【最新版】TLTの株価、配当利回り、証券会社を徹底解説!

【最新版】TLTの株価、配当利回り、証券会社を徹底解説!

この記事では、米国長期債券ETFであるTLT(iシェアーズ米国債20年超ETF)を徹底特集。TLTの概要から、配当利回り、値動きまで詳しく解説しています。

また、TLTの取り扱いがある証券会社も解説しているので、銘柄選び、証券会社選びの参考としてご活用ください。

TLTの現物・CFD取引対応!証券会社一覧表

業者名対応取引取引手数料取引単位取引時間公式
[DMM株]DMM 株現物無料1枚23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]SBI証券現物0.495%1枚23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]楽天証券現物0.495%1枚23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券現物0.495%1枚22:00-10:00[マネックス証券>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券現物
CFD(※)
0.25%1枚23:30-6:00[サクソバンク証券>詳細]
[IG証券]IG証券CFD2.2セント/1株1枚23:30-6:00[IG証券>詳細]

※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

TLT(iシェアーズ米国債20年超ETF)

TLTについて

運用会社BlackRock国籍米国
カテゴリETF市場NASDAQ
設定日2002年7月22日ベンチマークバークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)インデックス
配当月毎月経費率0.15%
基準価額115.06ドル(※)純資産額約170億ドル(※)

※基準価額、純資産額は2021年8月5日時点

TLTは長期の米国債券20年超に投資するETF(上場投資信託)です。運用会社は米国ETFで有名なブラックロック社。同社の人気シリーズ「iシェアーズ」の長期債券ETFとして運用されています。

設定日は2002年、運用から20年ほど経過している米国ETFで純資産額は約170億ドル(1兆8500億円)にも上ります。米国長期国債ETFのなかでもトップクラスの純資産額がある銘柄です。

ベンチマークインデックスはバークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)インデックス。残存期間20年以上の米ドル建て債券で99.99%が構成されています。

経費率は0.15%と短期国債ETF(AGG、BND)の0.04%と比べれば高めですが、100万円の運用でも年1500円程度の経費です。

分配金(配当)は毎月支払われ、平均で年2.5~3%程度の利回りがあります。TLTは米国の長期国債ETFの代表的な銘柄の1つです。

TLTの特徴と注目ポイント

TLTの特徴

長期債券らしい値動きで、ポートフォリオのリスク分散に活用できる
純資産規模が大きく流動性が高い=売買がしやすい
安定した利回りで毎月分配金がもらえる
インカムゲインだけでなくキャピタルゲイン(値上がり益)も同時に狙える

TLTの値動きを比較

TLTの値動き

上記はTLTとVOO(S&P500連動ETF)の値動きを対数チャートで比較したものです。

TLTは米長期債のみで構成された銘柄ですが、見事にS&P500と逆相関を示しています。2020年3月のコロナッショク時はVOOがマイナス35%の下落を記録しました。

一方、TLTは25%近い上昇を記録。2008年のリーマンショック時も同じように株式相場の下落と逆相関の動きをしています。

TLTはポートフォリオのリスクヘッジに有用

一般的に、残存期間の短い国債は値動きが安定し利回りが低く、逆に長期国債は値動きが荒く利回りが高いという特徴があります。

短期国債を主な構成銘柄とするAGG、BNDの過去3年の標準偏差(中央値からの乖離率)が3.94%なのに対して、TLTの標準偏差は13.86%です。同じ債券ETFでもTLTは4倍近い値動きをすることになります。

株式市場が暴落するような局面ではTLTが大きく値上がりするため、株式ポートフォリオのリスク分散には最適な銘柄です。

逆に、株式市場と相関が低く、よりボラティリティの低い値動きをする銘柄であればAGGやBNDがおすすめ。別記事で解説しているので気になる方はご一読ください。

次は、TLTの資産構成、配当実績、リターンをみていきます。

TLTの資産構成

TLT

TLTはほぼすべてが米国財務省証券(米国債)で構成されています。残存期間は20年超となっており、信用格付けはAAA(最高ランク)です。

債券ETFの銘柄によっては、信用格付けの低い社債やその他債券を組み込んでいるものもありますが、TLTは純粋に米国長期国債に投資する銘柄になります。

TLTの配当実績、利回り

TLT

権利落ち日支払日分配金単価
2021年8月2日2021年8月6日0.181723
2021年7月1日2021年7月8日0.187502
2021年6月1日2021年6月7日0.199272
2021年5月3日2021年5月7日0.203071
2021年4月1日2021年4月8日0.185064
2021年3月1日2021年3月5日0.171726
2021年2月1日2021年2月5日0.175774

上記は、2003年から2020年までの年間分配金合計値の推移と2021年8月までの分配金単価です。

長期的にみれば分配金の年間合計値は下落傾向ですが、利回りとしては年平均2.5~3.0%前後です。

利回りは取得時の債券価格によって変動するため、債券価格が上昇すれば利回りは低く、逆に債券価格が下落すれば利回りは上昇します。

株式市場がリスクオンになれば株式が買われ、債券が売られるため利回りは上昇。リスクオフになれば、株式が売られ債券が買われるため利回りは低下となるのが一般的な傾向です。

また、債券価格は市場金利による影響も大きく受けます。

現状で米国政府は新型コロナのパンデミックから景気を回復させるため、ゼロ金利に近い金融緩和政策を取っています。もっとも、ワクチン接種が順調に進んでいる米国では金融緩和策からインフレ懸念が広がり、金融引き締めがいつになるか議論されている状況です。

