トレーディングビューのおすすめショートカットキー特集!

トレーディングビューのおすすめショートカットキー特集!

この記事ではTradingView(トレーディングビュー)のショートカットキーについて徹底解説!世界標準のグローバルツールであるトレーディングビューには多彩なショートカットキーが実装されています。

そのすべてを使いこなすことはできなくても自分が使いやすいショートカットを覚えるだけで使い勝手がかなり変わります。

ここではトレーディングビューに搭載されているショートカットキーの中から便利なものを一覧で抜粋。特におすすめのショートカットは個別で解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

トレーディングビューはショートカットが充実!

トレーディングビューはショートカットが充実!

トレーディングビューには実に100種類以上のショートカットキーが存在します。

チャート画面で使うものからウォッチリスト、スクリプト作成まで使いこなせればマウス操作なしでも相場分析が可能なほどです。これらのショートカットキーは無料プラン(BASIC)でもすべて利用できます。

トレーディングビューはショートカットが充実!

ショートカットキーの一覧はチャート画面左上のアイコンから「キーボードショートカット」を選択すれば一覧を表示することが可能です。

以下では一覧の中から有用性の高いものを一覧にまとめています。WindowsとMacの両方のショートカットキーを掲載しているので、気になるものからお試しください。

※補足※

WindowsとMacではショートカットの入力キーに違いがあります。以下の表はTradingView上で入力する際の対応表です。WindowsとMacの両方を使われる方はご活用ください。

WindowsMac
Ctrl⌘:command
CtrlまたはAlt⌥:option
Shift⇧:shift

チャート関連のショートカットキー

項目WindowsMac
クイックサーチCtrl+K⌘+K
インジケーターを開く//
チャートレイアウトの読み込み..
チャートレイアウトを保存Ctrl+S⌘+S
シンボルの変更SymbolSymbol
時間足の変更Numberまたは,Numberまたは,
チャートを1バー左にスクロール
チャートを1バー右にスクロール
左に高速スクロールCtrl+←⌥+←
右に高速スクロールCtrl+→⌥+→
チャートを最初のバーに移動Alt+Shift+←⌥+⇧+←
チャートを直近のバーに移動Alt+Shift+→⌥+⇧+→
元に戻すCtrl+Z⌘+Z
やり直すCtrl+Y⌘+Y
マルチチャートレイアウト内のチャートの切り替えTabまたはShift+TabTabまたは⇧+Tab
アラートを追加Alt+A⌥+A
日付指定Alt+G⌥+G
チャート画像を保存Alt+Ctrl+S⌥+⌘+S
チャートをリセットAlt+R⌥+R
ログスケールをオン/オフAlt+L⌥+L
パーセントスケールをオン/オフAlt+P⌥+P
シンボルをウォッチリストに追加Alt+W⌥++W
フルスクリーンモードShift+F⇧+F
マルチチャートの境界線を調整Shift+ドラッグ⇧+ドラッグ

インジケーター&描画ツール関連のショートカットキー

項目WindowsMac
部分的に消去Ctrl+消しゴム⌘+消しゴム
選択したオブジェクトをコピーCtrl+C⌘+C
オブジェクトを貼り付けCtrl+V⌘+V
オブジェクトを削除DeleteまたはBackspaceDeleteまたはBackspace
すべての描画を非表示Ctrl+Alt+H⌘+⌥+H
描画を複製Ctrl+ドラッグ⌘+ドラッグ
描画を複数選択ホールドCtrl+クリックホールド⌘+クリック
描画を水平または垂直に移動ドラッグ+Shiftドラッグ+⇧
トレンドラインAlt+T⌥+T
水平線Alt+H⌥+H
水平レイAlt+J⌥+J
垂直線Alt+V⌥+V
フィボナッチ・リトレースメントAlt+F⌥+F

その他の便利なショートカットキー

項目WindowsMac
ウオッチリスト:次のシンボル↓またはスペース↓またはスペース
ウオッチリスト:前のシンボル↑またはShift+スペース↑または⇧+スペース
ウオッチリスト:シンボルにフラグを追加/削除Alt+Enter⌥+Enter
トレーディング:成行買注文を発注Shift+B⇧+B
トレーディング:成行売注文を発注Shift+S⇧+S

