トレーディングビュー&CFD取引対応の国内業者を解説!対応銘柄から使い方まで紹介

この記事には広告・プロモーションが含まれています

トレーディングビュー&CFD取引対応の国内業者を解説!

トレーディングビューでチャート分析ができて、かつ、ゴールドや日経225などのCFD取引に対応している国内業者を探してる!」

という方のために、当記事ではTradingView(トレーディングビュー)が使えて、CFD取引を取り扱っている業者を紹介しています。

「TradingViewと口座連携してCFD取引する方法」と「内蔵版TradingViewを使う方法」の2パターンを解説。ぜひ参考にしてみてくださいね。

トレーディングビューでCFD取引ができる業者は?

トレーディングビューでCFD取引ができる業者は?

冒頭でもお伝えしたように、TradingView(トレーディングビュー)でCFD取引をする方法として、当記事では2パターンの方法を解説しています。

1つは「TradingViewと口座連携してCFD取引をする方法」。TradingViewは基本的にチャート分析用ツールですが、一部の業者はTradingViewとの口座連携に対応しており、連携すればTradingView上で発注やポジション管理が可能となります。

利用できる分析機能は契約プランで異なりますが、本来のTradingViewを活用したい場合におすすめ。

もう1つは「内蔵版のTradingViewを使う方法」。CFD取引を扱っている国内業者の中には、自社ツール内にトレーディングビューを内蔵している業者がいくつか存在します。

内蔵版の場合、分析できる銘柄は各社の取り扱い銘柄に限定されたり、オリジナルスクリプトを使えなかったりしますが、TradingViewチャートを無料で使えるのがメリット。

それぞれの方法を利用できる、国内のCFD対応業者は以下の通り。

TradingView上でCFD取引ができる業者一覧

いずれも口座連携の利用料は無料ですが、TradingViewで使える機能は契約プランによって異なります(プランごとの違いはこちら)。また、いずれの業者もPCツール・スマホアプリ両方での口座連携に対応しています。

CFD対応業者TradingView上で取引できる銘柄公式サイト
[サクソバンク証券]サクソバンク証券日本株や米国株などの個別株CFD(約8,800銘柄)
外国株式の現物取引(11,000銘柄以上)
FX(150通貨ペア以上)
[サクソバンク証券>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com株価指数CFD(17銘柄)
FX(84通貨ペア)
[FOREX.com>詳細]

(※:「TradingView上で取引できる銘柄」の項目にはTradingView上で取引できる、CFD銘柄を含むすべての銘柄を記載)

内蔵版TradingViewでCFD銘柄を分析できる業者一覧

いずれの業者も内蔵版TradingViewの利用料は無料です。

CFD対応業者分析できる銘柄内蔵版TradingViewの特徴公式サイト
[ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF GX)]ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF GX)商品CFD(4銘柄)
暗号資産CFD(4銘柄)
FX(29通貨ペア)
・PCツールにTradingView内蔵
・6分割チャート表示対応
・ノックアウトオプションも分析可能
[ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF GX)>詳細]
[GMO外貨(外貨ex CFD)]GMO外貨(外貨ex CFD)株価指数CFD、商品CFD、バラエティCFD(20銘柄)・PCツールにTradingView内蔵
・8チャート同時表示可能(※1)
・インジのテンプレ保存対応
[GMO外貨(外貨ex CFD)>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com株価指数CFD(17銘柄)
FX(84通貨ペア)
・PCツール、スマホアプリにTradingView内蔵
・TradingViewとの口座連携も可能
[FOREX.com>詳細]

(※:「分析できる銘柄」の項目には各社の内蔵版TradingViewで分析できる、CFD銘柄を含むすべての銘柄を記載)
(※1:GMO外貨のTradingViewチャートは最大8枚の独立ウィンドウを表示可能。同一ウィンドウ内での分割チャート表示は非対応)

トレーディングビューでCFD取引をする方法は?

次に、TradingView(トレーディングビュー)でCFD取引をする2パターンの方法について、それぞれの利用方法を解説していきます。興味のある項目をチェックしてみてくださいね。

TradingViewと口座連携してCFD取引をする方法

以下では「サクソバンク証券」を例にして、口座連携の方法を紹介。ここではPCブラウザ版のTradingViewを使っていますが、デスクトップアプリ版やスマホアプリ版でも連携は可能です。

また前提として、トレーディングビューで口座連携する場合は、トレーディングビューでのアカウント登録と、連携する業者の口座が必須です。

TradingViewと口座連携してCFD取引をする方法

では実際に口座連携を進めていきます。

トレーディングビューにログインした状態で、取引ツール内の「トレードパネル」をクリックし、連携したい業者を選択。

TradingViewと口座連携してCFD取引をする方法

上記のような画面が表示されるので、「このボックスをチェックすることで〜」と書かれている項目にチェックを入れて、「接続」をクリック。

TradingViewと口座連携してCFD取引をする方法

次に上記のようなログイン画面が表示されます。サクソバンク証券の場合、同社の自社ツール(SaxoTraderGOなど)にログインする時と同じID・パスワードを入力します。次に「ログイン」をクリック。

