【厳選】TradingViewのレジサポライン自動描画スクリプト!使い方、設定方法を解説!

【厳選】TradingViewのレジサポライン自動描画スクリプト!使い方、設定方法を解説!

この記事ではレジスタンス、サポートラインとなる水平線を自動で引いてくれるTradingViewのスクリプトを解説しています。

TradingViewは世界中のプログラマーが公開した10万個以上ものコミュニティ・スクリプトが公開されています。

もっとも、そのほとんどが英語で公開されており「細かい設定やパラメーターの調整方法が分からない」という方も多いかと思います。

また、単純に数が多すぎるので「おすすめを知りたい」という方向けに実際に使ってみた中から一番使い勝手の良かったスクリプトをご紹介。

レジスタンス・サポートラインを自動で引いてくれるインジケーターをお探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

TradingViewのレジスタンス&サポートライン自動描画スクリプトを紹介!

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

では、早速インジケーターを解説していきます。今回、紹介するのは「zigzag support&resistance multi timeframe levels [LM]」というインジケーターです。

レジスタンス・サポートラインとなる水平線を自動描画するスクリプトは20個以上が公開されていますが、その中でもシンプルかつ機能的なのがこのスクリプトです。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

このインジケーターはZigZag(ジグザグ)を利用して高値・安値を決定し、主要なレジスタンスラインまたはサポートラインを自動で引いてくれます。

その他の自動描画スクリプトは「細かいラインを引きすぎる」ものや「ラインの決定条件が複雑すぎる」ものが多いですが、このスクリプトは非常にシンプルです。

ZigZagのパラメーター調整で捉えたい高値・安値を決め、どの程度の経過日数でラインを表示させるかも設定ができます。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

さらに、MTF(マルチタイムフレーム)でのレジサポライン表示にも対応。

1時間足のチャートに4時間足のレジサポラインを出したり、日足チャートに週足レジサポラインを表示させたりと相場分析に実用的な機能が搭載されています。

パラメーター設定も複雑すぎず、使い方さえ分かれば簡単に有効なラインを表示させることができます。

スクリプトの追加方法

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

では、具体的な表示方法、使い方を解説していきます。

このインジケーターはコミュニティ・スクリプトで一般公開されているものです。無料プラン(BASIC)の方でも使うことができます。

チャート画面上部のメニューにある「インジケーター」を選択します(ショートカットキー「/」でも表示することが可能です)。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

検索窓に「zigzag support&resistance multi timeframe levels [LM]」を入力。

スクリプトを選択するとチャートにインジケーターが表示されます。

各パラメーターを解説

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

次は、各パラメーターを解説していきます。

パラメーターは「深さ」「偏差」「Line count」の3種類です。ここでは「深さ」と「Line count」のパラメーターを調整します。

ラインのカラー変更、延長も可能なので自分の好みで調整してみてください。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

まず、深さは「ZigZagが決定する山と谷(高値・安値)の深さ」になります。

数値を大きくすると山と谷が深くなる=より大きな値動きを捉えます。逆に、数値を小さくすると山と谷が浅くなる=細かな値動きを捉えるようになります。

デフォルトでは「34」に設定されているので、自分が捉えたい高値・安値に合わせて数値を調整していただければと思います。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

次に、Line countは「過去の高値・安値をどの時点まで表示するか」という設定です。

デフォルトの数値は「10」ですが、10であれば日足チャートで約1カ月前の値動きから主要な高値・安値を捉えて現在まで表示します。

「直近の高値・安値だけを表示したい」という方は数値を下げると表示本数が減ります。逆に、1カ月以上前のラインも表示させたい方は10以上に数値を設定してみてください。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

MTF(マルチタイムフレーム)でのレジスタンスライン、サポートラインは「SECOND S/R SETTING」でパラメーターを調整します。

時間足の項目に表示されている時間足(画像では1週間)のレジサポラインがMTFで表示されます。

MTFのレジサポラインもメインと同じパラメーター調整が可能です。「Show S/R 1~4」はMTFのライン本数です。水準の異なる1~4本のラインを表示することができます。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

