しています。

クラウドストライクは売上高だけでなく、他にも業績判断となる「SaaSマジックナンバー」や「グロスマージン」などの数字も良く、営業キャッシューフローや現金保有率なども問題のない、決算優良企業です。

2021年5月12日、バイデン大統領による「国家のサイバーセキュリティー態勢の改善に関する大統領令への署名」など、深刻化するサイバー攻撃に備える動きは世界中で注目されています。

これにより、大手企業や公的セクターからの受注も増加しているようですので、今後の成長もまだまだ期待できるでしょう。

クラウドストライクの株価と分析

クラウドストライクチャート

クラウドストライクの株価チャート(週足)

クラウドストライクは、2019年6月12日にNASDAQで株式上場しました。初日は終値58ドルで引けており、現在の株価に対し約4倍になっています。2020年の1年間では約330%の上昇という驚異的な株価上昇を記録

もっとも、最新決算の発表後には株価が約4%の下落となりました。この背景には、市場コンセンサス(来期予想)があります。

売上高は第3四半期、通期共に市場予想を上回るものでしたが、1株当収益(EPS)が市場予想内に留まったことが理由の1つです。同時期に発表されたZOOMの決算発表後の株価大幅下落も投資家心理を冷やしました。

クラウドストライクチャート

クラウドストライクの株価チャート(日足)

2021年8月にNASDAQ100に採用というビッグニュースで発表前に株価が大幅上昇していたため、調整売りが出たとも言えるでしょう。

クラウドストライクはSaaS・サイバーセキュリティー銘柄の中でも特に注目の銘柄です。短期的に株価は上下するものの、現状では多数のファンドや大手著名投資家が持ち株を増やしており、今後の株価上昇にも期待が高まります

クラウドストライクの今後の見通し、展望

世界的なトレンドとして、リモートワークを推奨する企業が増えています。今後、新型コロナ感染症が収束に向かっても、この流れが大きく減少することはないでしょう。

そうなると、サイバーセキュリティ業界の市場はさらに大きくなるのではないでしょうか。従業員がオフィスはもちろん自宅など様々な環境でPC作業をすることになります。

また今は、PCだけでなく、スマホやタブレットも重要なビジネスツールであり、一人が持つエンドポイントは複数なのが当たり前の時代です。

そんな中、クラウドでサイバーセキュリティ環境を容易に構築することで、リモートワークでもセキュリティ対策を行えるようになります。

公的機関の顧客、グーグル、アマゾンとのパートナー戦略にも注目

とりわけ、利便性と比較的安価なクラウドベースのサイバーセキュリティ市場は大きく成長する期待が持てます。

クラウドストライクは、クラウド型エンドポイントセキュティセクターのリーダーカンパニーとして今後益々成長していくことでしょう。

さらに、公的セクターの顧客を獲得しているのも信頼獲得における大きなポイントです。グーグルやAmazonなど大手とのパートナー戦略も功を奏しています。なかでもインパクトが大きいのはAWS(Amazonのウェブサービス)マーケットプレイスの存在です。

今後もクラウドストライクのセキュリティはより強固になり、利用顧客は世界中に増え続けると予想されます。クラウドストライクは、まだまだ今後の成長が期待できる企業と言えるでしょう。

クラウドストライク株の買い方、購入方法

クラウドストライク株の買い方、購入方法

クラウドストライクは米国のNASDAQに上場している米国株式です。クラウドストライク株の買い方は「米国株式の現物取引」もしくは「株式CFD取引に対応したネット証券会社」を利用する方法があります。

クラウドストライクの現物取引に対応した証券会社はDMM 株SBI証券楽天証券マネックス証券です。

このいずれかの証券会社で口座開設を行い、資金を入金すれば購入する準備が整います。クラウドストライクのティッカーは【CRWD】なので、公式サイトにログインし銘柄検索で「CRWD」を検索。