TradingViewと口座連携してCFD取引をする方法

口座連携が完了しました。トレードパネルでサクソバンク証券の口座管理を行えるようになり、注文パネルの表示も可能となります。

→詳しくはサクソバンク証券公式サイトへサクソバンク証券

内蔵版のTradingViewを使う方法

内蔵版のTradingView(トレーディングビュー)は文字通り、対応各社の取引ツール内に搭載されています。

口座連携を利用する場合はTradingViewでのアカウント登録が必須ですが、内蔵版の場合はTradingViewでのアカウント登録は不要。

ゴールデンウェイ・ジャパン」や「GMO外貨(外貨ex CFD)」の口座開設を行えば、無料で簡単に表示することができます。ちなみに、ゴールデンウェイ・ジャパンはデモ口座でもTradingViewチャートを使えます。

内蔵版のTradingViewを使う方法

上記画像はゴールデンウェイ・ジャパンのPC取引ツールの画面。

同ツール内では特別な操作は不要で、デフォルト状態でTradingViewチャートが表示されています。

内蔵版のTradingViewを使う方法

ゴールデンウェイ・ジャパンの取引ツールでは、最大6分割チャート表示が可能。スピード注文パネルの併用もできます。

→詳しくはゴールデンウェイ・ジャパン公式サイトへゴールデンウェイ・ジャパン

トレーディングビューが使えるCFD対応業者の解説

サクソバンク証券

サクソバンク証券

おすすめポイント!
  • 個別株CFDをTradingViewで取引するならココ!
  • 外国株式CFDも日本株式CFDも豊富に対応!
  • 外国株式(現物)とFX通貨ペアの分析も対応!

サクソバンク証券はTradingView(トレーディングビュー)での口座連携に対応。PCツール・スマホアプリの両方で連携できます。

同社のCFDは株式、商品、株価指数など多数あるのですが、TradingView上で取引できるCFD銘柄は株式(米国株や日本株など)のみです。

とはいえ、株式CFDをTradingView上で取引できる国内業者はサクソバンク証券だけなので、かなり大きなメリットと言えます。日本株CFDは約1,500銘柄も対応。

→詳しくはサクソバンク証券公式サイトへサクソバンク証券

サクソバンク証券

上記画像はTradingViewにてサクソバンク証券の口座連携を行った後の画面。試しにトヨタ自動車のチャートを表示させ、注文パネルを出しています。

通常のトレーディングビューを使うので、ツール内で利用できる機能は契約プランに依存。ただ、取引機能は無料プランでも使えます。

また、サクソバンク証券は株式CFDの他に、外国株式(現物)とFX通貨ペアをTradingView上で取引することも可能。同社のTradingViewの詳細については、特集記事も参考にしてみてくださいね。

TradingView関連の基本情報

TradingViewの利用形式TradingViewとの口座連携に対応
TradingView上で取引できる銘柄株式CFD(約8,800銘柄)
・外国株式の現物取引(11,000銘柄以上)
・FX(150通貨ペア以上)

サクソバンク証券 公式サイト

個別株CFDの取引手数料がすべて無料化!

個別株CFDの取引手数料がすべて無料化!

(※:出所 サクソバンク証券 新着情報・重要なお知らせ
(※:サクソバンク証券の取引手数料は無料ですが建玉を持ち越した際のオーバーナイト金利等、その他の費用が発生する場合があります)

取引手数料の見直しを進めてきたサクソバンク証券にて、2024年6月3日(月)より、個別株CFDおよびその他証券CFDの取引手数料の無料化が実施!

米国株や日本株はもちろん、香港株やドイツ株、フランス株、オーストラリア株など、取り扱っている全個別株CFDの取引手数料が廃止となります。

米国株CFDでは最低手数料だけで8.8米ドルが必要だったため、そこがネックという方は多かったのではないでしょうか。スプレッドは発生しますが、手数料改定後は少額取引でも大口取引でも取引手数料は無料。今後の進展にも注目です。

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF GX)

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF GX)

おすすめポイント!
  • 内蔵版のTradingViewチャートを無料で使える!
  • ゴールドや原油に加え、暗号資産CFDも対応!
  • 有料プラン相当の6分割チャート表示に対応!

