【最新版】ピンタレストの株式の買い方、購入方法まとめ!

ピンタレストの株価、決算、今後の見通しを徹底解説!

この記事では米国のSNSで注目されている「ピンタレスト(Pinterest)」を徹底特集。ピンタレストはツイッターやフェイスブックとは一線を画す革新的なサービスを提供している米国企業です。

そんなピンタレストの概要、株価、今後の見通し、株の買い方まで詳しく解説しています。ピンタレストへ投資をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

ピンタレスト/現物取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NYSENYSE
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

ピンタレスト(Pinterest)とは

ピンタレストはオンライン上にある自分の好きな画像や動画を集めて、自分のボード(フォルダーのようなもの)に保存・整理し、それをユーザー同士で共有(リピン)するビジュアルツール検索のSNSです。

「Pin(画像を止める)+Interest(興味ある)」が語源になります。興味のあることたとえば、「将来こんな所に行ってみたいな」「こんな服が着たい」など未来の自分の行動のヒントになるものを集めて、楽しんだり参考にしたりするために作られました。

ピンタレストは通常のSNSと違いユーザー同士でいいね!したりコメントやメッセージを送りあったりするものではありません。ただただ好きな画像を集めて自分の未来予想図を画像収集しながら作り上げていくと言う新しい形のSNSになります。

海外ユーザーが順調な伸びを見せている

ピンタレストは2010年に米国のアイオワ州でベン・シルバーマン、ポール・シャッラ、エバン・シャープら3人の起業家が協力して立ち上げたのが始まりでした。

その当時は単に「自分たちが便利に使えて役に立つから」というシンプルな目的でしたが、その後サービスが始まるとたくさんの人に共感してもらうことができ米国を中心に急速に広がりました。

特に、2011年にiPhone用のアプリケーションを公開した時は想像を超えるダウンロード数でした。そして、2019年4月NY証券取引所にて株式上場を果たしています。

現在、月間アクティブユーザー数は約4.7億人です。。足元では、パンデミックからの回復で自宅を出る人が増えたためユーザー数が多少減少していますが、依然高い水準の利用者数をキープしています。

SNSの中でも、検索色の強いピンタレストにとってアクティブユーザー数は命とも言えます。ユーザー数の伸びが横這いになってきた米国市場に変わって、これからは海外でのユーザー数の伸びが期待できると予測されます。

ピンタレストの会社概要

企業名Pinterest.Inc
本社所在地505 Brannan Street San Francisco, CA 94107 USA
設立年月日2008年10月
代表者Mr. Benjamin Silbermann
業種サービス
上場日2019年4月
市場NYSE
ティッカーPINS
従業員数2545人

ピンタレストの3つの強み

ピンタレストの強み

クリックした画像から画像元のリンクに飛べる

ピンタレストの一番の魅力は、自分のピンした画像に画像元のリンクを紐付けることができる点です。

自分の集めた画像をユーザーがクリックするとその画像元のリンクに繋がるため、SNS集客の強力な担い手となっています。また、クリックしたユーザーもそのリンク先から優良な情報を得られるという相互メリットがあるため、ブロガーなどを中心にアクティブユーザー数が急激に伸びています。

感覚的には画像の保存というよりもWebサイト・ページを保存している「ブックマーク」に近いでしょう。この概念から他のユーザーや外部の画像を使う著作権の問題もクリアできています。

企業がショッピング広告として活用できる

人気の高いファッションや料理などのトピックは画像を発見→保存→実際の「行動」につながりやすい特徴があるため、ピンタレストで見つけてもらえば購買意欲に結びつく可能性が高くなります。そのため、個人だけでなく企業がショッピング広告として活用するにもメリットの大きいサービスと言えます。

また、EC関連機能として商品情報をピンタレストに紐付けられる「カタログ」、ピンに商品リンクをタグ付けできる「コレクションピン」、Webサイトの情報を自動的にピンに同期する「リッチピン」、自動で最適化される広告、分析ツールなどの機能があげられます。

これらは、オンラインで商品を販売するEC事業者には有益な機能で、企業の公式ピンタレストアカウントを作成している企業も多くあります。2020年5月には、米国のECプラットフォーマーである「Shopify(ショッピファイ)」がピンタレストと提携しています。

若者層ユーザーの牽引、海外ユーザーの伸び

ピンタレストのユーザーは料理・住宅リフォーム・結婚式の計画などのトピックで、大人の女性ユーザーが多く今でも約60%を占めています。この構成は家計を管理している層を握っておりその点でとても魅力的といえます。