クラウドストライク株の買い方、購入方法

楽天証券のクラウドストライクの購入画面

取引画面が開くので買い注文を選択。後は、取引数量・注文方法・執行条件・決済方法を選択すればクラウドストライクの現物株式を購入することができます。

米国株式は日本株式と違い1株単位から取引が可能です。クラウドストライクであれば、1株あたりの株価が245ドル(2021年10月11日時点)なので、日本円では約28,000円で購入できます。

DMM 株

クラウドストライクを始めとした米国株式に投資するなら注目なのがDMM 株です。

DMM 株は米国株式の取引手数料が0円の証券会社。最低手数料や手数料上限もないため、取引手数料は一切かかりません。

DMM 株

取引ツールも初心者向けから上級者向けまでレベルに応じたツールを配信しています。取引コストを抑えてクラウドストライク株を購入するならDMM 株にご注目を。

→詳しくはDMM 株公式サイトへDMM 株

短期間で大きく利益を狙うならCFD取引

CFD取引

米国株式には現物取引の他にも、CFD取引(株式CFD)という取引方法があります。

CFD取引とは、差金決済取引のことで現物株式をやり取りせず、売買差益のみをやり取りする取引方法です。クラウドストライクの株式CFD取引では最大5倍レバレッジや売りから取引に入る(空売り)ことが可能。

CFD取引

国内株式の信用取引では約3倍のレバレッジしかかけられませんが、株式CFDでは最大5倍のレバレッジをかけられるため、資金効率を高めつつ短期間で大きく利益を狙うことができます。

クラウドストライクであれば、1株あたり約5,500円から取引がスタート可能。CFD取引については、別記事でも解説しているので気になる方はご一読ください。

クラウドストライク株のCFD取引では、IG証券サクソバンク証券の2社が対応しています。

以下に各社の比較表と簡単な証券会社の解説をしているので、気になる証券会社があればチェックしてみてくださいね。

クラウドストライク株の現物/CFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NASDAQNASDAQ
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

IG証券

IG証券

国内でも数少ないクラウドストライクのCFD取引に対応した証券会社がIG証券です。

IGグループはCFD取引のリーディングカンパニーとして世界15カ国以上でサービスを展開。CFD営業収益では世界No.1のグローバルプロバイダーになります。

クラウドストライクの株式CFDにも対応。クラウドストライクに100株を投資する場合、現物株式では約300万円(100株×3万円)が必要です

一方、CFD取引では最大5倍のレバレッジがかけられるため、約60万円(300万円÷5倍)からクラウドストライクに投資が可能。資金効率を飛躍的に高められるのがCFD取引の魅力です。

IG証券

IG証券では、クラウドストライク以外にも注目のグロース株からマイナー銘柄まで約12,000種類の多種多様な株式銘柄を取り揃えています。

リスクを取って短期間で大きく利益を狙いたい」という方はIG証券の株式CFDにぜひご注目ください。

※IGグループの財務情報より(2020年6月時点、FXを除いた収益ベース)

IG証券 公式サイト

クラウドストライク株式の現物取引対応業者一覧表

業者名対応取引取引手数料取引単位取引時間公式
[DMM 株]【DMM 株】現物無料1株23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]SBI証券現物0.495%1枚23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]楽天証券現物0.495%1枚23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券現物0.495%1枚22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM株では円のみでの取引となり為替手数料として1ドルあたり片道25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

マネックス証券なら米国株の日中取引ができる!

マネックス証券

マネックス証券では、2021年9月21日より米国株式の日中取引に対応しました。

日本時間の12:00~17:00の時間帯でも米国株式の取引が可能に。マネックス証券が相手方となる相対取引にて米国株式が購入できます。

対象銘柄はNYダウ30工業株の構成銘柄を中心にマネックス証券の指定銘柄です。日本の深夜帯以外でも取引できるのは魅力的ですね。

「アップル、アマゾン、アルファベットなど米国株式を昼間にも取引したい」という方はマネックス証券がおすすめ!

→詳しくは楽天証券公式サイトへマネックス証券

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です