【最新版】TECLが取引できるネット証券会社、国内業者を徹底解説!

TECLの取り扱いがあるネット証券会社、国内業者を徹底解説!

この記事ではTECL(ディレクション デイリー テクノロジー株 ブル3倍ETF)が取引できるネット証券会社や国内業者を徹底解説。

国内のネット証券会社でTECLの取り扱いがある業者は少なく、それぞれに取引方法も異なります。

ここでは、各社の違いを一覧表で比較し簡単な解説をしています。TECLの概要や構成銘柄、パフォーマンスについても解説をしているので参考にしてみてくださいね。

TECLの現物/CFD取引対応!証券会社一覧表

業者名対応取引取引手数料取引単位取引時間公式
[IG証券]IG証券CFD2.2セント/1株1枚23:30-6:00[IG証券>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券現物
CFD
0.25%1枚23:30-6:00[サクソバンク証券>詳細]
[DMM 株]DMM 株現物無料1枚23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]SBI証券現物0.495%1枚23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]楽天証券現物0.495%1枚23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券現物0.495%1枚22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM 株では円のみでの取引となり為替手数料として1ドルあたり片道25銭が発生します。また、TECLは2021年3月17日16時00分より受注開始、同日22時30分より売買開始となります。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

TECLについて

teclについて

TECL(ディレクション デイリー テクノロジー ブル3倍ETF)は米国の情報技術セクターに特化したレバレッジETFです。

運用会社はレバレッジETFで人気のディレクション・インベストメンツ、ベンチマークインデックスは「テクノロジー・セレクト・セクター指数(IXTTR)」になります。

2020年より始まった新型コロナウイルスのパンデミックでIT業界を中心に大幅な業績向上、株価上昇が記録されていますが、その中心的な米国IT企業を主力の構成銘柄にしているのがTECLです。

TECLの構成銘柄比率

シンボル企業名構成比率シンボル企業名構成比率
AAPLアップル24.27%MSFTマイクロソフト19.24%
Vビザ4.24%NVDAエヌビディア3.70%
MAマスターカード3.59%PYPLペイパル3.14%
ADBEアドビ2.75%INTCインテル2.34%
CRMセールスフォース2.33%CSCOシスコシステムズ2.16%

TECLはアップルマイクロソフトの2社だけで40%以上の構成比率を占めています。したがって、この2社の株価はTECLのレートに大きく影響を与えます。

また、半導体大手のエヌビディアや決済システムのペイパルなど各業界でグローバルに事業展開を行っているIT企業が高い構成比率で組み込まれているのも特徴です。

TECLの特徴

米国情報技術セクターに特化した3倍レバレッジETF
ベンチマークインデックスは「テクノロジー・セレクト・セクター指数(IXTTR)」
IXTTRに対して1日あたりの変動率が約3倍
上昇トレンド継続でリターンは3倍以上に、下落トレンド継続で損失は3倍以上になる
レンジ相場が続く場合、複利効果でリターンが逓減していく
経費率が1.02%と通常のETF(レバレッジ1倍)よりも高め
配当利回りは低い⇒配当金よりも値上がり狙いでの保有が最適

TECLはベンチマークインデックスであるIXTTRに対して、1日あたりの変動率が300%を目標に運用されているETFです。

2日以上保有するとベンチマークインデックスから価格が乖離していく点にはご注意ください。基本的には短期~中期スパンでの保有が推奨される銘柄になります。

もっとも、余裕を持った資金量とポジション管理を徹底することで長期保有するのも投資方法の1つです。TECLの直近のパフォーマンスは以下の通りです。

TECLのパフォーマンス

TECL1カ月3カ月1年3年5年10年
純資産価値2.58%1.34%256.65%53.96%60.43%42.85%
市場価格2.69%1.64%257.20%54.12%60.44%42.85%

※引用:Direxion 公式サイト(TECL:Pricing & Performance
※2021年3月31日時点

直近1年のパフォーマンスは256%増とETFとは思えないほどのパフォーマンスを記録。2020年始めの新型コロナパンデミックでの暴落を含む3年スパンでも50%以上の上昇率をみせています。

レバレッジETFは「連日、上昇する相場ではリターンが3倍以上になる」「連日、下落する相場では損失が3倍以上になる」という特徴があります。

これは複利効果とよばれ、TECLだけでなくレバレッジETF全般に当てはまる特徴です。右肩上がりの相場では驚異的なパフォーマンスを発揮してくれるのがレバレッジETFの最大のメリットです。

