amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

amazon(アマゾン)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

amazonの株式の買い方を知りたい!
アマゾンに投資する方法って?

この記事では世界でも屈指の時価総額を誇るamazon(アマゾン)の株式に投資する方法を徹底解説!世界でも最大規模のオンラインストアを展開しているamazon。普段から利用されている方も多いかと思います。

アマゾンはアメリカのNASDAQ(ナスダック)市場に上場している米国企業です。アマゾンに投資するには米国株式に対応したネット証券を利用する方法や株式CFDに対応した国内業者を利用するのが便利です。ここではアマゾンの現物株式/CFD取引/ETFなど各取引方法を詳しく解説しています。

アマゾンの会社概要や業績、株価も合わせて解説しているので「amazonに投資したい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

amazon(アマゾン)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]IG証券[サクソバンク証券]サクソバンク証券[GMOクリック証券]GMOクリック証券
市場NASDAQNASDAQNASDAQ
片道手数料率2.2セント/株約定代金の0.15%無料
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5USD5無料
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類約130種類
最大発注数量原則、上限無し(※)1,250枚5,000万円
最低注文数量1株50USD1株
取引時間18:00-10:00
(夏時間17:00-9:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額制限無し10万円以上制限無し
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細][GMOクリック証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。
※GMOクリック証券の最大注文数量は建玉金額を記載。

amazon(アマゾン)の概要、業績、株価

amazon(アマゾン)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

amazon(アマゾン)の会社概要

企業名Amazon.com Inc
本社所在地410 Terry Avenue North Seattle, WA 98109-5210 USA
設立年月日1994年7月
代表者Mr. Jeffrey P. Bezos
業種サービス (Services)
市場NASDAQ National Market System
従業員数798,000人

amazonはアメリカのワシントン州シアトルに本社を構える世界最大規模のEコマース企業です。創業は1994年、今では個人として世界で最も資産を持つ大富豪ジェフ・ベゾス氏によって作られました。ジェフ・ベゾス氏の総資産は1130億ドル(約12兆4300億円)とMicrosoft創業者のビル・ゲイツ氏(総資産約10兆7800億円)や投資家のウォーレン・バフェット氏(約7兆4250億円)を凌ぐ資産を持つ人です。

アマゾンはジェフ・ベゾス氏が30歳の頃、オンラインで書籍販売を行う事業としてスタートしました。その当時はインターネットの黎明期で「インターネット専門の小売店」が成功するとは誰も思わなかった時代です。ジェフ・ベゾス氏は創業当時から「biggest selection in the earth(世界最大のセレクション)」というスローガンを掲げており、「地球最大の本屋を作りたい」という夢を現実にしたのがamazonです。

現在ではアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本、カナダ、イタリア、スペインなど世界15カ国、175箇所を超える物流センターを設置、数億種類の品揃えを誇る地球最大規模のオンラインストアとなっています。書籍以外にも家具、家電、玩具、AV機器、衣料品、食料品、宝飾品、バイク、車に至るまで非常に幅広いジャンルの商品を販売しています。

amazon(アマゾン)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

amazonの主な事業内容は「直販EC」「実店舗」「マーケットプレイス」「AWS」「サブスクリプション」の5つです。もともとECサイトによるオンライン販売が事業の主軸でしたが、現在では実店舗の「amazon go」や一般事業者が出品できる「マーケットプレイス」、クラウドサービスの「AWS」、配送料無料や各種コンテンツを利用できる「amazon prime」などのサブスクリプションも行っています。