金融政策の引き締め(市場金利の上昇)は債券の価格下落につながります。TLTをはじめとした債券ETFに投資される際は株式市場と金利動向には注意が必要です。

TLTのトータルリターン

TLTのトータルリターン表

項目1年3年5年10年設定来
リターン率-10.71%7.97%3.05%7.03%6.59%
市場価格-11.87%7.61%2.87%6.99%6.61%

※TLTは2021年6月30日時点。引用:BlackRock公式サイト

次は、TLTのリターン(値上がり益)をみていきます。TLTは運用から20年ほど経過しているETFですが、設定年来からのリターンはプラス約7%です。

直近1年はマイナスですが、直近3年では約プラス8%となかなかのリターンを記録しています。債券ETFは安定した値動きが特徴ですが、TLTは比較的値動きの大きい銘柄です。

年間で2.5~3%前後の分配金をもらいつつ、値上がり益も十分に狙えるのがTLTの魅力です。次は、TLTを取り扱いしている証券会社を解説してきます。証券会社選びの参考にしてみてください。

TLTの取り扱いがある国内業者を解説

DMM 株

DMM株

米国株式、ETFに投資するなら注目したいのがDMM 株です。DMM 株はネット証券会社のなかでも貴重な「米国株式の取引手数料が0円」の証券会社です。

TLTなどの債券ETFや米国個別株式はどれだけ取引しても取引手数料がかかりません。別途、為替手数料として1ドルあたり25銭が発生しますが、SBI証券や楽天証券でも為替手数料は発生します。

取引コストを抑えるならDMM 株はおすすめの証券会社です。

DMM株

ただし、1点注意したいのは「TLTの分配金にも為替手数料がかかる」という点です。DMM 株は円貨決済にのみ対応しており、米ドルで支払われた分配金は自動的に円転されます。

この自動円転の際に為替手数料が発生します。少額取引であれば、それほど大したコストではありませんが、大口取引をされる方はご注意ください。

分配金や配当を受取らない米国株式やETF、もしくは少額からTLTを取引したい方はDMM 株が最適です。

DMM 株 公式サイト

SBI証券

SBI証券

大手ネット証券会社として長年に渡って金融サービスを提供してきたSBI証券でもTLTの現物取引に対応しています。

口座開設数は600万口座を突破。国内の証券会社といえばSBI証券といっても過言ではないほど、知名度・実績ともに折り紙つきの証券会社です。

SBI証券は大手ならではの充実したサービスが特徴。米国株式は4200銘柄を取り揃え、円貨決済・外貨決済にも対応しています。

約定金額×0.495%(税込)の取引手数料はかかりますが、「大手証券会社で安心して債券投資をしたい」という方はSBI証券がおすすめ。

SBI証券 公式サイト

楽天証券

楽天証券

ここ数年で急速に口座開設数を伸ばしてきているのが楽天証券です。

楽天証券もSBI証券と同様、多彩な金融商品を取り扱いしており、TLTやAGG、BNDなど各種債券ETFおよび米国株式の現物取引が可能。

楽天証券の特徴は「時期に応じて開催されるお得なキャンペーンがある」という点。米国株式の取引手数料がキャッシュバックされるものや、楽天ポイントのプレゼントなど多彩なキャンペーンが随時、開催されています。

「どうせ開設するならお得なキャンペーンを適用させたい」という方は楽天証券をチェックしてみてください。

楽天証券 公式サイト

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券も米国株式に力を入れている証券会社でTLTの現物取引に対応しています。

米国株式はSBI証券と同じく4200銘柄以上に対応。中国株式を合わせれば6000銘柄以上の海外株式が取引できます。

また、米国株式はプレ・アフターマーケットの時間外取引に対応しており、最大12時間の取引時間に対応。買付時の為替手数料も無料です。

SBI証券や楽天証券と比べれば知名度は低いですが、TLTに投資するならマネックス証券も要チェック。

マネックス証券 公式サイト

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンク証券は国内の証券会社では珍しい米国株式の現物取引とCFD取引の両方に対応した証券会社です。

CFD取引とは、現物をやり取りせず売買差益のみをやり取りする取引方法で日本株式でいう信用取引のことです。

株式CFDでは最大5倍のレバレッジをかけることができたり、売りから取引に入る(空売り)も可能。

TLTのような株式と逆相関の動きをする銘柄では、株式相場の下落に合わせてTLTにレバレッジをかけることで少ない資金でポートフォリオのリスクヘッジに活用できます。

現物で保有したい場合でもサクソバンク証券なら両方で取引可能。その他、海外債券先物や個別株も多彩に取り揃えているのがサクソバンク証券の魅力です。

サクソバンク証券 公式サイト

IG証券

IG証券

IG証券はTLTをはじめとした債券、米国株、商品、株価指数など多彩なCFD銘柄を取り扱っている証券会社です。

親会社のIGグループは全世界23万人以上の顧客を抱えるグローバルプロバイダー、その日本法人がIG証券です。

IG証券では、約17,000種類以上のCFD銘柄に対応しており、債券からコモディティ、外国為替まで国内随一のラインナップを取り揃えています。

TLTの取引方法はCFD取引のみですが、「ポートフォリオのリスクヘッジにCFD取引を活用したい」という方にはIG証券もおすすめ。

IG証券 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です