また、デフォルトでは各ラインに価格ラベルが表示されていますが、このラベルはスタイルのメニューから「ラベル」のチェックを外すと表示を消すことが可能です。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

最後に、可視性の設定はチャートの足種を変更した場合にもスクリプトを表示するかどうかの設定です。

チェックが入っている足種にスクリプトが表示されます。日足だけにスクリプトを表示させたい場合は日足以外のチェックを外しましょう。

おすすめのパラメーター設定

次は、おすすめのパラメーター設定を解説していきます。日中の時間足(1H~4H)でレジスタンス・サポートラインをシンプルに表示する際の設定値です。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

まず、深さは「28」に変更します。デフォルトの「34」では少し高値・安値がアバウトになるので初期値より少し下げると、目立つ高値・安値を捉えてくれます。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

そして、チャートをシンプルにするためにマルチタイムフレームのラインはすべてチェックを外します。

「これでもラインが多い」と思われた方は「ラインを延長」のチェックを外すか、Line countの数値を下げることで表示させるラインを減らすことが可能です。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

1時間足や4時間足のチャートで分析される方はぜひ参考にしてみてください。日足で分析される方は深さの数値を少し大きくすると、ゆったりとした値幅で高値・安値を捉えてくれます。

マルチタイムフレームのレジサポ表示設定

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

次は、マルチタイムフレームのレジスタンス・サポートラインを表示させる設定です。

1時間足のチャートに4時間足のレジサポラインを表示させたり、日足に週足のレジサポラインを表示させることが可能です。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

今回は1時間足のチャートに4時間足のラインを表示させます。

設定としては「Show first」のチェックを外します。これでメインのラインが非表示になります。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

次に、「SECOND S/R SETTING」で4時間を設定します。ここで指定した足種のレジサポラインがチャートに表示されます。

深さは数値を「8」に下げます。1時間足の値幅に4時間足のレジサポラインを表示させるので、4時間足の深さは数値を低くします。

次は表示させるラインの本数を選択します。ここでは2本を表示させていますが、チャートによっては4本すべて表示させてもいいかと思います。

これで、1時間足のチャートに4時間足のレジサポラインを表示することができます。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

マルチタイムフレームの設定と現在のチャートのレジサポラインを合わせて表示する場合は「Show first」にチェックを入れます。

その場合、表示されるラインの本数が多くなるのでLine countの数値を下げるのがおすすめです。

レジサポライン自動描画スクリプトを紹介!

その設定をしたチャートが上記の画面です。1時間足のチャートに4HのMTFラインと1時間足のレジサポラインの両方を表示させています。

今回、解説したパラメーター設定はあくあでも1つの例です。それぞれのトレードスタイルによって重視するラインは変わってくると思いますので調整する際の参考となれば幸いです。

→詳しくはTradingView公式サイトへTradingView

レジスタンス、サポートラインの判断なら出来高プロファイルも有用

レジスタンス、サポートラインの判断なら出来高プロファイルも有用

TradingViewには「出来高プロファイル」というオリジナルのインジケーターが搭載されています。

出来高プロファイルは価格帯毎に算出した出来高(FXではティック数)を元に、重要なレジスタンス・サポートラインを教えてくれる優れモノです。

今回紹介した高値・安値からレジサポラインを判断するスクリプトとはまた違った視点から重要なラインを表示してくれます。別記事でも詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携対応!

サクソバンク証券ならTradingViewとの口座連携ができる!

10万個以上のコミュニティ・スクリプトや豊富なテクニカル指標と描画ツールなど世界トップレベルの機能性を持っているTradingView。

もっとも、TradingViewは基本的にチャートツールなので相場分析はできても直接発注をかけることができません。

この点、サクソバンク証券はTradingViewとの口座連携に対応した国内FX/CFD業者です。サクソバンク証券の口座と連携することでTradingViewから直接発注をかけることができます。

サクソバンク証券ならTradingViewとの口座連携ができる!