TradingViewおすすめのショートカットキー5選

ショートカットキーはトレードスタイルによって使うものがそれぞれ違うと思います。

そこで、以下ではどのトレードスタイルでも知っていれば便利なショートカットキーを5つに絞って解説していきます。「使いやすそう」と思ったものから取り入れてみてくださいね。

インジケーター表示&レイアウト読み込み

TradingViewおすすめのショートカットキー5選

最初はインジケーターの表示とレイアウトの読み込みです。

インジケーターの検索画面はWindows・Mac共通で「/:スラッシュ」を押すだけで開くことができます。

同様にレイアウトの読み込みも「.:ドット」のショートカットキーを使えば一覧が表示可能です。特に、レイアウトの読み込みはブラウザでマルチチャートを使う方であれば開くまでの手順を省けるので便利です。

高速スクロールと直近バーへの移動

TradingViewおすすめのショートカットキー5選

高速スクロールと直近バーへの移動も覚えると便利なショートカットキーです。

チャートを過去に遡る場合、矢印キーもしくはチャートを選択した状態でマウスを動かすことで移動が可能です。もっとも、矢印キーでは戻るのが遅いのとマウスを使うとスケールの固定表示が解除されてしまいます。

そこで、高速スクロールのショートカットキーを使います。Windowsは「Ctrl+左右矢印」、Macは「option+左右矢印」です。

また、過去チャートの確認や検証が終了したときはWindows:Alt+Shift+右矢印、Mac:option+shift+右矢印で直近のチャートを瞬時に表示することができます。

トレンドライン&水平線の描画

TradingViewおすすめのショートカットキー5選

トレンドラインや水平線を引かれる方は多いかと思いますが、トレーディングビューでは描画ツールを選択せずともショートカットキーを使って一発で表示させることが可能です。

トレンドラインはWindows:Alt+T、Mac:option+T、水平線はWindows:Alt+H、Mac:option+Hです。

これらは頭文字がショートカットキーとなっています。トレンドライン:Trendline、水平線:HorizonのTとHです。

他にも垂直線(Vertical)やフィボナッチ・リトレースメント(Fibonacci retracement)のVとFがショートカットキーとなっています。

オブジェクトのコピー&ペースト

TradingViewおすすめのショートカットキー5選

一般的にWindowsやMacで使われるコピー&ペーストもトレーディングビュー上で利用可能です。

トレンドラインであれば同じ角度のラインが複製されるため平行チャネルを引く際に便利です。

TradingViewおすすめのショートカットキー5選

描画ツールを引いているとき「一時的に非表示にしてローソク足の動きを見たい」という場合もあるかと思います。

そんなときに便利なのがオブジェクトの一括非表示です。Windows:Ctrl+Alt+H、Mac:command+option+Hですべての描画ツールを非表示にすることができます。

もう一度、同じショートカットキーを入力すれば再表示されます。

ウォッチリストの移動

TradingViewおすすめのショートカットキー5選

最後にウォッチリストのシンボルを順番に見るときに便利なのが下矢印またはスペースのショートカットキーです。

ウォッチリストの一番上のチャートから下矢印またはスペースを押せば次のシンボルが表示されます。WindowsとMac共通なのでぜひお試しください。

株式トレーダーはログスケール(対数チャート)も便利!

株式トレーダーはログスケール(対数チャート)も便利!

テスラの月足チャート(上場~2022年まで)

多彩な機能が魅力のトレーディングビューですが、株式トレーダー必見なのが「対数チャート」です。

上記はTESLA(テスラ)のIPOから2022年までの月足チャートになります。通常のチャートは1株あたりの株価が変動したときに同じ値幅の距離で表示します。

つまり、5ドルから10ドル、100ドルから105ドルは同じ長さのローソク足が描かれます。

株式トレーダーはログスケール(対数チャート)も便利!

