【PFE】ファイザーの概要、事業内容まとめ!

ファイザー

新型コロナウイルスのワクチン開発で全世界から注目されているのが米製薬大手のファイザー(Pfizer)です。この記事では、ファイザーの概要、事業内容を簡潔に解説しています。銘柄選びの参考としてご活用ください。

ファイザーについて

ファイザーは世界150カ国以上で事業展開を行っている世界最大規模の医薬品メーカーです。1849年に創業され1944年に世界で初めてペニシリンの大量生産で医薬品メーカーとしての地位を確立しました。

医薬品売上高、研究開発費ではともに世界トップクラス。売上高は500億ドル以上、研究開発費は年間で80億ドル以上を投資している巨大企業になります。主な製品には神経性疼痛治療薬の「リリカ」、関節リウマチ治療薬の「エンブレル」、禁煙補助剤の「チャンピックス」などがあります。

新型コロナが全世界で拡大してからはワクチンの研究開発で最前線を切り開いています。上記で紹介した新ワクチンの試験結果発表後は株価が急騰。2020年3月にコロナの影響で27ドルまで下落した株価は一時41.99ドルまで高騰しました。

ファイザーは新型コロナのワクチン開発に関して、ドイツのBioNTech(バイオンテック)社と共同開発を行っています。日本ではファイザーが初めて厚生労働省から承認を受けたワクチンを販売しています。

今後、全世界でコロナのパンデミックがいつ収束するのか。ファイザーはワクチン関連銘柄として注目の企業です。

ファイザー(Pfizer)の会社概要

企業名Pfizer Inc
本社所在地235 East 42nd Street New York, NY 10017 USA
設立年月日1849年
代表者Dr. Albert Bourla
業種医療関連 (Health Care)
市場NYSE(ニューヨーク証券取引所)
従業員数88,300人

ファイザーの株式CFDならIG証券に注目!

ファイザーの株式CFDならIG証券に注目!

ファイザーの株式CFDをするなら最もおすすめなのがIG証券です。IG証券ではファイザーを含めた約4,000銘柄以上の米国株式CFDに対応。新型コロナのワクチン開発で注目されているロシュ、ギリアド、アストラゼネカ、モデルナといった銘柄も取り扱いしています。

取引単位は1株から可能なので少額資金でも投資が可能。また、ファイザーは取引時間が延長されており【標準時間】月~木18:00-翌10:00、金18:00~翌7:00で取引ができます。通常、日本時間の深夜に市場が開く米国株式を18時から取引できるのはIG証券の大きな魅力。

米国株式以外にも日本株、中国株、株価指数、商品、債券までCFD銘柄は全部で17,000種類以上を取り扱い。IG証券の口座が1つあれば全世界の多彩な金融商品が取引できます。ファイザーへの投資をお考えの方はIG証券の株式CFDにもぜひご注目を。

IG証券 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です