連携可能な口座は「一般外国株式(現物:米国株・中国株など)」「FX」「CFD(株式、株価指数、商品)」の3種類です。

注目の集まっている米国株式の現物取引やFX、CFD取引もTradingViewで分析を行い、そのまま発注まで可能。

サクソバンク証券は米国株式約6,000銘柄、FX通貨ペアは約150種類、CFDは約9,000銘柄をラインナップしており、取扱銘柄が非常に充実しています。

サクソバンク証券ならTradingViewとの口座連携ができる!

口座連携にかかる費用や利用料などは一切、かかりません。サクソバンク証券で口座開設をすれば誰でも外部ツールとしてTradingViewとの口座連携が可能です。

当ページで紹介したレジサポラインの自動描画スクリプトもそのまま使えます。別記事ではサクソバンク証券のTradingViewを詳しく解説しています。

サクソバンク証券 公式サイト

みんなのFXは有料プラン相当の機能が無料で使える!

みんなのFXはPC・スマホの両方でTradingView内蔵!

サクソバンク証券は口座連携ができる国内業者でしたが、みんなのFXは取引ツールにTradingViewを内蔵している国内業者です。

みんなのFXではPC版ツールの「FXトレーダー」とスマホアプリにTradingViewが内蔵されており、この内蔵TradingViewがかなり高機能。

みんなのFXはPC・スマホの両方でTradingView内蔵!

PREMIUMプラン(月額8,000円相当)でしか使えない6画面のマルチチャートや25個以上のテクニカル指標の同時表示に対応しています。

テクニカル指標と描画ツールは80種類以上を標準搭載。UIも本家TradingViewとほぼ変わらないので使い勝手はそのままに有料プランの機能が無料で使えます。

みんなのFXはPC・スマホの両方でTradingView内蔵!

サクソバンク証券とは異なり、口座連携ではないためコミュニティ・スクリプトが使えない点は残念ですが、これだけの機能が無料で使えるのは非常に魅力的です。

もちろんですが、ツール利用料や口座開設費などはかかりません。「有料プランを検討している」という方は契約前にみんなのFXが要チェック!

みんなのFX 公式サイト

TradingView対応のFX会社、ブローカー一覧表

FX会社形式特徴公式
[みんなのFX]みんなのFX内蔵有料プラン(月額約8,000円相当)の機能が無料で使える
スマホアプリにもTradingView内蔵
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX内蔵FX初心者でも使いやすいPCツールとスマホアプリ
業界最高水準のスワップポイントが魅力
[LIGHT FX>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン内蔵スプレッドの狭さに徹底的にこだわり業界最狭水準を配信
TradingView内蔵ツール「FXTF GX」を配信
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券連携TradingViewの口座連携対応、プロ仕様の取引環境
FX通貨ペア約150種類、CFD(米国株・商品・先物)対応
[サクソバンク証券>詳細]
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan内蔵
連携
すべてのトレーダーに公平・公正なレート配信が理念
約定拒否なし・抜群の約定力で快適な取引環境を実現
[オアンダ ジャパン>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com内蔵
連携
世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]

※TradingViewの利用形式は取引ツールに内蔵しているFX業者と口座連携ができるFX業者があります。
※取引ツールに内蔵されているTradingViewはFX業者ごとに一部、搭載されていない機能があります。
※口座連携ができるFX業者のTradingViewの機能はTradingViewの契約プランによって異なります。

TradingViewのトレンドライン自動描画インジケーターを紹介!!!

TradingViewのトレンドライン自動描画インジケーターを紹介!

TradingViewには数えきれないほどのコミュニティ・スクリプトが公開されています。

水平線の自動描画スクリプト以外にもトレンドラインを自動で引いてくれるスクリプトを解説しています。

このスクリプトも実際に使った中から使いやすいものを厳選しました。パラメーター設定の解説もしているので、トレンドラインの自動描画が気になる方はぜひご一読ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。