IG証券とサクソバンク証券を徹底比較!基本スペックから特徴まで詳しく解説!

IG証券とサクソバンク証券比較

全世界に19万人以上のユーザーを持つIG証券、同じくグローバルに金融サービスを提供しているサクソバンク証券。どちらもFX中上級者向けのFX会社として魅力的なサービスを提供しています。

この記事では、そんなIG証券とサクソバンク証券を徹底比較。基本スペックはもちろん、両社の違いを様々な角度から比較しています。IG証券とサクソバンク証券で迷われている方は会社選びにぜひご活用いただければと思います。

IG証券とサクソバンク証券の基本スペック比較

比較項目 [IG証券]IG証券 [サクソバンク証券]サクソバンク証券
スプレッド 原則固定(例外あり) 変動制
約定方式 DD方式 DD方式
(MT4はNDD方式)
通貨ペア 約100種類 150種類以上
CFD銘柄 株価指数、株式、商品 指数/ETF、株式、商品、ETN
バイナリーオプション 対応:22銘柄 非対応
取引手数料 無料 無料
最大発注数量 原則、上限無し(※) 2,500万通貨
最小取引単位 1万通貨 1,000通貨
両建て 可能 可能
初回最低入金額 制限無し 10万円以上
MT4対応 ×

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券 公式サイト

→詳しくはサクソバンク証券公式サイトへサクソバンク証券 公式サイト

最大取引数量が無制限!大口取引ならIG証券!

IG証券

まず、IG証券の大きなポイントは「取引数量が原則、上限無し」という点です。通常、FX会社によって1回当りの取引数量には上限があります。ワンショット最大500万通貨や多いところで1,000万通貨といった具合です。

この点、IG証券は基本的に取引数量が無制限です。数百万や数千万単位で資金を動かす大口トレーダーの方にとっては上限を気にせずポジションを持てるというメリットがあります。

1日当りの最大注文数量や最大建玉数量も原則、上限なし。相場状況によっては注文が通らない場合もありますが、IG証券は大口トレーダーにも対応できるようなサーバー環境がしっかりと準備されています。

国内には数多くのFX会社がありますが、ワンショットに上限を設けていないのはIG証券だけ。さすが、英国でNo.1のリテールFX取引アクティブ口座数を誇るFX会社(※)といったところ。

一方、サクソバンク証券のワンショット上限は2,500万通貨です。こちらも他のFX会社と比べれば大きい方ですが、発注上限を気にするのであればIG証券が最適。

※リテールFX取引アクティブ口座数。Investment Trends UKレバレッジ取引レポート 2019年7月

Check!!

大口トレーダー必見!専属担当が付くIG証券のプレミアムサービス!

IG証券とサクソバンク証券比較

IG証券では、一定の条件を満たしたプロトレーダー向けに専属の担当者が付くプレミアムサービスを提供しています。IGのプレミアムサービスでは、取引コスト優遇や専属担当によるパーソナルサポート、税理士紹介サービスなど特別な待遇を受けることが可能。

また、豪華ディナークルーズやワールドカップのプライベートビューイングなどにも特別招待されます。IG証券のプレミアムサービスを受けるには取引回数や取引量などいくつかの条件があります。興味がある方は要チェック!。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券 公式サイト

取扱い銘柄はIG証券、サクソバンク証券ともに充実!

IG証券とサクソバンク証券比較

IG証券とサクソバンク証券はどちらもグローバルに金融サービスを提供している世界的なプロバイダーです。取扱い銘柄はFXの通貨ペアだけでなく、CFD銘柄や債券、オプション取引など多種多様。

FXの通貨ペアであれば、IG証券は約100種類、サクソバンク証券は150種類以上の通貨ペアに対応しています。IG証券はその他にも国内外株式、株価指数、CFD銘柄、バイナリーオプション、ETF、債権先物なども取扱い。特に、CFD銘柄は約16,000種類以上を取りそろえています。

一方、取扱い銘柄でいえばサクソバンク証券も非常に充実しています。FXの通貨ペアは150種類以上、これだけの通貨ペアに対応しているFX会社はなかなかありません。その他にも海外株式、CFD銘柄、オプション取引、先物取引にも対応。IG証券とサクソバンク証券ともに取扱い銘柄は非常に充実していますね。

約定力に自信があるサクソバンク証券!

FX会社を選ぶときに気になるのが約定力ですよね。スリッページが多い、スプレッドが大きく広がるFX会社はできるだけ避けたいものです。この点、サクソバンク証券は約定力に自信を持っているFX会社です。

特に、指標発表や要人発言などで相場が急変したときに強い約定力と安定したスプレッドを提供してくれます。実際に、矢野経済研究所実施の約定力調査では米国雇用統計が発表される時間帯でも安定したスプレッドを提供していることが結果として出ています。

<2018年3月9日、矢野経済研究所実施調査結果>
米ドル/円 実質取引コスト
サクソバンク証券

ユーロ/米ドル 実質取引コスト
サクソバンク証券

サクソバンク証券のスプレッドは変動制を採用しており、常に一定ではありません。しかし、原則固定のFX会社でも相場急変時にはスプレッドが大きく広がる業者もありますよね。特に、スキャルピングを行う人からすれば急なスプレッドの拡大は命取りです。

サクソバンク証券はサーバーに強みを持っているのでスキャルピングなどの超短期トレードも公式で認められています。FX中上級者向けのサービスを提供しているだけあって、しっかりとした約定力と安定したスプレッドがサクソバンク証券の大きな魅力ですね。

別記事でも、約定力に自信があるFX会社を特集しているので、気になる方はそちらもぜひご一読ください。

Check!!