amazon(アマゾン)の主な事業内容

名称事業内容
直販ECECサイト「amazon.co.jp」を運営。数億種類を超える和書、洋書、CD、DVD、PCソフトウェア、ゲーム、エレクトロニクス、文房具・オフィス関連用品、 ホーム&キッチン、おもちゃ&ホビー、スポーツ、ヘルス&ビューティー、コスメ、時計、ベビー&マタニティ、 アパレル&シューズ、ジュエリー、食品&飲料などの商品を取り扱う総合オンラインストア。
マーケットプレイス一般事業者がamazon.co.jpを利用して商品を販売できる電子商取引プラットフォーム。小口出品と大口出品の2種類があり、小口出品は月額登録料無料・成約手数料+販売手数料が発生、大口出品は月額登録料+成約手数料+販売手数料が発生する。利用者はアマゾンの配送用のフルフィルメントセンターを利用可能。
AWS世界最大規模の売上を誇るクラウドコンピューティングサービス。世界190カ国、数百万人の顧客を抱えている。スタートアップ企業から大手企業、研究施設、教育施設まで幅広い顧客層が利用しておりデータ分析、経理システム、パッチ処理、デジタライゼーション等、インターネットで可能なあらゆる用途に利用される。
サブスクリプション有料会員の「amazon prime」サービス。プライム会員は配送料無料、会員限定価格での販売、対象エリア内であれば最大2時間で商品を配送(プライムナウ)、食品・日用品の購入(アマゾンパントリー)など各種特典が受けられる。さらにデジタル特典として「プライムビデオ」「プライムミュージック」「キンドルオーナーライブラリー」「プライムリーディング」など非常に多彩な特典が受けられる。

amazon(アマゾン)の業績、株価

amazon(アマゾン)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

amazonが2020年7月30日に発表した2020年度第2四半期決算では売上高が前年同期比40%増の889億ドル、純利益は100%増の52億ドルを達成。セグメント別では直販ECが前年同期比48%増、クラウドサービスのAWSとサブスクリプションが29%増と非常に好調な結果を残しています。

現アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏は前四半期で「第2四半期では新型コロナウイルスに関連するコストとして40億ドルを見込む」と発言しており、実際に40億ドル以上が従業員の安全維持に利用されました。さらに第3四半期では追加で20億ドルのウイルス対策費用を投じると発表。

2020年3月以降、コロナウイルスによる巣ごもり需要を一手に受け売上は急上昇しており、今では直販ECでの売上よりもサードパーティー(マーケットプレイス)の売上が上回るペースで伸びている形です。ジェフ・ベゾス氏は「この予測不可能な時期にもかかわらず、今四半期は多額の資金を投入し、フルフィルメント、輸送、AWSなどの資本プロジェクトに90億ドル以上を投資しています」とコメント。コロナ対策に巨額の費用を投下してもなお、充分な利益が残ることを証明してみせました。

新型コロナウイルスの影響は全世界で長期化しており、アフターコロナでの新生活様式にアマゾンが利用されています。実店舗での売上は減少していますが、今後もオンラインでの直販、マーケットプレイス、AWS等で着実に成長を続けていく見込みです。好調な決算発表を背景に株価は右肩上がりで上昇を続け2020年9月現在では3300ドルを付けています。コロナウイルスの動向には要注意ですが、アマゾンは米国株式の中でも注目すべき銘柄の1つには間違いありません。

amazon(アマゾン)の過去の業績

年度売上高当期利益(四半期)
2020年6月期(連)88,912,000千USD5,243,000千USD
2020年3月期(連)75,452,000千 USD2,535,000千USD
2019年12月期(連)87,436,000千USD3,268,000千USD
2019年9月期(連)69,981,000千USD2,134,000千USD

 

amazon(アマゾン)の株の買い方、その他の投資方法

アマゾンはNASDAQ(ナスダック)に上場している米国企業です。アマゾン株を取引するには主に「現物取引」「CFD取引」「ETF取引」などがあります。それぞれに取引方法の概要を解説していくので参考にしてみてください。

amazon(アマゾン)の投資方法:【株式】現物取引

アマゾンの現物株式の買い方としては米国株式に対応したネット証券会社を利用するのが一般的です。国内業者であればDMM 株SBI証券楽天証券マネックス証券などがアマゾンの現物株式に対応しています。

