TESLA(テスラ)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

TESLA(テスラ)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

この記事では全世界が注目するEV車(電気自動車)の開発、製造を手がけるTESLA(テスラ)の株の買い方、購入方法を解説しています。テスラは時価総額2076億ドル(約22兆3,000億円)の大企業。トヨタ自動車の時価総額(21兆7,185億円)を超えて全世界トップの時価総額を誇る自動車メーカーとなっています。

これほど注目されるわけは何なのか。TESLAの会社概要から株価、業績も合わせて詳しく解説。現物株式に対応したネット証券会社と合わせてCFD取引に対応した業者も紹介しています。「テスラの株を買いたい、投資したい」という方はぜひご一読ください!

TESLA(テスラ)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目 [IG証券]IG証券 [サクソバンク証券]サクソバンク証券 [GMOクリック証券]GMOクリック証券
市場 NASDAQ NASDAQ NASDAQ
片道手数料率 2.2セント/株 約定代金の0.15% 無料
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5 USD5 無料
CFD銘柄 株式、株価指数、商品、ETF、債券 株式、株価指数、商品、ETF 株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数 約17,000種類 約9,000種類 約130種類
最大発注数量 原則、上限無し(※) 1,250枚 500枚
最低注文数量 1株 50USD 1株
取引時間 18:00-翌10:00
(夏時間17:00-翌9::00)
23:30-翌6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-翌6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額 制限無し 10万円以上 制限無し
公式サイト [IG証券>詳細] [サクソバンク証券>詳細] [GMOクリック証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

TESLA(テスラ)の概要、業績、株価

TESLA(テスラ)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

TESLA(テスラ)は米国カルフォルニア州のシリコンバレーに本社を構える電気自動車メーカーです。設立は2003年、創業者はフォーブスの「世界で最も影響力のある人物」にも選出されているイーロン・マスク氏です。イーロン・マスク氏といえば民間企業で史上初となる有人宇宙船の打ち上げに成功した「スペースX」やオンライン決済サービスの「PayPal」を創業した人物。総資産は600億ドルを超えており世界でも屈指の大富豪です。

イーロン・マスク氏は「世界を持続可能なエネルギーへの移行を加速すること」をミッションとしTESLAを創業。2008年にスポーツカーの「Tesla Roadster」、2012年にはセダンの「Model S」、2015年にはSUVの「Model X」を発売しています。

さらに、2017年には320マイル以上の航続距離を誇る量産型電気自動車「Model 3」を発売し全世界で熱狂的なファンを生み出しました。2019年には前衛的なデザインと実用性を兼ね備えたトラック「Cybertruck」を、2020年初めにはコンパクトSUVの「Model Y」を発売。TESLAは「ハード(自動車)を作るのではなくソフト(アプリケーション)を開発するテック企業」として、次々と革新的な車を生み出し続けている自動車業界のパイオニアです。

TESLA(テスラ)の会社概要

企業名 Tesla Inc
本社所在地 3500 Deer Creek Road Palo Alto, CA 94304 USA
設立年月日 2003年7月
代表者 Mr. Elon R. Musk
業種 一般消費財 (Consumer Products)
市場 NASDAQ National Market System
従業員数 48,016人

TESLA(テスラ、TSLA)の業績、株価

TESLA(テスラ)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

テスラが2020年第1四半期(1~3月)に発表した決算では、売上高59億8,500万ドル(約6,385億ドル)、前年同期比で約31%の増加。第1四半期の最終損益は1,600万ドル(約17億円)の黒字となりました。これで四半期決算で3四半期連続の黒字を達成。

2020年第1四半期の世界新車販売台数で過去最高の8万8,400台を達成し、前年同期比で約40%の増加となっています。このうち、新型のコンパクトEVである「Model 3」と「Model Y」がおよそ7万6,000台を占めており、同社のラインナップでは低価格帯のモデルが順調に売れているのが要因です。

非常に好調な業績を背景に株価はたった1年で急上昇。2019年7月時点で200ドル前後だったのが、2020年7月には一時1590ドルまで上昇しており約8倍もの株価となっています。この株価上昇によって時価総額でトヨタを抜き全世界No.1に躍り出たTESLA。