ゴールデンウェイ・ジャパンの「FXTF GX」はFX取引を中心としたサービスですが、同時に商品CFDと暗号資産CFDにも対応しています。商品CFDではゴールド(金)や原油などの取引が可能。

「FXTF GX」ではPCツールにトレーディングビューのチャート機能が内蔵されています。取引画面を表示するだけで、トレーディングビューの高度なチャート機能を活用できるのが魅力。

→詳しくはゴールデンウェイ・ジャパン公式サイトへゴールデンウェイ・ジャパン

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF GX)

上記画像は、FXTF GXの取引ツールにて、TradingViewチャートの分割表示を行っている画面です。チャートの分割表示は有料プラン相当の機能ですが、ゴールデンウェイ・ジャパンでは無料で使えます。ただ、チャート間の同期は非対応。

ちなみにゴールデンウェイ・ジャパンでは、商品銘柄とFX通貨ペアのノックアウトオプションも取り扱っていて、それらの銘柄も内蔵版トレーディングビューで分析できます。

TradingView関連の基本情報

TradingViewの利用形式・PCツールにTradingView内蔵
内蔵版TradingViewで分析できる銘柄商品CFD(金、銀、原油、天然ガス)
・暗号資産CFD(BTC/JPY、ETH/JPY、BTC/USD、ETH/USD)
・FX(29通貨ペア)
内蔵版TradingViewの特徴・ツールの利用料は無料
・最大6分割チャート表示対応

・インジケーター100種類以上
・描画ツール80種類以上
・ノックアウトオプション(商品CFD、FX)の分析も対応

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF GX)公式サイト

【商品CFD】新規口座開設キャンペーン開催中!

【商品CFD】新規口座開設キャンペーン開催中!

ゴールデンウェイ・ジャパンでは商品CFDの新規口座開設キャンペーンを開催中です。商品CFD口座を新規開設(すでにFX口座をお持ちの方も対象)し、商品CFDの新規取引を1回以上行えば1,000円プレゼント。

キャンペーンは2024年6月28日取引終了時までの期間限定となっています。FXTF GXに興味のある方、TradingViewチャートで金や原油の分析を行いたい方は要チェック!

GMO外貨(外貨ex CFD)

GMO外貨(外貨ex CFD)

おすすめポイント!
  • 株価指数CFDや商品CFDなど豊富な銘柄に対応!
  • 独立ウィンドウにて最大8枚のチャートを表示!
  • インジケーターのテンプレート保存が可能!

GMO外貨のCFDサービス「外貨ex CFD」では、PC環境にてTradingViewチャートを利用可能。ちなみに、同社ではFXサービスも扱っていますが、そちらはTradingView非対応なのでご注意ください。

「外貨ex CFD」はCFD対応銘柄の多さが魅力。日本225や米国30などの株価指数CFD、ゴールド(金)や天然ガスなどの商品CFD、米国VI(VIX先物)まで取引できます。

→詳しくはGMO外貨公式サイトへGMO外貨

GMO外貨「TradingView」のココに注目!

「外貨ex CFD」のTradingViewチャートは、PC取引画面から起動可能。取引画面とは別のウィンドウにて起動し、最大8枚まで同時表示できます。

また、インジケーターのテンプレート保存とレイアウト保存に対応しているので、お気に入りのインジケーター設定あるいはチャート設定をすぐに反映できるのもメリット。

TradingView関連の基本情報

TradingViewの利用形式・PC版の取引画面から別ウィンドウにてTradingViewチャートを起動
内蔵版TradingViewで分析できる銘柄株価指数CFD(日本225、米国30、米国S500、米国NQ100、米国NQ100ミニ、上海A50、ドイツ40、ユーロ50、香港H)
商品CFD(金スポット、銀スポット、WTI原油、天然ガス、コーン、大豆、小麦、銅先物、ガソリン、ヒーティングオイル)
バラエティCFD(米国VI)
内蔵版TradingViewの特徴・ツールの利用料は無料
・独立ウィンドウにて最大8枚のチャートを同時表示可能

・インジケーター100種類以上
・描画ツール80種類以上
・インジケーターのテンプレート保存対応
・レイアウト保存対応

GMO外貨(外貨ex CFD)公式サイト

CFD取引でFX取引がお得になるキャンペーン開催!

CFD取引でFX取引がお得になるキャンペーン開催!

GMO外貨では「CFD取引でFXお得パックキャンペーン」を実施中です。

キャンペーン期間中、月ごとのFX通貨ペアの新規取引数量に応じたキャッシュバックを実施。通常は米ドル円を除く全通貨ペアが対象ですが、当月中にCFD取引1回以上で米ドル円も対象になります。キャッシュバック金額は月ごとに最大10万円。

CFD取引でFX取引がお得になるキャンペーン開催!