しかし近年、若者層や男性のユーザー数も増えてきています。例えば、iPhoneがiOS14にアップグレードし画面のカスタマイズが自由にできるようになったことで、ピンタレストのアプリインストール数も急増しました。このようにユーザー層が多様化していることで、ますます企業にとっても広告メリットが上がっています。

米国で始まったピンタレストですが、今は米国以外の海外での売上が鍵を握っています。日本ではまだツイッターやインスタグラムほど知名度はありませんが、最近はテレビCMも始まり、じわじわとユーザー数が増えています。

ピンタレストの業績

ピンタレスト決算

2021年7月29日に発表されたピンタレストの第2四半期(2021年6月30日)決算は、売上高約6.1億ドル、前年同期比125%増、1株当たりの利益も25セントと、大きく市場予想を上回りました

しかし、月間アクティブユーザー数(MAU)が約4.54億人と、前年同期比30%増ではあったものの、市場予想を上回ることができませんでした。また、第3四半期の売上高伸び予想が低く、これが投資家に嫌気され株価は時間外取引で大幅に下落する結果になりました。

これまで追い風だった、新型コロナ感染症の巣ごもり需要が、経済の回復を受けて今は足を引っ張ていると言われています。

ピンタレスト決算

しかし、今回のユーザー数の減少はピンタレストをWebで利用する人に限られ、大きな売り上げを生むモバイルアプリを使うユーザー数の減少に比べるとダメージが少ないと説明されています。

売上成長を後押しするのは広告需要です。ショッピング周りのユーザーエンゲージメントは底堅いもので、商品カタログ数は前四半期から50%拡大しています

これは、2020年5月に開始したShopify(ショピファイ)との連携が強い後押しとなっています。

ピンタレストの株価と分析

ピンタレストチャート

ピンタレストは2019年4月に株式上場していますが、公開価格が19ドル→初値は23.75ドルと25%上回っています。わずか2年で株価は約200%近く上昇しています。近年、短期間で時価増額が100億ドル以上になる企業はユニコーンを通り越して「デカコーン企業」と呼ばれており、ピンタレストもその企業の一つです。

ピンタレストチャート

ここ半年間の株価は、決算の結果に翻弄されています。前回の第1四半期(2021年3月31日)に続き、第2四半期(2021年6月30日)決算でも月間アクティブユーザー数が市場予想を上回らなかったため、発表後に大きく株価が下落しています。

特に今回は株価の下落幅が過去一番のマイナス18.2%となり、各社アナリストも今後の予想株価を軒並み引き下げることになりました。

このように、決算結果が増収だったとしても、それが市場予想を下回れば「鈍化」を疑われ大きく売られるという傾向があります。

上場後年数が浅く成長段階にある企業は、毎回しっかりと決算の内容を確認しその本質を見失わないよう、冷静な視点で株価を判断する必要があります

ピンタレストの今後の見通し、展望

Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeなど従来のSNSは通常、ユーザーからのコメントやツイート、批評などで炎上や誹謗中傷を招くリスクがあります。また、自己顕示欲の強いユーザーを見てアンチSNS派も増えています。

そんな中、画像収集に特化した「未来志向型」のピンタレストはそのアンチ派からも注目されていますし、広告主からは「ピンタレストは安全は場所」だと認知されています。

ピンタレストでは年に一度、世界中の全社員と役員が参加する「KNIT CON(ニットコン)」と呼ばれるイベントが行われています。その日だけは全社員が予定を入れずイベントを楽しみます。

KNITというのは「編む」という意味で「社員同士が編み物のように繋がりを深めて協調する」というピンタレストが創業以来大事にしている理念の一つです。

「クオリティ・グロース」を企業理念に掲げているピンタレスト

創業者のシルバーマンは「企業が健康的に成長できるスピードは決まっている」と公言しており、過度な成長志向を避け「クオリティー・グロース」に執着しています。

ピンタレストは「人間の創造性」というポジティブな側面を頼りに拡大してきたことが他のSNSとの一番の差別化と言えるでしょう。

また、Googleが最近発表した「広告制限強化」(個人の閲覧をAIに追跡させない)により、広告主が広告を打つリターンが変わってく可能性がありますが、そのリスクに対してもピンタレストは範疇外にあります。

デメリットとしては、今後の著作権問題とアクティブユーザー数増加の鈍化などがあげられますが、ユーザー数の獲得とさらなる成長のために新しく画期的なサービスの開発や他社との提携など様々な創意工夫がされています。

SNSの業界でも、特に「斬新で革新的」と言えるピンタレスト。その今までにない新しいステージと本質に執着した企業理念。そして、まだまだこれから販路の拡大余地がある点を踏まえると今後も大いに成長が期待できる企業だと言えるでしょう。

