Twitter(ツイッター)株の買い方!最新決算や今後の見通しも解説!

ツイッターの株価、決算、今後の見通しを徹底解説!

この記事では日本でも人気のSNS「Twitter(ツイッター)」を徹底特集!続々と新しいSNSが生まれては淘汰されていく中、ツイッターは変わらぬ独自のサービスを提供しているSNSです。

ツイッターの株の買い方と合わせて事業概要や最新決算情報、今後の見通しまで詳しく解説しているので、ツイッターに投資を検討されている方はぜひご一読ください。

ツイッターに少額から投資するならLINE CFD!

LINE CFD

「ツイッターの株を買いたいけど、いきなり大金を投資するのは不安・・・。」そんな悩みをお持ちの方はLINE CFDにご注目を。LINE CFDはLINE証券から新スタートしたCFDサービスです。

LINE CFDでは米国株式が0.1株(※)という少額から取引可能。ツイッターであれば、数百円から取引がスタートできます。

※銘柄によっては1株単位となる場合もあります。詳しくは公式サイトおよび取引ツールをご確認ください。

LINE CFD

取引手数料は全銘柄で無料。口座開設費用や維持費用など各種手数料も無料なので、安心してツイッター株に投資できます。

「少額からツイッターに投資したい」という方はLINE CFDをぜひチェックしてみください!

→詳しくはLINE CFD公式サイトへLINE CFD

Twitter(ツイッター)について

ツイッター

英語のTweet(ツイート)は、日本語で「つぶやく」という意味です。ツイッターは何気ない日々の「つぶやき」を最大140文字以内という短文で投稿するシステムです。

ユーザー同士が直接繋がり、個人個人のメッセージを手軽に配信できることから「手軽な個人メディアのツール」として世界中に普及しました。

今やフェイスブック、インスタグラムと並ぶ、米国3大SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の一つです。個人だけでなく、企業や店舗間での情報配信の手段、ユーザーである顧客との交流のための活用事例も増えています。

最近では、ロシアのウクライナ侵攻に関して現地に住む人からの情報発信にも利用されています。リアルタイムで発信して瞬く間に世界中に拡散するのがツイッター最大の特徴です。

ツイッターの会社概要

企業名Twitter Inc
本社所在地1355 Market Street Suite 900 San Francisco, CA 94103 USA
設立年月日2007年4月
代表者Mr. Jack Dorsey
業種IT・通信(IT&communications)
上場日2013年11月7日
市場NYSE
ティッカーTWTR
従業員数5500人

ツイッターの3つの強み

投稿がタイムリーで拡散性が高い

ツイッターの一番の強みは、短い文章でつぶやくことによって情報が簡潔でタイムリーになることです。それをユーザー同士が「リツイート」することによって、情報がどんどん拡散されます。その拡散スピードは他のSNSの追随を許しません。

ツイッターはユーザー同士が興味・関心でつながっているため、リツイートされやすいことも特徴として挙げられます。

ツイッターのユーザーは若い世代が多く、その世代が同じ興味・関心を持つユーザー同士で繋がっているため、離れた場所でもその一瞬一瞬の「時間の共有」をすることができる。その「心理的な絆」がツイッターの大きな魅力です。

匿名性

本名、性別、年齢、などを元につながるフェイスブックやインスタグラムと異なって、ツイッターは興味・関心によって繋がっているプラットフォームです。

よって、ユーザー間で年齢や肩書をあまり気にしない、気軽な会話がされる傾向にあります。企業にとっては、商品やサービスについてのクチコミが本音でツイートされるため、ユーザーの会話をマーケティングに利用することもできます。

匿名性は一見デメリットにも見えますが、「手頃な個人メディアのツール」として利用しているユーザーにとってみれば、むしろそのことがメリットになっていると言えます。

多様性

ツイッターは検索ツールとしてもユーザーに用いられています

例えば、交通情報や旅行先の天候、ショップのクチコミなどがこれに該当します。そこには、共感する内容もあれば反対したくなる内容も投稿されており、その多様性を各々のユーザーが許容しています。

また、それらを検索することで共感する内容のツイートが見つけやすく、ユーザー間の会話の拡がりに繋がります。ツイッターは「鍵アカウント」の作成もできるので、同じ興味・関心のあるユーザーのみのグルーピングも可能。

ダイレクトメール機能もあるため、ユーザー間で直接メッセージのやり取りをすることもできます。

イーロン・マスク氏がツイッター買収を撤回

ツイッターは著名人や政治家にも広く利用されています。特に、電気自動車「TESLA(テスラ)」の現CEOであるイーロン・マスク氏は熱烈なTwitter信者であることが有名です。

イーロン・マスク氏といえば、最新の世界長者番付で世界No.1の資産(日本円で約26兆9,000億円)を保有する人物。その圧倒的な影響力からイーロン・マスク氏がツイートするだけで株価が大きく動きます。