キャンペーン期間は2024年1月4日〜2024年6月28日までの約半年間。エントリー必須なのでご注意ください。

外貨ex CFDの利用を検討されている方で、GMO外貨のFX取引も利用したいという方はお見逃しなく。

FOREX.com

FOREX.com

おすすめポイント!
  • 口座連携と内蔵版TradingViewの両方に対応!
  • 豊富な株価指数CFDの分析・取引に対応!
  • ノックアウトオプションの分析も可能!

FOREX.comはトレーディングビューとの口座連携に加え、内蔵版のトレーディングビューにも対応している珍しい業者です。

いずれの場合も株価指数CFDと、FX通貨ペアの分析・取引が可能。株価指数CFDは日経225(Japan 225)やS&P500(US SP 500)など豊富に揃っています。

→詳しくはFOREX.com公式サイトへFOREX.com

FOREX.com

FOREX.comの内蔵版トレーディングビューでは、高度なチャート分析が使えるだけでなく、チャート上から直接発注・変更などができるのもメリット。

また、内蔵版トレーディングビューをPCツールはもちろん、スマホアプリでも活用できる貴重な業者でもあります。

TradingView関連の基本情報

TradingViewの利用形式TradingViewとの口座連携に対応
・PCツール、スマホアプリにTradingView内蔵
TradingView上で取引できる銘柄株価指数CFD(UK 100、US SP 500、US Tech 100、EU Stocks 50、Wall Street、Germany 40、France 40、Singapore Index、China 50、Hong Kong 50、Australia 200、Italy 40、Japan 225、Netherlands 25、Spain 35、Switzerland 20、US Small Cap 2000)
・FX(84通貨ペア)
内蔵版TradingViewで分析できる銘柄株価指数CFD(UK 100、US SP 500、US Tech 100、EU Stocks 50、Wall Street、Germany 40、France 40、Singapore Index、China 50、Hong Kong 50、Australia 200、Italy 40、Japan 225、Netherlands 25、Spain 35、Switzerland 20、US Small Cap 2000)
・FX(84通貨ペア)

FOREX.com 公式サイト

みんなのFXやLIGHT FXはCFD対応?

「みんなのFX」や「LIGHT FX」はCFD対応?

みんなのFXLIGHT FXも内蔵版トレーディングビューが使えるけど、それらの業者もCFD取引に対応しているの?」と気になる方もいるかもしれません。

既にお伝えしている通り、内蔵版のトレーディングビューは各社で取り扱っている銘柄あるいは通貨ペアのみ分析できます。

「みんなのFX」や「LIGHT FX」はCFD対応?

残念ながら今のところ、「みんなのFX」「LIGHT FX」はFX通貨ペアのみ対応なので、商品CFDや株価指数CFDのチャート表示は非対応となっています。

利用者からの要望が多かったり、世の中の需要がさらに高まったりすれば、ゴールドや日経225のCFDに対応する日が来る…かもしれません。

みんなのFX 公式サイト

LIGHT FX 公式サイト

トレーディングビュー対応“以外”のCFD対応業者はこちら!

トレーディングビュー対応“以外”のCFD対応業者はこちら!

当記事を読んだ方の中には、「TradingView対応かつCFD取引ができる国内業者って、なんて少ないんだ…」と思われた方もいるかもしれません。

現状、トレーディングビューと口座連携できる国内業者は僅少で、内蔵版トレーディングビューを使える国内のFX/CFD業者はまだ限られています。今後の各社の対応に期待したいところ。

ただ、トレーディングビュー対応に絞らなければ、CFD取引を取り扱っている国内業者は多いです。以下におすすめの国内業者をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

CFD対応業者CFD銘柄数業者の特徴公式サイト
[IG証券]IG証券17,000銘柄以上銘柄数で選ぶならココ
全銘柄が1つのツールで完結
[IG証券>詳細]
[GMOクリック証券]GMOクリック証券162銘柄高機能ツール対応
低水準スプレッドを実現
[GMOクリック証券>詳細]
[楽天証券(楽天CFD)]楽天証券(楽天CFD)42銘柄人気株アプリ「iSPEED」対応
株価指数、商品、米国VIに対応
[楽天証券(楽天CFD)>詳細]
[楽天証券(楽天MT4CFD)]楽天証券(楽天MT4CFD)17銘柄大手ネット証券
MT4でCFD取引ができる
[楽天証券(楽天MT4CFD)>詳細]
[外為どっとコム]外為どっとコム20銘柄株価指数、商品、個別株に対応
低水準スプレッドを実現
[外為どっとコム>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券約8,800銘柄約8,800銘柄のCFDに対応
TradingView連携対応
[サクソバンク証券>詳細]
[GMO外貨]
GMO外貨
20銘柄内蔵版TradingView対応
株価指数、商品、米国VIに対応
[GMO外貨>詳細]
より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です