TECLとVGTの比較

teclについて

※画像は単純な価格変動率を比較した画像になります。実際の取引では保有したタイミングに応じてリターン率が変わる点にご留意ください。

上記はTECLと同じ情報技術セクターの銘柄で構成されたVGT(Vanguard Information Technology ETF)を比較した画像です。

一目見てもお分かりですが、同じ情報技術セクターのETF(レバレッジ1倍)と比較しても圧倒的な差があります。これがレバレッジETFの威力ですね。

もっとも、最大ドローダウンには要注意です。上昇するときと同様に下落するときも複利効果がはたらくため急転直下で価格が下がります。

狼狽売りをしないように実際の取引の際は余裕を持った資金とポジション数量に十分ご注意のうえお取引ください。

TECL(Direxionデイリー・テクノロジー・ブル)の概要

運用会社Direxion Investments国籍米国ETF
カテゴリレバレッジETF市場NYSE Arca
設定日2008年12月17日原資産テクノロジー・セレクト・セクター指数(IXTTR)
決算四半期経費率1.02%
基準価額43.78ドル(※)純資産額約19億ドル(※)

※基準価額、純資産額は2021年4月5時点の数値を掲載。

TECLに関するよくある質問

teclに関するよくある質問

TECLはいくらから購入できますか?

TECLの1枚あたりの基準価額は約43ドル(2021年4月5日時点)です。現物取引であれば日本円で1枚あたり約4,700円(1ドル=110円換算)から取引が可能です。

TECLを取り扱いしている証券会社はどこですか?

TECLは国内ネット証券会社ではDMM 株SBI証券楽天証券マネックス証券が現物取引に対応しています。

CFD取引であれば、IG証券サクソバンク証券が取り扱い。サクソバンク証券は現物取引とCFD取引の2種類に対応しています。

TECLの配当金は?

直近の配当基準日(2021年3月23日)では配当が行われていません。TECLは基本的に配当よりも売買差益を狙う銘柄になります。

TECLの買い方、おすすめの投資方法は?

上記で解説した証券会社や国内業者で口座開設を行い、現物取引もしくはCFD取引にて投資を行うのが主な方法です。

TECLはレバレッジETFという特徴から短期~中期スパンでのデイトレードやスイングトレードが推奨されます。

長期スパンでの投資は最大ドローダウン、価格の逓減に十分ご注意のうえお取引ください。

注目のレバレッジETF特集!

注目のレバレッジETF特集!

以下のページではTECL以外のレバレッジETFを個別に特集しています。S&P500に連動したSPXLやナスダック100に連動したTQQQなどレバレッジETFにも多彩な種類があります。

各レバレッジETFの特徴やパフォーマンス、対応業者を詳しく解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

TECLの現物/CFD取引対応!証券会社一覧表

業者名対応取引取引手数料取引単位取引時間公式
[IG証券]IG証券CFD2.2セント/1株1枚23:30-6:00[IG証券>詳細]
[サクソバンク証券]サクソバンク証券現物
CFD
0.25%1枚23:30-6:00[サクソバンク証券>詳細]
[DMM 株]DMM 株現物無料1枚23:30-6:00[DMM 株>詳細]
[SBI証券]SBI証券現物0.495%1枚23:30-6:00[SBI証券>詳細]
[楽天証券]楽天証券現物0.495%1枚23:30-6:00[楽天証券>詳細]
[マネックス証券]マネックス証券現物0.495%1枚22:00-10:00[マネックス証券>詳細]

※取引時間は標準時間を掲載、夏時間は開始時刻/終了時刻ともに1時間早くなります。
※DMM 株では円のみでの取引となり為替手数料として1ドルあたり片道25銭が発生します。また、TECLは2021年3月17日16時00分より受注開始、同日22時30分より売買開始となります。
※楽天証券の米国株式取引手数料は約定代金に応じて手数料がかかります。2.22米ドル以下は手数料0円、2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満は約定代金の0.495%(税込)、4,444.45米ドル以上は22米ドル(税込)となります。
※SBI証券の取引手数料(インターネットコース)は約定代金が2.02米ドル以下で最低手数料0米ドル、上限手数料が20ドル(税込22ドル)となります。コースによって手数料が変わるため詳しくは公式サイトをご確認ください。

TECLの取り扱いがある国内業者を解説!