もう滑らない!IG証券のノースリッページ注文にも注目!

IG証券とサクソバンク証券比較

IG証券では、ポジション決済専用のストップ注文として「ノースリッページ注文」という注文方法を提供しています。ノースリッページ注文はその名の通り、スリッページが一切発生しない注文方法です。

ノースリッページ注文が設定されたポジションは指定レートで確実に決済されます。「逆指値が滑って損失が膨らむ」という心配から解放されるのがIG証券のノースリッページ注文です。

ノースリッページ注文を設定するには一定の保証料が必要ですが、コストはリーズナブルです。米ドル円10万通貨の取引で保証料は1,000円程度なので、相場急変が予想される場面で有効活用できます。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券 公式サイト

取引ツールが充実しているのはサクソバンク証券

IG証券

FX会社を選ぶときには取引ツールも見逃せません。FX会社毎に特徴的な取引ツールを用意しており、実際にトレードするときには使い勝手に大きな差が出ます。

サクソバンク証券では、プロトレーダー向けの「Saxo TraderPRO」、ブラウザ版とは思えないほどの機能性を誇る「Saxo TraderGO」を用意しています。特に、Saxo TraderPROは圧倒的な機能性を誇るまさにプロ向けの取引ツールです。

サクソバンク証券で取扱いしている150種類以上の通貨ペアやCFD銘柄をすべて表示可能。テクニカル指標は50種類以上、描画ツールは21種類を標準搭載しています。

さらに、PCツールとスマホアプリが同期しておりPCで引いたトレンドラインや設定したテクニカル指標はそのままスマホアプリで確認できます。PC版とスマホが連動している取引ツールはかなり貴重です。

また、サクソバンク証券は全世界で利用されているチャートツール「MT4(メタトレーダー4)」や人気急上昇中の「TradingView(トレーディングビュー)」にも対応。取引ツールの豊富さであればサクソバンク証券に軍配が上がります。

バイナリーオプションをするならIG証券!

IG証券

IG証券はFX以外のオプション取引としてバイナリーオプションを取扱い。サクソバンク証券ではバイナリーオプションができないので、バイナリーもするという方はIG証券が最適。

IG証券のバイナリーオプションはFXの通貨ペア7種類、株価指数11銘柄、商品3銘柄の合計21銘柄に対応しています。国内のバイナリー対応FX会社ではFXの通貨ペアだけの取扱いが一般的。

この点、IG証券では日経225やNYダウなどの株価指数、NY原油やNY金・銀といった商品でもバイナリーオプションが可能です。

バイナリーオプションでもFXと同様、1日当り・1回当りの取引数量に上限はありません。FXのトレードとバイナリーオプションは同じ取引ツールから簡単に切替えられるので、取引もスムーズです。

IG証券のバイナリーオプションに関しては別記事にて詳しくまとめているので、気になる方はご一読ください。

Check!!

オプション取引の新しい形!IG証券のノックアウト・オプション!

IG証券とサクソバンク証券比較

IG証券はオプション取引の1つとしてノックアウト・オプションを取扱い。ノックアウト・オプションとは、損失額を限定しながらリスク許容度に応じてオプション料を選択可能なオプション取引です。

ノックアウト価格と呼ばれる損切レベルを事前に設定するのがノックアウト・オプションの特徴。現在レートに対してノックアウト価格をどの水準に設定するかによってオプション料が変わります。

値動きを正確に予測し、ノックアウト価格を現行レートと近い水準に設定すれば少ない資金でオプションが購入できます。レートがノックアウト価格に達するとポジションは自動決済されるため、最大損失が限定されているのもポイント。逆に、利益確定に制限はありません。

守りは固めながらチャンスで大きく利益を狙えるのがノックアウト・オプションの魅力です。気になる方はIG証券の公式サイトで詳しく解説されているので、ぜひチェックしてみてください。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券 公式サイト

自分のトレードスタイルに合わせて選ぶ

IG証券とサクソバンク証券比較

ここまでIG証券とサクソバンク証券の色々な角度から解説してきましたが、いかがでしょうか。IG証券とサクソバンク証券ともに世界的な金融プロバイダーであり、それぞれに魅力的なサービスを提供しています。自分のトレードスタイルと照らし合わせて最適だと思った方を検討して頂ければ幸いです。

IG証券 公式サイト

サクソバンク証券 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です