今後、生産拠点の整備と強化、納車台数が増えればさらに売上が上がるとみられています。自動車業界は長年、ガソリン車が台頭してきましたがその歴史を大きく塗り替える可能性を秘めた企業がTESLA(テスラ)です。

TESLA(テスラ、TSLA)の過去の業績(通期)

年度 売上高 純利益
2019年12月期(連) 24,578,000千 USD -862,000千USD
2018年12月期(連) 21,461,268千USD -976,091千USD
2017年12月期(連) 11,758,751千USD -1,961,400千USD
2016年12月期(連) 7,000,132千USD -674,914千USD
2015年12月期(連) 4,046,025千USD -888,663千USD

 

TESLA(テスラ、TSLA)の株の買い方、その他の投資方法

TESLAはアメリカのNASDAQ(ナスダック)市場に上場している米国株式です。テスラの株式を取引する主な方法は「CFD取引」「現物株式」「ETF」です。CFDとは差金決済取引のことで証拠金を入金し、レバレッジという倍率をかけて取引を行う投資方法になります。

米国株式のCFD取引では5倍のレバレッジをかけられるため、現物株式と比べて5分の1の資金で同じ株数の取引が可能。少額の資金でもより大きな額面の取引ができるのがCFDの大きなメリットです。CFDに関しては別記事で分かりやすく解説しているので気になる方はご一読ください。

国内でテスラを含めた米国株式のCFDに対応している業者はIG証券サクソバンク証券GMOクリック証券などです。IG証券とサクソバンク証券に関しては下記に比較表を、GMOクリック証券のCFDは別記事にて解説しています。

次にテスラ株に投資する方法としては「米国株式の現物取引に対応したネット証券会社を利用する」「テスラ株が組み込まれたETF(上場投資信託)を取引する」などがあります。テスラの株式が現物で購入できる国内のネット証券会社はSBI証券楽天証券マネックス証券などです。銘柄コード【TSLA】と入力すればテスラ株の詳細が確認できます。

また、テスラは米国企業の中でも注目の自動車メーカーとして多くのETF(上場投資信託)に組み込まれています。ETFを通じてテスラに間接的に投資するという方法も可能です。もっとも、ETFに関してはこの記事では割愛します。テスラのCFD取引に対応しているIG証券・サクソバンク証券・GMOクリック証券、そして現物株式に対応したSBI証券と楽天証券の基本スペックを比較した表を下記に記載しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

TESLA(テスラ)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目 [IG証券]IG証券 [サクソバンク証券]サクソバンク証券 [GMOクリック証券]GMOクリック証券
市場 NASDAQ NASDAQ NASDAQ
片道手数料率 2.2セント/株 約定代金の0.15% 無料
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5 USD5 無料
CFD銘柄 株式、株価指数、商品、ETF、債券 株式、株価指数、商品、ETF 株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数 約17,000種類 約9,000種類 約130種類
最大発注数量 原則、上限無し(※) 1,250枚 500枚
最低注文数量 1株 50USD 1株
取引時間 18:00-翌10:00
(夏時間17:00-翌9::00)
23:30-翌6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-翌6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額 制限無し 10万円以上 制限無し
公式サイト [IG証券>詳細] [サクソバンク証券>詳細] [GMOクリック証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。

TESLA(テスラ、TSLA)の現物株式対応!大手ネット証券2社を比較!

比較項目 [SBI証券]【SBI証券】 [楽天証券]【楽天証券】
取扱銘柄 NYSE・NYSE Arca・NYSE American・NASDAQ上場のSBI証券選定銘柄 NYSE・NYSE Arca・NASDAQ上場の個別株、ETF、ADRのうち、楽天証券選定銘柄
米国株式手数料 約定代金の0.45%(税込0.495%) 約定代金の0.495%(税込)
注文の種類 指値、成行、逆指値 指値、成行
最大発注数量 1注文当り250,000株 1注文当り250,000株
上限発注金額 1注文当り2,000万ドル 1注文当り989万9,999.99ドル
最小取引単位 1株 1株
呼値 1セント単位 1セント単位
取引時間 23:30-6:00(夏時間22:30-5:00) 23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)
公式サイト [SBI証券>詳細] [楽天証券>詳細]

※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です