対数チャート(ログスケールON)

一方で、対数チャートは値幅の変動率で表示します。つまり、5ドルから10ドルの上昇は2倍(100%増加)ですが、100ドルから105ドルの上昇は1.05倍(5%増加)となります。

この差をチャートに表示するのが対数チャートです。対数チャートのメリットは「より資金を変動をもたらすのはいつか」が分かりやすいという点です。

上記のテスラであれば、2019年の12月頃に変動率が急上昇しています。これは通常のチャートでは分かりにくい変動ですが、対数チャートであればその変動がどれだけ急激なものかを明確に把握することができます。

資金が2倍になるタイミングと1.05倍になるタイミングでどちらに投資したいかは明白ですよね。

対数チャートはログスケールのON/OFFで簡単に切り替えることが可能です。Windowsであれば「Alt+L」、Macであれば「option+L」のショートカットキーです。

対数チャートを上手く使いこなせれば「どのタイミングで投資すれば一番効率が良いか」が分かります。相場分析の新しい洞察を引き出すヒントにもなるので、ぜひお試しください。

トレーディングビュー対応のFX会社、ブローカー一覧表

TradingViewは基本利用であれば無料ですが、その本領を発揮するには有料プランへの加入が必要です。

もっとも、いくつかの国内FX業者および証券会社ではTradingViewを内蔵した取引ツールを提供しています。また、TradingViewとの口座連携に対応している国内業者もあります。

以下では、TradingViewが無料で使える国内業者を一覧表で比較しています。TradingViewの有料プランを検討されている方はぜひチェックしてみてください!

FX会社形式特徴公式
[みんなのFX]みんなのFX内蔵有料プラン(月額約8,000円相当)の機能が無料で使える
複数画面分割、テクニカル指標の複数表示にも対応
[みんなのFX>詳細]
[LIGHT FX]LIGHT FX内蔵FX初心者でも使いやすいPCツールとスマホアプリ
業界最高水準のスワップポイントが魅力
[LIGHT FX>詳細]
[ゴールデンウェイ・ジャパン]ゴールデンウェイ・ジャパン内蔵スプレッドの狭さに徹底的にこだわり業界最狭水準を配信
TradingView内蔵ツール「FXTF GX」を配信
[ゴールデンウェイ・ジャパン>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券連携TradingViewの口座連携対応、プロ仕様の取引環境
FX通貨ペア約150種類、CFD(米国株・商品・先物)対応
[サクソバンク証券>詳細]
[オアンダ ジャパン]OANDA Japan内蔵
連携
すべてのトレーダーに公平・公正なレート配信が理念
約定拒否なし・抜群の約定力で快適な取引環境を実現
[オアンダ ジャパン>詳細]
[FOREX.com]FOREX.com内蔵
連携
世界180カ国に展開するグローバルプロバイダー
TradingViewをツールに内蔵、MT4にも対応
[FOREX.com>詳細]

※TradingViewの利用形式は取引ツールに内蔵しているFX業者と口座連携ができるFX業者があります。
※取引ツールに内蔵されているTradingViewはFX業者ごとに一部、搭載されていない機能があります。
※口座連携ができるFX業者のTradingViewの機能はTradingViewの契約プランによって異なります。

みんなのFXはTradingView内蔵ツールが無料で使える!

みんなのFXはPC・スマホの両方でTradingView内蔵!

みんなのFXはTradingViewを内蔵したPC版ツール「FXトレーダー」を提供しています。この内蔵TradingViewがかなり高機能です。

80種類以上のテクニカル指標と描画ツールを標準搭載。本家TradingViewの無料プランでは最大3つまでしかテクニカル指標を同時に表示できませんが、みんなのFXでは25個以上が可能。

さらに、最大6画面のマルチチャートやテンプレートの複数保存にも対応しています。これらの機能はTradingViewの最上位プランであるPREMIUMプランで初めて使える機能(※)です。

※一部、搭載していない機能があります。

みんなのFXはPC・スマホの両方でTradingView内蔵!

また、PC版ツールだけでなくスマホアプリにもTradingViewを内蔵しています。スマホアプリでもPC版と同等の本格的な相場分析が可能です。

利用条件は特にありません。みんなのFXの口座開設者は誰でも無料で利用できます。TradingViewの有料プランを検討されている方は契約前にぜひみんなのFXをチェックしてみてください!

みんなのFX 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。