IG証券とOANDA(オアンダ)徹底比較!通貨ペア、スプレッド、取引ツールを解説!

IG証券とOANDA徹底比較

「IG証券とオアンダ、どっちにしようか迷っている」
「それぞれの特徴やメリットを知りたい」

この記事では、IG証券とOANDAで迷われている方向けに、両社の違いを詳しく解説。一覧表にて比較しているので、違いが一目でお分かりいただけると思います。

また、表下ではIG証券とOANDAの特徴をピックアップで解説。自分が求めているサービスを提供している方のFX会社を選んでみてくださいね。

IG証券とOANDA(オアンダ)の基本スペック比較

比較項目 [IG証券]IG証券 [オアンダ]OANDA
スプレッド 原則固定(例外あり) 原則固定(例外あり)
約定方式 DD方式 NDD方式
通貨ペア 約100種類 70通貨ペア
CFD銘柄 株価指数、株式、商品 取扱い無し
バイナリーオプション 対応:22銘柄 非対応
取引手数料 無料 無料
最大発注数量 原則、上限無し 300万通貨
最小取引単位 1万通貨 1通貨
両建て 可能 可能
初回最低入金額 制限無し 10万円以上
MT4対応 ×

※IG証券の最大取引数量は相場状況により注文が通らない場合もあるのでご留意ください。
※OANDAの通貨ペア、最大発注数量はMT4プロコースを記載。最小取引単位はMT4コースは1,000通貨単位、fxTradeは1通貨単位です。
※OANDAの初回最低入金額はベーシックコースが10万円、プロコースが20万円です。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券 公式サイト

→詳しくはオアンダ公式サイトへOANDA 公式サイト

NDD方式を採用!透明性の高いレートでトレードできるOANDA!

IG証券とOANDA比較

OANDA(オアンダ)は約定システムにNDD方式を採用しているFX会社です。NDD方式とはNo dealing deskの略で、ディーリングデスクを置かずトレーダーの注文をそのままカバー先やリクイディティプロバイダーに流す約定方式になります。

FX会社の約定システムは大きく分けてDD方式とNDD方式の2種類があり、国内のFX会社の多くはDD方式を採用しています。IG証券もDD方式を採用したFX会社です。DD業者は狭いスプレッドがメリット。

一方、オアンダはNDD方式を採用しているため、トレーダーの注文に人の手が加わることはなく透明性の高いレート配信が魅力的なFX業者です。

IG証券とOANDA比較

オアンダは企業理念として「1pipsのスプレッド競争より、公平・公正な取引環境を提供すること」を掲げています。この理念通り、NDD方式を採用した透明性・信憑性の高いレート配信と抜群の約定力を誇るサーバーを用意しています。

ディーリングデスクがないため、成行注文を出してから約定が返ってくるスピードも速いのが特徴。「約定拒否・再クオート無し」と公言しているのも注目ポイントです。

また、「スプレッド競争には参加しない」としているオアンダですが、MT4業者とは思えないほど狭いスプレッドを配信しています。スプレッドが最狭水準のDD業者と比べれば少し広いですが、MT4業者の中で見ればかなり狭い水準です。

透明性の高いレート配信と狭いスプレッドを両立しているのがオアンダの魅力ですね。

Check!!

IG証券とオアンダ徹底比較

確実にスリッページを防ぐ!IG証券のノースリッページ注文!

FX会社の中には、なかなか指定レートで約定してくれない業者もありますよね。特に、損切りの逆指値注文が滑ってしまうのは避けたいところ。そこで、注目したいのがIG証券のノースリッページ注文です。

ノースリッページ注文とは、IG証券が提供しているポジション決済専用のストップ注文のことで指定レートで確実に決済してくれる注文方法です。一定の保証料を支払うことで、どれだけ相場が急変したときでも指定レートでの約定を保障してくれるサービスになります。

保証料も米ドル円1万通貨で100円程度なので低コストでスリッページのリスクを無くすことが可能。大きなロットを持つときや指標発表、要人発言に備えて設定しておけば安心です。

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券 公式サイト

銘柄の豊富さならIG証券!バイナリーオプションにも対応!

IG証券とOANDA比較

1974年創業、全世界に19万人以上のユーザーを抱えるIGグループの日本法人がIG証券です。グローバルな金融サービスを提供しているだけあって、取扱い銘柄は非常に充実しています。

FXの通貨ペアは約100種類、主要通貨ペアはもちろんマイナー通貨も豊富な品揃えです。FX以外にも国内外の株式、株価指数、CFD取引も取扱い。CFD取引にいたっては16,000種類もの銘柄が取引可能です。

オプション取引にも対応しており、バイナリーオプションも取扱いしています。IG証券のバイナリーではFX通貨ペアに株価指数や原油などの商品銘柄を含めた22銘柄が取引可能。国内バイナリー業者の中でも株価指数や原油、金、銀などに対応しているFX会社はかなり貴重です。

IG証券とOANDA比較

また、IG証券の大きな特徴は大口トレーダー向けに1回当り、1日当りの取引数量が無制限という点。1ポジションで数百万~数千万通貨を持つ大口の方でもしっかりと注文が通ります。

スプレッドに関しても米ドル円0.2銭、ユーロ米ドル0.4pips、ユーロ円0.5銭(※)と業界最狭水準のスプレッドを配信。100万通貨以上のトレードでも米ドル円0.6銭のスプレッドが原則固定(例外有り)で配信しているのは非常に魅力的です。

※原則固定(例外有り)2020年1月20日時点。

Check!!

IG証券とオアンダ徹底比較

IG証券のノックアウト・オプションにも要注目!