以下では、ピンタレストのCFD取引および現物取引に対応した国内証券会社を比較表でまとめています。ピンタレストへ投資をお考えの方は業者選びにご活用ください。

ピンタレスト株の買い方、購入方法

ピンタレスト株の買い方、購入方法

ピンタレストはニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場している米国株式です。ピンタレスト株の買い方としては、米国株式の取り扱いがあるネット証券会社を利用するのが一般的です。

国内ではDMM 株SBI証券楽天証券マネックス証券がピンタレストの現物取引に対応しています。

このいずれかの証券会社で証券口座の開設を行います。口座開設は通常2~3日で完了します。手続き方法は証券会社によって異なりますが、DMM 株や楽天証券は口座開設の申込みから取引までスマホ1つで完結します。

口座開設が完了すれば公式サイトから取引画面にログインが可能。ピンタレストのティッカーは【PINS】なので、米国株式の銘柄検索で「PINS」を検索します。

ピンタレスト

楽天証券のピンタレスト購入画面

取引画面が開くので買い注文を選択。後は、取引数量・注文方法・執行条件・決済方法を選択すればピンタレストの現物株式を購入することができます。

米国株式は日本株式と違い1株単位から取引が可能です。ピンタレストであれば、1株あたりの株価が54ドル(2021年9月16日時点)なので、日本円では約6,000円で購入できます。

DMM 株

ピンタレストを始めとした米国株式に投資するなら注目なのがDMM 株です。

DMM 株は米国株式の取引手数料が0円の証券会社。最低手数料や手数料上限もないため、取引手数料は一切かかりません。

決済方法は円貨決済のみで1ドルあたり25銭の為替手数料が発生します。もっとも、為替手数料が発生するのは楽天証券やSBI証券も同じことなので、取引手数料分のコストを抑えることができます。

DMM 株

取引ツールも初心者向けから上級者向けまでレベルに応じたツールを配信。特に、スマホアプリは初心者でも扱いやすいように工夫が施されています。

最短即日で取引ができるのも注目ポイント。「取引コストはできるだけ抑えたい」「使いやすいツールがいい」という方はDMM 株にご注目ください。

→詳しくはDMM 株公式サイトへDMM 株

短期間で大きく利益を狙うならCFD取引

CFD取引

米国株式には現物取引の他にも、CFD取引(株式CFD)という取引方法があります。

CFD取引とは、差金決済取引のことで現物株式をやり取りせず、売買差益のみをやり取りする取引方法です。ピンタレストの株式CFD取引では最大5倍レバレッジや売りから取引に入る(空売り)ことが可能。

CFD取引

国内株式の信用取引では約3倍のレバレッジしかかけられませんが、株式CFDでは最大5倍のレバレッジをかけられるため、資金効率を高めつつ短期間で大きく利益を狙うことができます。

ピンタレストであれば、1株あたり約1,200円から取引がスタート可能。CFD取引については、別記事でも解説しているので気になる方はご一読ください。

ピンタレスト株のCFD取引では、IG証券サクソバンク証券の2社が対応しています。

以下に各社の比較表と簡単な証券会社の解説をしているので、気になる証券会社があればチェックしてみてくださいね。

ピンタレスト株の現物/CFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]【IG証券】[サクソバンク証券]【サクソバンク証券】
市場NYSENYSE
手数料2.2セント/株約定代金の0.15%
最低手数料USD16.5USD5
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類
最低単位1株50USD
取引時間23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
最低入金額制限無し10万円以上
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

IG証券

IG証券

IG証券はCFD取引のリーディングカンパニーとして全世界で事業展開をしているIGグループの日本法人です。

CFD取引の営業収益では世界No.1のIGグループ。17,000種類以上ものCFD銘柄に対応しており、ピンタレストもCFD取引にて取り扱いがあります。

米国株式/ETF、株価指数、商品、為替、債券までIG証券の口座が1つあれば、大抵の金融商品が取引可能。

「短期間でピンタレストの値動きを狙いたい」「銘柄数は多い方がいい」という方はIG証券のCFD取引にぜひご注目ください。

※IGグループの財務情報より(2020年6月時点、FXを除いた収益ベース)

IG証券 公式サイト

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンク証券は国内でも貴重なピンタレストの現物取引とCFD取引の両方に対応した証券会社です