米国株式に現物投資するメリットには「高い成長率が見込める」「株主還元(配当)に積極的」「1株単位から購入可能」などがあります。日本株式と比較して米国企業は銘柄によって非常に高い成長率を誇ります。アマゾンも企業規模からして考えにくいような高成長を記録しています。また、配当金の支払いに積極的な企業が多いことや、1株単位から購入できる(アマゾンであれば1株約35万円)のも特徴です。

amazon(アマゾン)の投資方法:CFD取引

CFDとは「差金決済取引」の略でレバレッジとよばれる倍率をかけることで入金額以上の取引ができる取引方法です。株式CFDでは最大5倍のレバレッジをかけることができるため、現物株式の約5分の1の資金から投資をスタート可能。アマゾンであれば1株あたり約7万円ほどから購入することが可能です。

株式にはCFDと同じレバレッジをかける信用取引がありますが、株式の信用取引では最大約3倍までが上限となっています。レバレッジをかける分だけ現物株式よりハイリスクハイリターンの取引となりますが、積極的に売買差益を狙いたいという方や少額資金から始めたいという方にはCFD取引がおすすめ。

国内でアマゾンの株式CFD取引に対応しているのはIG証券サクソバンク証券GMOクリック証券などです。現物株式では買いからしか取引に入れませんが、CFD取引では売り(空売り)から取引に入ることも可能。CFDの基礎知識や他の取引方法との違い、メリット・デメリットは別記事でも解説しているので、気になる方はご一読ください。

amazon(アマゾン)の投資方法:ETF取引

最後に、アマゾンに投資する方法としてはETF(上場投資信託)を購入するという方法もあります。ETFとは一定のジャンルや業種で株式を選定し1つのパッケージとして運用する金融商品です。日経平均やS&P500などの株価指数に連動する銘柄、IT業界、金やプラチナなどの貴金属に連動する銘柄など様々な種類があります。amazonは世界的なEコマース企業として多くのETFに組み込まれています。

海外ETFはDMM 株SBI証券楽天証券にて現物の取引が可能。IG証券サクソバンク証券ではETF銘柄のCFD取引に対応しています。特に、サクソバンク証券は海外ETFを豊富に取り揃えており、現物銘柄とCFD銘柄の2種類に対応しています。サクソバンク証券に関しても別記事にて詳しく解説しているのでETFが気になる方はチェックしてみてください。

amazon(アマゾン)の現物株式の買い方、購入までの流れ

amazon(アマゾン)株の買い方、購入方法まとめ!証券会社やFX業者を徹底解説!

アマゾ株の買い方は上記で解説したネット証券会社で口座開設を行い資金を入金、銘柄検索でアマゾンを選択、注文内容を入力する流れになります。口座開設はネット上で完結します。SBI証券であれば下記のボタンから公式サイトに進み必要事項を入力、運転免許証などの本人確認書類をアップロードもしくは郵送して完了です。

→詳しくはSBI証券公式サイトへSBI証券

利用できる本人確認書類は以下の通りです。口座開設は数分程度で完了します。口座解説が完了すれば登録住所充てに各証券会社の取引画面にログインするためのID/パスワードが記載された文章が簡易書留で郵送されます。

本人確認書類として使用できるもの

運転免許証、運転経歴証明書、住民基本台帳カード(写真付き)、日本国パスポート、住民票の写し、各種年金手帳、各種健康保険証、印鑑証明書

後は証券会社ごとの指定口座に購入資金を入金、銘柄検索で【AMZN】と検索すればアマゾンの注文画面が表示されます。注文画面では数量(株数)、執行条件、決済方法を指定して注文を行います。買い方で不明な点があれば各証券会社の公式サイトを確認するか、カスタマーセンターに電話することで対応してもらえます。次は、アマゾン株の現物取引に対応した大手ネット証券2社を詳しく解説していきます。

amazon(アマゾン)の現物株式対応!大手ネット証券会社を比較!