豊富な銘柄を取り揃えているIG証券ですが、中でも注目なのが「ノックアウト・オプション」です。ノックアウト・オプションは同じロット数でもリスク許容度に応じてオプション購入金額を設定できるオプション取引です。

ノックアウト・レベルという損切りラインを決め最大損失額を限定しつつ、設定されたオプション購入金額の中から投資額を選択できる仕組みになります。ポイントは「損切りラインが明確」「ノックアウト・レベルの設定次第でオプション購入金額を抑えつつ利益を伸ばせる」という点です。

ノックアウト・オプションでは、同じロット数でもノックアウト・レベルが現行レートに近いほどオプション購入金額は小さくなります。レートの値幅を正確に予測して、ノックアウト・レベルを適切な位置に設定すればリスクを抑えながら大きく利益を狙うことが可能。

「損切りの逆指値は滑らせたくない」「レバレッジを効かせて取引したい」という方は要チェックです!

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券 公式サイト

1通貨単位に対応!少額取引ならオアンダ!

IG証券とOANDA比較

↑オアンダ「fxTrade」のスマホアプリ、タブレットのイメージ画像です↑

大口トレーダー向けのIG証券と対照的なのがオアンダです。オアンダでは1通貨からトレードが可能。最小取引単位が1,000通貨のFX会社は多いですが1通貨からトレードできる業者は非常に少ないです。

オアンダは5つのコースに分かれており、1通貨単位のトレードが可能なのは取引ツールに「fxTrade」を使うコースになります。fxTradeはオアンダオリジナルの取引ツールで、洗練されたデザインと機能性を兼ね備えた高品質な取引ツール。

特に、スマホツールが使いやすくテクニカル指標を表示させたり、トレンドラインもスムーズに引くことが可能。オアンダであれば、少額取引にも対応しているので実際にポジションを持ちながら使い勝手を試すこともできます。

ただし、オアンダは初回入金額が10万円以上なのでその点はご注意を。ちなみに、IG証券は初回入金額に制限はありませんが最低取引単位が1万通貨になります。

FX中上級者にはIG証券が最適!

IG証券とOANDA比較

FX会社にも初心者向けの会社と中上級者向けの業者がありますが、IG証券はFXをある程度経験している、もしくはプロトレーダーや専業の方向けのFX会社になります。

大口注文に対応しているのもポイントですが、IG証券は取引ツールが非常に本格的。IG証券では、大きく分けて3つの取引ツールが用意されています。デバイスを選ばない「Webブラウザ版取引システム」、スマホ版の「トレーディング・アプリ」、そしてプロトレーダー向けの「ProRealtimeチャート」の3つです。

Webブラウザ版取引システムはFXから株式、バイナリー、CFD銘柄までこれ1つで取引できる高機能取引ツール。スマホアプリはブラウザ版の機能性そのままにiPhoneやAndroidのスマホに最適化された仕様になっています。

IG証券とOANDA比較

そして、注目なのがチャートツールの「ProRealtimeチャート」です。プロ向けにテクニカル指標は88種類、描画オブジェクトは33種類を標準搭載。トレンドラインの自動描画や通貨ペアの自動検出、シストレができる自動売買機能まで搭載しています。

足種は26種類に対応、ティックも表示できる優れモノです。もちろん、取引画面のカスタマイズも可能なので自分のスタイルに合わせたトレード環境が構築できます。IG証券では取り扱っている銘柄のプライスデータ、企業財務データ、市場センチメント、最新ニュースなども配信。

FX中上級者向けにはなりますが、IG証券の取引ツールとマーケットデータがあればより幅広い相場分析が可能になります。ただし、1点注意したいのはProRealtimeチャートは月4回以上の取引がない場合、月額4,000円の費用がかかるという点です。月4回以上の取引があれば無料で使えるのでご留意ください。

MT4(メタトレーダー4)を使う人はOANDA!

IG証券とOANDA比較

本格的な取引ツールが魅力的なIG証券ですが、オアンダは世界中のトレーダーが愛用しているMT4(メタトレーダー4)に対応しているFX会社です。鉄板チャートツールとしてFXトレーダーから人気の高いMT4が使えるのはオアンダの大きなメリット。

特に、オアンダはMT4専用のオリジナルインジケーターやサポートツールに力を入れており、40種類以上のコンテンツが無料で利用できます。中でも、世界中でオアンダを利用するトレーダーのポジション動向が分かるオープンブックは非常に有用なツールです。

IG証券とOANDA比較

オアンダもIG証券と同様、グローバルにサービスを提供しているFX会社。ロンドンやニューヨーク、日本など世界各国のある拠点から提供されるマーケットデータとトレーダーの売買比率やポジション比率は非常に参考になります。

また、日本でも人気急上昇中のチャートツール「TradingView」にも対応。取引ツールの幅でいえばオアンダが有利ですね。「チャートツールはMT4を使っている」「オリジナルコンテンツが気になる」という方はOANDAが要チェックです!

IG証券、OANDA(オアンダ)ともに魅力的なサービスを提供!

ここまでIG証券とオアンダを比較してきましたが、いかがでしょうか。FX中上級者向けのIG証券、初心者から上級者まで幅広く対応しているオアンダ、ともに魅力的なサービスを提供しているFX会社です。

FXのトレードスタイルは千差万別なのでそれぞれに「このポイントは外せない」という点があるかと思います。IG証券とオアンダを比較して自分のスタイルに一番合うと思う方のFX会社を選んでいただければ幸いです。

IG証券 公式サイト

OANDA 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です