ピンタレストの現物取引に対応しているネット証券会社はたくさんありますが、CFD取引にも対応している証券会社はなかなかありません。

サクソバンク証券では、現物/CFD銘柄を合わせて12,000種類もの株式銘柄に対応。ピンタレストを始めとした注目グロース株やハイテク株、国内ネット証券では取り扱いのないようなマイナー銘柄も取り扱いがあります。

中上級者向けの証券会社ではありますが、「ちょっとマニアックな銘柄にも投資したい」「取引の幅を広げたい」という方はサクソバンク証券もぜひチェックしてみてください。

サクソバンク証券 公式サイト

ピンタレスト株の現物取引対応業者一覧表

業者名対応取引取引手数料取引単位取引時間公式
[DMM 株]【DMM 株】現物無料1株23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]SBI証券現物0.495%1枚23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]楽天証券現物0.495%1枚23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券現物0.495%1枚22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM株では円のみでの取引となり為替手数料として1ドルあたり片道25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

DMM 株

DMM 株

上記でも簡単に解説しましたが、ピンタレストに現物で投資するならおすすめなのがDMM 株です。

多種多様な事業を展開しているDMMグループの証券サービスがDMM 株です。DMM 株の特徴はなんといっても「米国株式の取引手数料が無料」という点。

DMM 株

国内株式で取引手数料がゼロになる動きは長年に渡ってありますが、DMM 株は一足先に米国株式で取引手数料無料を実施している貴重な証券会社です。

取引手数料以外の取引コストとしては、1ドルあたり25銭の為替手数料が発生しますが、これはSBI証券や楽天証券でも同じこと。

ピンタレストのように配当狙いではなく、キャピタルゲイン(値上がり益)狙いの銘柄であれば、大口取引を除いて為替手数料はそれほど大きな取引コストにはなりません。

さらに、米国株式を国内株式の信用取引の担保できるサービスも提供しています。長期保有の国内株式がある方であれば、資金効率をより高めることが可能です。

「1株~数十株単位でピンタレストに投資したい」「取引コストを抑えつつ、資金効率を高めたい」という方はDMM 株をチェックしてみてください。

DMM 株 公式サイト

SBI証券

SBI証券

「米株投資は初めて」「大手の証券会社で安心してピンタレストに投資したい」という方はSBI証券にご注目を。

SBI証券は、国内ネット証券会社でトップクラスの口座開設数を誇っている証券会社。SBIグループは長年に渡って、日本の金融市場に携わってきた老舗企業グループです。

その実績と信頼は折り紙付き。ピンタレストを始めとした米国株式は4200銘柄以上に対応しており、大手ならではの充実したサービスを受けることができます。

取引コストの面ではDMM 株に軍配があがりますが、質の高いサービスを受けたい、安心して取引したいという方はSBI証券がおすすめ。

SBI証券 公式サイト

楽天証券

楽天証券

ここ数年で急速に口座開設数を伸ばしてきているのが楽天証券です。

楽天証券もSBI証券と肩を並べる大手ネット証券で、独自展開している楽天経済圏の1つのサービスとして証券サービスも手掛けています。

楽天証券の米国株式では、取引手数料の一部が楽天ポイントで返ってきたり、楽天銀行との連携で優遇金利の適用を受けたりすることが可能。

また、対象商品を楽天カードで決済すれば楽天ポイントが貯まるなど、他社にはないメリットが盛りだくさん。楽天銀行や楽天カードを利用されている方は楽天証券も要チェックです。

楽天証券 公式サイト

米国株の取引手数料無料プログラムが開始!

楽天証券

楽天証券では外国株式口座600万口座突破の記念として、2021年7月1日より米国株式の取引手数料無料キャンペーンが開始されました。

7月1日以降で楽天証券の証券総合口座を開設した方が対象で、口座開設月の翌月末までの最大2カ月間、取引手数料が買い/売りともに実質無料になります。

楽天証券を検討されている方は要チェックのキャンペーンです!

→詳しくは楽天証券公式サイトへ楽天証券

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券もピンタレストの現物取引に対応した証券会社です。

マネックス証券の特徴は「米国・中国株合わせて6000銘柄以上」「米国株式の時間外取引に対応」「銘柄スクリーナーが秀逸」という点です。

豊富な取扱銘柄もさることながら、米国株式のプレ・アフターマーケットの時間外取引に対応している貴重なネット証券です。

最大12時間の取引時間があるため、米株の決算発表や突発的なニュースにも柔軟な対応が可能。また、無料で提供されている銘柄スクリーナのツールが非常に高性能です。

SBI証券や楽天証券はすでに口座開設していて、他に便利な証券会社がないかお探しの方はマネックス証券をぜひチェックしてみてください。

マネックス証券 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です