比較項目[DMM 株]【DMM 株】[SBI証券]【SBI証券】[楽天証券]【楽天証券】
取扱銘柄NYSE・NYSE Arca・NASDAQ上場銘柄のうちDMM 株選定銘柄NYSE・NYSE Arca・NYSE American・NASDAQ上場のSBI証券選定銘柄NYSE・NYSE Arca・NASDAQ上場の個別株、ETF、ADRのうち、楽天証券選定銘柄
取引手数料無料約定代金の0.45%(税込0.495%)約定代金の0.495%(税込)
注文の種類指値、成行、IFDONE指値、成行、逆指値指値、成行
最大発注数量1注文当り250,000株1注文当り250,000株
上限発注金額1注文当り2,000万ドル1注文当り989万9,999.99ドル
最小取引単位1株1株1株
呼値1セント単位1セント単位1セント単位
取引時間23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)23:30-6:00(夏時間22:30-5:00)
公式サイト[DMM 株>詳細][SBI証券>詳細][楽天証券>詳細]

※DMM 株では円のみでの取引となります。米ドルの預け入れ、払い出しは行っていません。為替手数料として1ドルあたり25銭が発生します。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。インターネット・電話・成行指値といった取引方法による手数料の違いはありません。また、2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

【DMM 株】米国株式の取引手数料無料!

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

アマゾンを始めとした米国株式投資の初心者におすすめなのがDMM 株です。DMM 株はDMM.com証券が提供している日本/米国株式の現物取引に対応した証券サービスです。DMM 株の特徴は「取引手数料がとにかく安い」という点。

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

日本株式の取引手数料は大手ネット証券(SBI証券、楽天証券、GMOクリック証券、マネックス証券)の中でも最安値。さらに、米国株式は取引手数料が無料です。DMM 株は米国株式でも円建ての取引になるため為替両替手数料が別途発生しますが、それでも取引手数料が0円は非常に魅力的。

取引ツールもブラウザ版とインストール型の高機能PCツールやモード切替に対応した株専用スマホアプリなど充実しています。取扱銘柄は約800種類なのでSBI証券や楽天証券と比較すれば少ないですが、米国株式の注目銘柄・人気銘柄は一通り取引ができます。

「米国株式に初めて投資する」「取引コストは抑えたい」という方はDMM 株がおすすめ!

DMM 株 公式サイト

【SBI証券】リーズナブルな取引手数料と便利な逆指値注文に対応!

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

SBI証券はアマゾンを始めとした米国株式の取り扱いがあるネット証券会社です。SBI証券の特徴は「リーズナブルな取引手数料」「逆指値注文が使える」「米国貸株サービスが利用できる」などです。日本株の現物取引でも同じですが、株式を買うには1注文ごとに取引手数料が発生します。SBI証券では約定代金の0.45%(税込0.495%)が取引手数料となります。

この手数料はネット証券会社の中でも業界最低水準。また、注文方法に指値だけでなく逆指値注文も利用できるのもポイント。逆指値注文はトレンドに乗った買い注文や損失確定の決済注文に活用できます。「大手のネット証券で安心して米国株式に投資したい」という方はSBI証券がおすすめ!

SBI証券 公式サイト

【楽天証券】amazonの株式取引で楽天ポイントがたまる!

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

楽天証券も米国株式の現物株式に対応したネット証券会社です。楽天証券の取引手数料もSBI証券と同じで約定代金の0.495%(税込)と非常にリーズナブル。楽天証券では取引手数料の1%(大口優遇なら2%)が楽天ポイントとして返ってくるのにも注目です。

溜まった楽天ポイントは楽天市場で現金の代わりとして利用したり、航空チケットなどに引き換えることが可能。また、楽天証券が指定する米国ETFの買付手数料が無料なのもポイント。普段から楽天の関連サービスを利用しているという方は楽天証券が要チェック!

楽天証券 公式サイト

少額からアマゾン株に投資するならCFD取引がおすすめ!

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

次はアマゾン株のCFD取引に対応した国内FX/CFD業者を解説していきます。アマゾンを含む米国株式のCFD取引に対応した業者は貴重なので「少額から米株投資を始めたい」「積極的に売買差益を狙いたい」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

amazon(アマゾン)のCFD取引対応業者一覧表

比較項目[IG証券]IG証券[サクソバンク証券]サクソバンク証券[GMOクリック証券]GMOクリック証券
市場NASDAQNASDAQNASDAQ
片道手数料率2.2セント/株約定代金の0.15%無料
オンライン
取引最低手数料額
USD16.5USD5無料
CFD銘柄株式、株価指数、商品、ETF、債券株式、株価指数、商品、ETF株式、株価指数、商品、ETF
銘柄取扱数約17,000種類約9,000種類約130種類
最大発注数量原則、上限無し(※)1,250枚5,000万円
最低注文数量1株50USD1株
取引時間18:00-10:00
(夏時間17:00-9:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
23:30-6:00
(夏時間22:30-5:00)
初回最低入金額制限無し10万円以上制限無し
公式サイト[IG証券>詳細][サクソバンク証券>詳細][GMOクリック証券>詳細]