次は、TECLの現物取引、CFD取引に対応した国内業者を解説していきます。

IG証券

IG証券

IG証券はCFD銘柄で国内トップクラスの取扱銘柄数を誇る国内業者です。CFD銘柄は総数17,000種類以上に対応、これだけの銘柄数を取り扱いしているのは国内でIG証券だけ。

レバレッジETFはTECL、SPXL、CUREなど主要銘柄はもちろん、かなりマイナーな銘柄も取引可能。TECLの主要構成銘柄であるアップルやマイクロソフトなど個別株式も12,000種類以上に対応しています。

相場状況に応じてボラティリティがある銘柄を取引するのはCFD取引のコツの1つですよね。IG証券の口座が1つあれば米国株式市場で大抵の銘柄はカバーすることができます。

IG証券 公式サイト

サクソバンク証券

サクソバンク証券

サクソバンク証券はTECLの現物取引とCFD取引の両方に対応している貴重な国内業者です。(※)

国内のネット証券会社では現物取引のみに対応していますが、サクソバンク証券は両方に対応しているので取引の幅が広がります。

米国株式は現物/CFD取引を合わせて12,000銘柄以上に対応。取引手数料がリーズナブルなのもサクソバンク証券の特徴です。

また、国内で唯一、米国株式の配当金再投資(DRIP)に対応しているのも注目ポイント。中上級者向けの業者ですが気になる方はぜひチェックしてみてください。

※2021年4月5日時点でTECLのCFD取引は証拠金維持率が100%(レバレッジ1倍)に変更されています。証拠金維持率は随時変更されるため、最新情報は公式HPをご確認ください。

サクソバンク証券 公式サイト

DMM 株

DMM 株

TECLの現物取引をお考えの方はDMM 株にご注目ください。DMM 株は「米国株式の取引手数料が0円」のネット証券会社です。

通常の証券会社であれば約定代金に応じて取引手数料が発生しますが、DMM 株では何度取引しても取引手数料が無料。

円貨決済のため片道25銭の為替手数料が発生する点には注意が必要ですが、それでも業界最安値水準の手数料で米国株式/ETFが取引できます。

もともと、TECLの取り扱いはありませんでしたが2021年3月17日(同日22時30分より売買開始)より新たに追加されています。

「取引コストはできるだけ抑えたい」という方はDMM 株をぜひチェックしてみてください。

DMM 株 公式サイト

SBI証券

SBI証券

TECLをはじめとしたディレクションETFを多数取り揃えているのがSBI証券です。

SBI証券ではSPXL、SPXS、CURE、NUGT、TMV、DUSTなどディレクションが提供している人気のレバレッジETFを豊富に取り揃えています。

取引方法は現物取引のみですが、長年に渡って日本市場で金融サービスを提供してきた実績と信頼のある老舗のネット証券会社です。

取引手数料も【約定金額×0.495%(税込)】とネット証券会社のなかではリーズナブルな料金設定です。

また、米国貸株サービスや外貨出金サービスなど大手ならではの充実したサービスが受けられるのもSBI証券の魅力ですね。

SBI証券 公式サイト

楽天証券

楽天証券

楽天証券もTECLの現物取引に対応した国内ネット証券会社の1つです。

楽天証券は国内外株式・海外株式、FX、CFD、先物・オプション取引など多彩な取引方法に対応した証券会社。

TECLは現物取引のみですが、取引手数料の1%(大口優遇なら2%)が楽天ポイントで返ってくるサービスも提供しています。

また、VOO(バンガード S&P500ETF)やSPY(SPDR S&P500ETF)など楽天証券が指定する一部の米国ETFは買付手数料が無料。

新規口座開設者には各種特典も豊富に用意されているので、普段から楽天の関連サービスを利用するという方には楽天証券がおすすめです。

楽天証券 公式サイト

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券は国内ネット証券会社のなかでも米国株/中国株が非常に充実している証券会社です。

米国株はADR銘柄やETFを合わせて4,000銘柄以上に対応。もちろん、TECLも現物取引にて対応しています。

さらに、マネックス証券で注目したいのが「時間外取引に対応」「為替手数料が無料」という点です。

米国株式の立会時間は通常、日本時間の深夜ですがマネックス証券ではプレ・マーケット(22:00‐23:30)とアフター・マーケット(翌6:00‐9:00)でも取引が可能。

さらに、米国株を購入する際の為替振替手数料が無料です。注目ポイントがたくさんあるマネックス証券もおすすめの証券会社の1つです。

マネックス証券 公式サイト

より良い情報を提供するために、アンケートを実施しております。
ご協力よろしくお願いいたします。

回答する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です