2022年4月26日、イーロン・マスク氏が同社株式の100%を440億ドル(約5兆6,000億円)で買収すると公表。しかし、その後「スパムアカウントの割合を把握できなかった」として買収を撤回。

この撤回に対してツイッター社は「重大な契約違反に当たる」として法的措置を取る方針を発表しました。今後の裁判で買収が実現するのか、裁判が長期化する恐れもあるため要注意です。

ツイッターの最新決算情報

2022年度第2四半期決算(4-6月期)

売上高
11.8億ドル(予想13.2億ドル)× 市場予想を下回った
EPS
-0.08ドル(予想0.14ドル)× 市場予想を下回った
mDAU
2.378億人(予想2.387億ドル)× 市場予想を下回った

※出所:ツイッター決算資料よりFX手とり作成

2022年7月23日、米ツイッターは2022年度第2四半期の決算発表を行いました。前回決算が「公開企業として最後の決算発表となる」としていましたが、イーロン・マスク氏が買収を撤回したため決算発表を実施した形となっています。

売上高とEPSは市場予測を下回り、前回決算とは打って変わって厳しい業績となりました。同社は今回の決算に関して、「マクロ環境に起因する広告業界の逆風およびイーロン・マスク氏の関連会社が進めているTwitterの買収に関する不確実性の影響によるもの」としています。

mDAU(1日当たりの平均アクティブユーザー数)は前年同期比16%増加の2億3,780万人となり、こちらもアナリスト予想を若干下回っています。

買収に関して、両者ともに10月の裁判に向けて準備を進めているとしており、裁判の結果が出るまでは今後の見通しも立たないとしています。

前回決算では「買収は2022年中に完了し取締役会も承認している」と公表していたところから急展開となっているため今後の動向には要注意です。

ツイッター(TWTR)株の買い方、購入方法

ツイッターはNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場している米国企業です。

ツイッター株(現物)の買い方としては米国株式の取引に対応している証券会社で口座開設⇒資金を入金⇒銘柄検索に【TWTR】(ツイッターのティッカーシンボル)を入力⇒購入数量、決済方法を選択して購入するだけです。

日本株式の買い方と基本的に同じですが、決済方法が米ドルと円の2種類を選択できます。米ドルを保有していない方は円を米ドルに為替取引(両替)する際に為替手数料が片道1ドルあたり25銭発生します。

ツイッター(TWTR)株の買い方、購入方法

現物取引以外にはCFD取引もツイッター株の買い方の1つです。CFD取引とは、レバレッジをかけることで購入金額の全額を用意しなくても取引できる方法です。

ツイッターの株式CFDでは最大5倍のレバレッジをかけられるため現物取引と比べて5分の1の資金から株を購入することが可能です

「少額資金でも大きく利益を狙いたい」という方はCFD取引にもご注目を。CFD取引に関しては別記事でも詳しく解説しています。

以下ではツイッターの株式CFD取引および現物取引に対応した国内業者を一覧表にしています。気になる証券会社があればチェックしてみてくださいね!

ツイッター株の現物/CFD取引対応業者一覧表

業者名取引手数料銘柄数取引単位取引時間公式サイト
[IG証券]IG証券2.2セント/株約17,000種類1株23:30-6:00[IG証券>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券約定代金の0.15%約9,000種類1株23:30-6:00[サクソバンク証券>詳細]
[GMOクリック証券]GMOクリック証券無料148種類1株23:30-6:00[GMOクリック証券>詳細]
[LINE CFD]LINE CFD無料194種類0.1株23:30-5:50[LINE CFD>詳細]

※各社ともに取引時間は標準時間を掲載(夏時間は1時間早くなります)。IG証券の一部米国株式では取引時間が延長されています。

短期間で大きく利益を狙うならIG証券の株式CFD

IG証券

ツイッターの値動きを利用して短期間で大きく売買差益を狙いたい方におすすめなのがIG証券の株式CFD取引です。

IG証券の株式CFDでは、最大5倍のレバレッジ(国内株式の信用取引は約3倍)をかけることが可能。売りから取引に入る(空売り)もできるため、株価の下落局面でもトレードチャンスとなります

IG証券

IG証券はCFD取引で世界トップクラスのグローバルプロバイダー。17,000種類以上のCFD銘柄に対応しており、IG証券の口座が1つあれば米国株式だけでなく、株価指数、商品、債券まで取引が可能です

さらに、ツイッターは時間外取引にも対応しています。本格的な取引環境をお求めの方はIG証券をぜひチェックしてみてください。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券

ツイッター株式の現物取引対応業者一覧表

業者名対応取引取引手数料取引単位取引時間公式
[DMM 株]【DMM 株】現物無料1株23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]SBI証券現物0.495%1枚23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]楽天証券現物0.495%1枚23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券現物0.495%1枚22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM株では円のみでの取引となり為替手数料として1ドルあたり片道25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。