※IG証券の最大取引数量はマーケットのボラティリティ、流動性によって注文が通らない場合もあるのでご留意ください。また、一部の米国株式で取引時間が延長されています。
※サクソバンク証券の最低注文数量は最低注文可能金額を記載。
※GMOクリック証券の最大注文数量は建玉金額を記載。

【IG証券】国内CFD業者で随一の取扱銘柄数!

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

CFD業者を選ぶなら最もおすすめできるのがIG証券です。IG証券では米国株式・日本株式・中国株式を含め12,000種類以上の株式CFD銘柄を取り扱いしている業者です。FX、商品、債券のCFD銘柄を含めれば約17,000種類以上に対応、国内業者の中でもダントツのラインナップです。

もちろん、アマゾンの株式CFDも取り扱いしており1株単位から取引ができます。さらに、IG証券で注目したいのが「一部の米国株式で取引時間が延長されている」という点。米国株式(NASDAQ、NYSE上場銘柄)は米国の株式市場が開いている深夜の時間帯が一般的な取引時間です。この点、IG証券では18:00-翌10:00の間でも取引が可能。

仕事帰りのアフターファイブでも米国株式が取引できるのは大きな魅力ですよね。初回入金額に制限もないので資金量に合わせた取引が可能。銘柄数が豊富だと取引チャンスが来た銘柄をすぐに取引できます。「銘柄数は多い方がいい」「取引時間が限られている」という方はIG証券がおすすめ!

IG証券 公式サイト

【サクソバンク証券】米国株式の配当金再投資(DRIP)対応!

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

サクソバンク証券もアマゾン株の株式CFDに対応した国内業者の1つです。サクソバンク証券では株式CFD以外にもアマゾンの現物株式にも対応しています。また、上記でも簡単に紹介しましたがサクソバンク証券は海外取引所に上場している海外ETFや先物銘柄を豊富に取り扱いしています。

どちらかといえば投資中上級者向けの業者ですがアマゾンの海外ETFに興味があるという方はサクソバンク証券が最適です。また、国内業者の中で唯一「米国株式の配当金再投資(DRIP)」に対応した業者でもあります。DRIPは保有株式の配当金を自動的に再投資する仕組みのことで、通常の配当金再投資よりも税制面で有利になります。

国内業者で米国株式のDRIPに対応しているのはサクソバンク証券だけ。アマゾンを含めた米国株式の長期投資で資産形成をお考えの方にもサクソバンク証券はおすすめです。

サクソバンク証券 公式サイト

【GMOクリック証券】株式CFDの取引手数料が無料!

amazon(アマゾン)株式の買い方、投資方法まとめ!ネット証券会社やCFD業者を徹底解説!

国内ネット証券でもトップクラスの実績と知名度をもつGMOクリック証券でもアマゾンの株式CFDに対応。GMOクリック証券の特徴は何といっても「株式CFDの取引手数料が無料」という点です。上記で紹介した業者ではすべて1注文ごとに取引手数料が発生しますが、GMOクリック証券ではCFD銘柄で取引手数料は発生しません。

株式CFDでは米国・中国の人気銘柄を中心に取り扱いしています。対応銘柄数でいえばIG証券やサクソバンク証券に軍配が上がりますが、取引コストの観点でいえばGMOクリック証券の方が有利です。取引ツールも非常に充実しており初心者から上級者まで満足できるツールが揃っています。

「知ってるネット証券で取引したい」「取引コストは少しでも抑えたい」という方はGMOクリック証券も要チェック!

GMOクリック証券 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です